【シンザン記念2024】追い切り・コメント/調教を見てわかる事

シンザン記念2024 追い切り

シンザン記念2024追い切り・コメントの記事です。シンザン記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

調教を見てわかる事

2024年1月8日(月) | 1回京都3日 | 15:35 発走
第58回 シンザン記念(GIII)芝・右 1600m
Shinzan Kinen (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・シンザン記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
シンザン記念は2024年1月8日に京都競馬場で行われる3歳限定のマイル重賞。シンザン記念は2024年で第58回を迎え、昨年はライトクオンタムが優勝した。シンザン記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも中山金杯などが開催される。
中山金杯は2024年1月6日に中山競馬場で行われる年初めの注目の一戦。中山金杯は2024年で第73回を迎え、ハンデ戦で行われる。昨年はラーグルフが優勝した。中山金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
京都金杯は2024年1月6日に京都競馬場で行われる関西新年一発目のマイル重賞。京都金杯は2024年で第62回を迎え、昨年はイルーシヴパンサーが優勝した。京都金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
フェアリーステークス2024の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。フェアリーSは2024年1月7日に中山競馬場で行われるマイルG3戦。2024年で第40回を迎え、昨年はキタウイングが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

シンザン記念2024の追い切りをチェック!

シンザン記念2024 追い切り

シンザン記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
中山金杯2024の追い切り・コメントの記事です。中山金杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
京都金杯2024の追い切り・コメントの記事です。京都金杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
フェアリーステークス2024の追い切り・コメントの記事です。フェアリーSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アルトゥーム

最終追い切り
栗東・CW・稍重(藤岡佑)
5F 67.2-52.0-36.8-11.4(G前仕掛け)
モズロックンロール(一杯)の内0.5秒追走・0.1秒遅れ

藤岡調教師
「馬場を考えれば時計は悪くない。やればもっと動く馬なので、やりすぎを避けました」
「スピードがあるので1400メートルでデビューさせたけど、ひっかかるところがなく、馬の後ろで我慢ができていた。あの感じなら1ハロン延びるのは心配していないし、むしろいいのではと思っているよ」
ウォーターリヒト

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 54.6-39.6-25.4-12.4(強め)
メイショウコボケ(一杯)を0.6秒追走・同入

河内調教師
「予定通りの追い切り。間隔もちょうどいい。あとはマイルにどれだけ対応できるか」
エコロブルーム

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
6F 85.8-68.9-53.7-38.4-12.4(馬なり)
アンダープロット(馬なり)の内0.6秒追走・同入

加藤征調教師
「申し分のない動きで、ゴールを過ぎてからの勢いがすごかった。順調に仕上がってきたし、おとなしい性格なので輸送も問題ない。スムーズな競馬なら」
ケーブパール

最終追い切り
栗東・CW・稍重(藤岡康)
6F 84.6-69.3-53.8-38.0-11.6(一杯)
サトノグランツ(強め)の内0.5秒追走・0.1秒遅れ

友道調教師
「しっかりとやりました。この馬場なのでスパッと切れなかったけど、動き自体は良かった」
「(前走は)4角で他馬と接触する不利があったからね。それがなければもう少しやれたと思う。重賞ですがメンバー的にチャンスはある」
シトラール

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 65.9-50.7-36.9-11.5(一杯)
サトノレギオン(一杯)の内0.1秒追走・0.8秒先着

萩原調教師
「中間は変わりなく来ているし、レース間隔があいた点も気にならない。一戦ごとにレースぶりも良化」
ショーマンフリート

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(戸崎)
6F 85.7-69.0-53.0-37.9-11.3(馬なり)
フォルラニーニ(馬なり)の内0.6秒追走・同入

戸崎騎手
「2週前(同6ハロン82秒2─11秒5)にも乗せてもらいましたが、良くなってきた感じ。馬体に張りが出て、いい意味で落ち着きも出ています。最後は気持ち良く走らせたけど、本当にいい感じ。(スワーヴリチャード産駒は)みんな走ることに素直で真面目な印象。その中でショーマンフリートは筋肉の質の良さであったり、(走る)雰囲気のある馬」

