【NHKマイルカップ2022】追い切り/抜群の動きを見せたのは

NHKマイルカップ2022 追い切り

NHKマイルカップ2022の追い切り・コメントの記事です。NHKマイルCの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2022年5月8日(日) | 2回東京6日 | 15:40 発走
第27回 NHKマイルカップ(GI)芝・左 1600m
NHK Mile Cup (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2022年・NHKマイルカップの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
NHKマイルカップは2022年5月8日に東京競馬場で行われる三歳マイル王を決める一戦。NHKマイルカップは2022年で第27回目を迎え、昨年はシュネルマイスターが制した。NHKマイルカップの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも京都新聞杯などが開催される。
京都新聞杯は2022年5月7日に中京競馬場で行われる日本ダービーへの東上最終便。京都新聞杯は2022年で第70回を迎え、昨年はレッドジェネシスが制した。京都新聞杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
新潟大賞典2022の出走予定馬・騎手の情報です。2022年の新潟大賞典の出走予定馬にはアドマイヤハダルやレッドガランなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

NHKマイルカップ2022の追い切りをチェック!

NHKマイルカップ2022 追い切り

NHKマイルカップに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
京都新聞杯2022の追い切り・コメントの記事です。京都新聞杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アルーリングウェイ

1週前追い切り
栗東・坂路・不良(助手)
800m 54.7-39.9-26.0-12.8(馬なり)
ミエリ(強め)を0.2秒追走・同入

藤岡調教師
「気持ちを乗せていくためにびっしり併せた。前走後は短期放牧に出して、しっかり疲れは取れている。中京で強かったので左回りに替わるのもいい」

最終追い切り
栗東・CW・良(藤岡佑)
4F 52.1-36.9-11.5(馬なり)
ミエリ(馬なり)の内0.4秒追走・アタマ先着

藤岡調教師
「動きは良かった。ジョッキー(藤岡佑騎手)も『桜花賞よりいい』と言っていました」
4枠8番について
藤岡調教師
「そんなに外にならなかったのはいい。馬場は乾いてくれた方がいいかな」
インダストリア

1週前追い切り
美浦・南W・良(レーン)
6F 82.2-66.1-51.0-36.3-11.4(強め)
スペシャルドラマ(強め)の内0.9秒追走・0.2秒先着

レーン騎手
「体がしっかりしていてパワフルに感じたね。最後の200メートルの手応えがすごく良かったし、モタれることなく真っすぐ走れていた。東京コースも間違いなく向いている」

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 67.2-52.2-37.1-11.3(馬なり)

宮田調教師
「先週、(ダミアン・)レーン騎手にしっかりやってもらったことで、毛づやとかが良くなった。調教でも手前の替え方、しまいの加速の仕方なんかも、今までで1番じゃないかな」
「加速に時間がかかるタイプなので、直線の長い東京はいいと思います。好勝負になると思います」
6枠11番について
宮田調教師
「差す競馬になるかなと思っているので、内ではない方がいいかと思っていました。ですから外めはいいと思います。ゲートはおとなしいので奇数偶数は問いません」
オタルエバー

1週前追い切り
栗東・坂路・不良(助手)
800m 52.0-38.4-26.0-13.7(馬なり)

中竹調教師
「馬場の悪い時間帯だったし時計的にも悪くない。調整は順調。来週は横山和ジョッキーに来てもらってしっかりやるつもり」

最終追い切り
栗東・坂路・良(横山和)
800m 52.1-37.7-25.3-13.2(一杯)

中竹調教師
「しっかりやってほしいという指示。この馬らしい全身を使った動きをしていました」
7枠15番について
中竹調教師
「外にビュンビュン行く馬がいてほしくないよね。ここまでは、いい感じで調整できている」
カワキタレブリー

1週前追い切り
栗東・坂路・不良(加藤祥)
800m 57.4-42.0-27.3-13.6(馬なり)

最終追い切り
栗東・坂路・良(田村)
800m 54.8-40.3-26.4-13.2(馬なり)
リョウフウ(馬なり)に0.3秒先行・アタマ先着

杉山佳調教師
「馬場が悪かったし、先行する形で無理をしていません。きょうはオーバーワークを避けたかった」
5枠10番について
杉山佳調教師
「先行抜け出ししかないからね。行く馬の後ろにつけて…。相手は強くなる。人気はないだろう。それでも何とか上位に食い込めれば」
キングエルメス

