【中山記念2023】追い切り/抜群の動きを見せたのは

中山記念2023 追い切り

中山記念2023の追い切り・コメントの記事です。中山記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年2月26日(日) | 2回中山2日 | 15:45 発走
第97回 中山記念(GII)芝・右 1800m
Nakayama Kinen (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・中山記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
中山記念は2024年2月25日に中山競馬場で行われる各方面からメンバーが集うG2戦。中山記念は2024年で第98回を迎え、昨年はヒシイグアスが勝利した。中山記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも阪急杯が開催される。
阪急杯は2024年2月25日に阪神競馬場で行われる短距離重賞。阪急杯は2024年で第68回を迎え、昨年はアグリが優勝した。阪急杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

中山記念2023の追い切りをチェック!

中山記念2023 追い切り

中山記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
阪急杯2023の追い切り・コメントの記事です。阪急杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
イルーシヴパンサー

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 84.8-68.3-53.1-38.1-11.4(馬なり)

久保田調教師
「しまいだけサーッと伸ばす感じでいい反応だったね。距離延長は心配していないし、ここでも楽しみにしている」

池内助手
「走りのバランスが良くなった」

シュネルマイスター

最終追い切り
美浦・南W・良(嶋田)
6F 81.7-65.6-51.2-37.4-11.8(馬なり)
ヴァーンフリート(強め)の内1.3秒追走・0.1秒先着

手塚調教師
「相手に併せて動きは悪くない。ひっかかるイメージもないね。ただ、だんだんとレース前にうるさくなってきているので、今回は対策として厩舎装鞍で臨む。力ませない競馬をさせたい。開幕週の中山で距離はぎりぎり持つはず」
ショウナンマグマ

最終追い切り
美浦・南W・良(石橋脩)
6F 81.1-65.4-51.6-37.8-12.4(G前仕掛け)

尾関調教師
「動きは良く、状態は変わりなくきている。自分の形で行けるようなら」
スタニングローズ

最終追い切り
栗東・坂路・重(吉田隼)
800m 52.7-38.5-24.4-11.8(末強め)

高野調教師
「先週よりも全てにおいて良くなっている。ジョッキーも先週よりいいと言ってくれた。中山は結果が出ている。力を出し切れれば」
ソロフレーズ

最終追い切り
美浦・坂路・良(武士沢)
800m 55.7-39.8-25.0-12.1(末強め)
サンマルソムニア(馬なり)を1.0秒追走・0.2秒先着

村岡助手
「全体時計は遅いですが、しまいはしっかりと反応していました」
ソーヴァリアント

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
6F 84.3-67.6-51.6-36.4-11.2(馬なり)
ヒラボクアルセウス(馬なり)の内0.6秒追走・0.4秒先着

大竹調教師
「前に馬を置いたシチュエーションで追い切りましたが、メリハリが利いて、いい動きでした。気持ちの面も必要以上に盛り上がることなく、いい形でレースに送り出せそうです」
ダノンザキッド

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 55.6-40.5-26.1-12.8(馬なり)

安田隆調教師
「しっかり調教していい状態。ここ2走はとてもいい内容。中山はホープフルSの後は成績を残せていないけど、あの頃より数段良くなっている」

安田助手
「香港の前走時は寂しく見えた体も、その後の放牧でしっかりとケアしてもらったことで、張りのある馬体で戻ってきてくれました。普段からどっしりとした雰囲気になってきたこともいいですね」

上野助手
「中間も変わりなく順調。毛ヅヤや馬体の張りはいい。勝ち星から遠ざかっているので、そろそろ勝ちたいね」

ドーブネ

最終追い切り
栗東・CW・重(助手)
6F 84.3-67.5-52.5-37.8-12.3(馬なり)

武幸調教師
「蹄の不安もなく、去年に比べると順調。年を重ねて落ち着きが出てきた」
トーラスジェミニ

最終追い切り
美浦・南W・良(見習)
5F 68.9-53.7-39.3-12.0(一杯)
シャチ(馬なり)の内0.6秒追走・0.1秒先着

小桧山調教師
「先週までは重かったが、1週間でずいぶん良くなった」
ナイママ

最終追い切り
美浦・坂路・良(柴田大)
800m 56.6-40.8-26.3-13.1(馬なり)

武藤調教師
「あまりやらないように、調整程度で十分。変わりなくきています。雨が降ってくれたらいいけどね。このメンバーで、どれだけ頑張ってくれるか」
ヒシイグアス

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 69.2-54.1-39.1-12.4(馬なり)
ゼーゲン(馬なり)の外0.2秒先行・同入

堀調教師
「若干息遣いの荒さとトモ(後肢)の緩さはありますが、この馬とすればいい状態に仕上がっています」
モズベッロ

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 53.7-39.1-26.2-13.6(稍一杯)

森田調教師
「脚部不安明けなので、坂路中心の調整。徐々に動きは良くなっている」
ラーグルフ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 84.5-67.7-52.9-38.1-11.9(馬なり)
アースジェイソンテ(末強め)の内1.4秒追走・同入

宗像調教師
「先週、(菅原明)ジョッキーを乗せてやったし、きょうはスムーズに淡々と走っていた。中山とは相性もいいですからね」
「変わらずきています。馬場に入るときに止まることもなくなって、馬がやる気になってきたかな。以前はツメが弱かったけど、今は何も不安がないです。落ち着いているのはいいし、集中力が出てきました」
リューベック

最終追い切り
栗東・坂路・重(吉田隼)
800m 54.6-39.2-25.2-12.2(馬なり)

須貝調教師
「少しきついローテーションですが、調子が上がっている今でどれだけやれるか」

2023年・中山記念の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 中山記念|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・中山記念の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はドーブネに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(4/20・4/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
チューリップ賞は2024年3月2日に阪神競馬場で行われる桜花賞への最重要ステップレース。チューリップ賞は2024年で第31回を迎え、昨年はモズメイメイが優勝した。チューリップ賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
弥生賞は2024年3月3日に中山競馬場で行われ、皐月賞への最重要ステップレースとして位置づけられている。弥生賞ディープインパクト記念は2024年で第61回を迎え、昨年はタスティエーラが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。