手塚調教師
「時計は速くなかったが、最後は伸ばせた。馬も仕上がってきて、状態はいいですね。あとは輸送と多頭数への対応になってくると思います」

ゼルトザーム

最終追い切り
栗東・CW・稍重(北村友)
6F 85.0-68.8-54.3-38.8-11.5(馬なり)
ラストボーン(馬なり)の外0.1秒先行・クビ先着

北村友騎手
「右に張ったので、右回りはいい。力みがうまく抜ければ頑張ってくれると思います」

加用調教師
「右回りはいいし、うまく力みが抜ければ頑張ってくれると思う」

タイキヴァンクール

最終追い切り
栗東・CW・稍重(浜中)
6F 83.9-68.5-54.0-38.8-12.1(馬なり)
ジョウショーパワー(馬なり)の内0.4秒追走・同入

浜中騎手
「しまいの反応を確認する感じ。道中の折り合いもついて、動き自体は悪くなかった。京都へのコース替わりも問題ない」

中尾調教師
「中2週なので馬なりで。折り合いも悪くなかった。まだ成長途上という感じ」
「G1の前走は上位との差はあったが最後はいい脚を使えた」

タイセイレスポンス

最終追い切り
栗東・CW・稍重(横山和)
4F 51.4-36.5-11.9(強め)
カエルム(馬なり)の内1.0秒追走・0.1秒先着

安田翔調教師
「ブリンカーを今回からつける。少しずつ慣らしてきたので、その効果があれば」
テイエムリステット

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(酒井学)
800m 53.0-38.3-24.6-12.0(馬なり)
テイエムタリスマ(一杯)を0.6秒追走・0.3秒先着

木原調教師
「状態は悪くないですよ。芝の新馬戦(9着)はモタれて追えなかったのが敗因」
デルシエロ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.5-40.4-26.2-13.1(馬なり)

清水久調教師
「馬体が減らないように気をつけながら調整していますが、カイバはしっかり食べています。ゲートを五分に出て、しまいを生かす競馬ができれば」
「サラッと馬なりです。間隔も詰まっているので、そんなにやる必要はないです。変わりなくきています」
ナイトスラッガー

最終追い切り
栗東・ポリ・良(モリス)
6F 81.2-65.3-49.8-36.7-11.2(一杯)
ジョウエン(強め)の内0.4秒追走・0.6秒先着

小栗調教師
「エンジンのかかりが遅いところがあるので、その点を確認してもらいました。ジョッキーは『追うとすごく伸びてくれた。グッドホース』と言ってくれました。いい感触だったようです」
「ストライドが大きくなってきたし、状態は良さそう。瞬発力があるので外回りも問題ない。重賞でもいい走りをしてほしい」
ノボリショウリュウ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(角田河)
800m 53.4-39.2-25.7-13.0(馬なり)

石橋調教師
「先週も速いところをやっているので、追い切りは乗り役に任せた。多頭数とキャリアの浅さがどう出るか」
ノーブルロジャー

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(川田)
800m 53.8-39.4-25.0-12.3(馬なり)

吉岡調教師
「日曜(12月31日)のコース追いでしっかり負荷を掛けたので、きょうは川田騎手にコンタクトを確認してもらいました。『非常に操縦性がいい』と言ってもらえましたし、いいイメージを持ってくれたと思います」

田嶋助手
「初戦がいい勝ち方でクラスが上がっても楽しみな内容でしたからね。マイルくらいが良さそうでここでも楽しみ」

バレルターン

最終追い切り
栗東・坂路・良(西村淳)
800m 53.2-39.8-25.8-12.7(馬なり)

茶木調教師
「攻め馬が難しいタイプですが、馬の後ろに入れて、いい調教ができた。前走はジョッキーがうまく乗ってくれた。口向きが難しいところがあるので、それを競馬で見せなければ」
「やりすぎないようにした。本当によくなるのは先だろうけど、現状の力は出せると思う」
フェリーニ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.8-38.6-25.3-12.4(馬なり)

橋口調教師
「54秒、馬なりの指示通り動けていました。気を抜くことなく集中していましたし、前走と比べて(馬に)行く気が出てきましたね。前走でも道中気を抜いていたので、伸びしろはあります。絶対にハナではないですが、積極的に乗ってほしい」
メイショウサチダケ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 54.1-39.6-25.9-12.7(馬なり)
ベイパーコーン(一杯)に0.4秒先行・同入

鈴木孝調教師
「動きは良かったです。余力をもってゴールできました」
ラーンザロープス

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 54.5-39.3-25.2-12.8(一杯)

武幸調教師
「以前より乗り込めるようになって、動きも良化。成長を待ったかいがありました」

2024年・シンザン記念の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 シンザン記念|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・シンザン記念の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は京都金杯でアンドヴァラナウトに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(3/2・3/3)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
日経新春杯は2024年1月14日に京都競馬場で行われる年明けのG2戦。日経新春杯は2024年で第71回を迎え、昨年はヴェルトライゼンデが優勝した。日経新春杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
アメリカジョッキークラブカップは2024年1月21日に中山競馬場で行われる冬の中距離G2戦。AJCCは2024年で第65回を迎え、昨年はノースブリッジが優勝した。AJCCの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。