1週前追い切り
栗東・坂路・良(坂井瑠)
800m 55.4-40.3-26.0-12.8(馬なり)

甲斐助手
「うまく予定通りの時計で乗ってくれました。距離も前走は心配ではありましたけど、うまく折り合いがつくようになっているので大丈夫だと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(坂井瑠)
800m 52.6-38.2-24.8-12.6(末強め)
ホウオウライジン(強め)を0.2秒追走・0.4秒先着

矢作調教師
「手応えの感じでしまいを強めに。時計的にも思った通りだった。前回が七分くらいのデキだっただけに、状態は明らかに上がっているね。東京のマイルは問題ないので、折り合いをつけて運べれば」
3枠5番について
甲斐助手
「いい枠に入りました。スタートの速い馬ですし奇数、偶数は特に問題ありません。マイルも問題ないと思いますし、東京は重賞を勝っている舞台なので」
ジャングロ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.8-37.2-24.3-12.4(一杯)

高野助手
「しっかり反応して、1週前としてはいい動きでした。精神的にも落ち着いています。来週やって、ちょうどいい感じでGⅠに向かえると思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.2-38.0-25.0-12.6(強め)
フォルツァエフ(強め)を0.9秒追走・0.3秒遅れ

森調教師
「時計は予定通り。いつも通りの動きだった。小さい馬だったのが、腰回りに筋肉がついて、いい形になってきた。(戦法については)ニュージーランドTはスタートが速くて自然とハナへ行く形になったが、今度はどうなるか。やってみないと分からない」
7枠13番について
森調教師
「東京のマイルなので(枠の)内外は関係ない。ゲートも速いので、いいところが取れそう。スピードのある馬。日曜日は晴れるみたいだし、時計は速い方がいい。(1分)30、31秒台がいいと武(豊)さんも言っていた」
ステルナティーア

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
7F 97.7-67.3-52.4-37.9-11.5(馬なり)

太田助手
「1週前なので単走で長めから時計を出して刺激を与える調教。蹄の不安をケアしながらの調整だが、フレッシュな精神状態で走れたのは良かった」

最終追い切り
美浦・南W・良(池添)
6F 84.0-67.2-52.7-37.5-11.1(馬なり)
ランドアーティスト(馬なり)の内0.9秒追走・同入

池添騎手
「後ろから追いかけて折り合い面としまいの反応を確かめてほしいと聞いて、その辺をチェックしながら乗っていました。すごく反応が速かったし、いい動きをしていたと思います。3、4角まで我慢が利いていたし、思ったよりもコントロールが利いて、いい形で折り合えました。末脚はいいものを持っていますし、ワンチャンあっていいと思います」

木村調教師
「池添騎手に感触を確かめてもらいました。動きは良かったと思うし、思惑通りの調教ができました」

8枠17番について
太田助手
「ここまで順調にいい雰囲気で来ています。枠はどこでも気になりません。スタートをうまく決めて、いい位置で脚をためられれば」
セイクリッド

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 82.3-66.9-52.1-38.0-12.0(馬なり)
ヴェラート(一杯)の内2.4秒追走・0.1秒遅れ

大根田調教師
「上がり重点で予定通り。状態は変わらず。気難しさはあるが爆発力がある」
6枠12番について
大根田調教師
「後ろから行くと思うので枠は気にしていなかったが、偶数は良かった」
セリフォス

1週前追い切り
栗東・CW・不良(福永)
6F 81.7-67.2-52.4-36.7-10.8(強め)
ロードレゼル(強め)の内1.2秒追走・クビ先着

福永騎手
「しっかりやってほしいという指示通りやりました。時計的にも良かったですし、馬としても良かったですね。レベルの高い動きをしています」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
5F 69.4-53.7-38.1-11.5(G前仕掛け)

中内田調教師
「サッと流して整える程度。体を良く見せ、3歳になった体という変化は見られる。ダイワメジャー産駒らしく、前向きさやパワーを備えているのが強みです」

福永助手
「4月初めに帰厩してここまで順調な仕上がりを見せています。馬体の見た目や体重などはそれほど変わっていなくても、普段の雰囲気から精神的には少し大人になったかなという感じがします。もともとが気のいいタイプ。休み明けでも好結果を残してきましたし、期待を持ってGⅠへ向かえそうです」

2枠4番について
中内田調教師
「与えられた枠で頑張ります。中間も調整は順調ですし、2歳から成長した姿を競馬で見せられたら」
ソネットフレーズ

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(嶋田)
5F 67.2-51.9-37.9-12.0(馬なり)
ムスコローソ(馬なり)の内0.9秒追走・同入

手塚調教師
「稽古は動いてしまう馬なので、帰厩後も慎重にやっている。万全なら勝ち負けできる素材。楽しみな半面、今回は条件が厳しいのも確か」

最終追い切り
美浦・南W・良(横山武)
6F 81.5-66.3-51.1-36.7-11.9(馬なり)
アルビージャ(馬なり)の内0.5秒追走・同入

横山武騎手
「牝馬の割にテンションが上がる感じじゃないのはすごくいい。半面、折り合いの難しさも感じたのでそこが課題になると思います。キャリアの浅い馬だし、スムーズに走らせたい」

手塚調教師
「先週より速いラップを刻みたいと思っていた。ペースが上がってからはしっかり折り合えていたし、思っている以上にいい動きでした。一頓挫明けでのGⅠなので楽ではないが、ポテンシャルが高い馬なのでそれを思う存分発揮できれば」

1枠2番について
手塚調教師
「偶数だからいいよね。スタートは普通に出ると思うし心配ない。距離を損しないからいい。あとは雨が降らなきゃいいよね。(状態は)変わらずきているし、問題ないと思います」
ソリタリオ

1週前追い切り
栗東・CW・不良(鮫島駿)
7F 98.4-66.3-51.1-36.7-11.0(一杯)
セブンサミット(一杯)の外2.3秒追走・0.1秒遅れ

鮫島駿騎手
「癖もなく凄く乗りやすかった。長くいい脚を使えそうなタイプですね。左回りで結果が出ているので東京に替わるのもプラス」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.6-37.6-24.5-12.4(一杯)

山田泰助手
「先週の追い切りでガラッと変わってきた。きょうも予定通りの追い切りができました」
2枠3番について
山田泰助手
「前走(スプリングS10着)は流れに乗れず力を出せなかった。ポテンシャルは高いと思っているので」
タイセイディバイン

1週前追い切り
栗東・坂路・不良(助手)
800m 59.5-43.3-28.4-13.5(馬なり)

最終追い切り
栗東・坂路・良(松若)
800m 54.7-39.4-25.0-12.2(末強め)

高野調教師
「馬は元気でフレッシュ。経験値が高くて初めての場所も大丈夫。うまくいけばここでもやれる力量はある」
4枠7番について
高野調教師
「状態に関しては言うことない。東京は初めてだがマイルは馬の力が出るコース。広いコースで思う存分に走ってくれたら」
ダノンスコーピオン

1週前追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 56.2-40.4-25.5-12.2(馬なり)

安田隆調教師
「しまい重点にやりました。順調に来ています。現状ではマイルが合っていますね。来週、いい状態に持っていけたら」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.2-39.6-25.6-12.5(馬なり)

安田隆調教師
「中2週なのでプレッシャーをかけずに、そろっとやりました。(7着に敗れた2走前の)共同通信杯の時は状態が良くなかったけど、前走は良くなっていた。今回も前走以上です。去年の朝日杯は(状態が)本当に良かったけど、その後に体調を崩してなかなか元に戻らなかった。ここにきて、ようやく本調子になりました」
8枠18番について
岩本助手
「仕方がないですね。ただ、東京コースは広くてコーナーに入るまで距離がある。将雅(川田騎手)が考えて乗ってくれるでしょう」
ダンテスヴュー

1週前追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 57.4-41.4-26.3-12.5(馬なり)
ヒュッゲ(馬なり)に2.8秒先行・同入

友道調教師
「間隔が詰まっているので、しまいだけ様子を見ました。ダメージもなく、いい感じ。(マイル戦については)体つきや血統を見ても、むしろいいかも」

最終追い切り
栗東・坂路・良(吉田隼)
800m 53.5-39.1-25.3-12.6(強め)
ヒュッゲ(一杯)を0.8秒追走・同入

友道調教師
「中2週だし今朝はしまいを伸ばす程度。具合はいいですよ。現状はマイルのほうが良さそうだし、直線の長い東京なら初めてでも十分対応できそう」
5枠9番について
友道調教師
「真ん中でちょうどいい。前走は展開も向かなかったし、距離も微妙にあるのかなと思った。マイルはいいと思う。直線も長いからね」
トウシンマカオ

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(戸崎)
5F 66.5-50.8-36.9-11.6(馬なり)
コズミックフロスト(馬なり)の内0.3秒追走・0.2秒先着

戸崎騎手
「元気がいいのはいつものこと。行きっぷりはいいけど折り合いがつかないわけではないので問題ありません。マイルまでなら大丈夫」

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 67.4-52.2-37.7-11.5(馬なり)
ゲインスプレマシー(一杯)の外0.8秒先行・同入

高柳瑞調教師
「状態はいい意味で変わらない。東京の1マイルはベストとは言えないが、スピードを生かして真っ向勝負させたい」
「前走(ファルコンS5着)は他馬より1キロ重かったうえに直線ではスムーズさを欠く場面も。それでも最後は伸びてきたように決して悪い内容ではなかった。本質的にマイルは長いかもしれないが、あまり距離を心配し過ぎずこの馬らしい競馬で」
3枠6番について
高柳瑞調教師
「与えられた枠で頑張ります。ゲートの中でもおとなしいし、スタートも上手な馬なので」
フォラブリューテ

1週前追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 55.2-39.9-25.5-12.5(馬なり)

最終追い切り
美浦・南W・良(大野)
6F 83.5-67.4-51.9-37.3-11.7(馬なり)
ラジエル(馬なり)の内1.2秒追走・0.2秒先着

宮田調教師
「帰厩してからも、とても落ち着いた状態で、体も増えて帰ってきてくれたし、メンタル面、肉体面をみて今週はもっと踏み込んでできると思って併せ馬をした。リズムよく走っていましたし、問題なく加速できていた」
7枠14番について
宮田調教師
「少しゲートでソワソワするところがあるので、後入れの偶数枠は良かったです。この枠なら出たなりで競馬できそうです。アルテミスS(1番人気5着)のときに当日輸送でイレ込んだので、この馬だけは前日輸送します」
プルパレイ

1週前追い切り
栗東・CW・不良(デムーロ)
6F 82.2-65.2-49.9-35.9-11.4(G前一杯)
カヌメラビーチ(叩一杯)の外0.3秒追走・0.4秒先着

M.デムーロ騎手
「1週前なので、しっかりやってほしいという指示でした。集中させるのが難しいですが、最後まで頑張っていましたね。馬場も重かったけど、時計も良かったです」

最終追い切り
栗東・坂路・良(デムーロ)
800m 54.3-38.7-25.2-12.5(馬なり)
サトノアヴァロン(馬なり)を0.6秒追走・0.2秒先着

M・デムーロ騎手
「すぐやめるところがあるけれど、目標を置いて、捕まえてからも気持ちがなくなってなかった。こんな感じで(レースでも)走ってほしいですね。勝った時と同じ、いい状態」

須貝調教師
「もう少しやってもよかったとも思うが、先週はしっかりやっているからね。状態はかなりいいね。前走のような競馬がマイルでできるかどうか。最後まで集中してしっかりと走り切ってほしい」

マテンロウオリオン

1週前追い切り
栗東・CW・不良(横山典)
6F 79.1-64.3-50.4-36.1-11.3(強め)
ストップザタイム(一杯)の内0.2秒追走・クビ遅れ

昆調教師
「今までにないぐらいゆったりしていたし1回使って良くなっている。前走は負けて強しの内容。舞台は気にしていない」

最終追い切り
栗東・坂路・良(横山典)
800m 53.9-40.1-26.8-13.6(馬なり)

昆調教師
「先週しっかり追っているので、そんなにやるつもりはなかったし、予定通りです。ここが目標でしたし、順調に仕上がりました」
1枠1番について
昆調教師
「乗り役(横山典弘騎手)がどう感じるか分からないけど、俺はいい枠だと思う。最短距離を走れる訳だし、文句は言えないよね。これで負けたら能力(が足りなかった)ということ。はまるポジションが見えてきたよ」

2022年・NHKマイルカップの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2022年 NHKマイルカップ|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・NHKマイルカップの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はジャングロに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/11)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
ヴィクトリアマイルは2022年5月15日に東京競馬場で行われる春のマイル女王を決める一戦。ヴィクトリアマイルは2022年で第17回を迎え、昨年はグランアレグリアが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
オークスは2022年5月22日に東京競馬場で行われる三歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2022年で第83回を迎え、昨年はユーバーレーベンが制した。オークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。