【中山金杯2019】予想オッズ/ステイフーリッシュが人気の中心

京都新聞杯 2018 ステイフーリッシュ

中山金杯2019の予想オッズをまとめた記事です。2019年・中山金杯の上位人気予想はステイフーリッシュ、マウントゴールド、タイムフライヤーの3頭と考えています。今年初戦となる名物重賞の予想オッズはこれだ!

中山金杯/ステイフーリッシュが人気の中心

2019年1月5日(土) | 1回中山1日 | 15:35 発走
第68回 中山金杯(GIII)芝・右 2000m
Nakayama Kimpai (G3)

スポンサーリンク

中山金杯2019の予想オッズ

出走予定馬

2019年・中山金杯の出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には出走予定馬の中からピックアップした注目馬も書いております。

中山金杯は2019年1月5日に中山競馬場で行われる年初めの注目の一戦。中山金杯は2019年で第68回を迎え、ハンデ戦で行われる。昨年はセダブリランテスが優勝した。中山金杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

2019年・中山金杯の予想オッズはこのように予想しています。
G2を勝っておりG1でも3着の経験があるステイフーリッシュが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ステイフーリッシュ(3.5)
  2. マウントゴールド(4.0)
  3. タイムフライヤー(5.5)
  4. エアアンセム(7.0)
  5. コズミックフォース(8.0)
  6. ウインブライト(10.0)
  7. アドマイヤリード(13.0)
  8. タニノフランケル(15.0)
  9. ストロングタイタン(20.0)
  10. ブラックバゴ(35.0)
  11. ランガディア(45.0)
  12. サンマルティン(☆)
  13. マイネルハニー(☆)
  14. クレッシェンドラヴ(☆)
  15. ヤングマンパワー(☆)
  16. ナスノセイカン(☆)
  17. マイネルサージュ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

中山金杯の上位人気馬

4コーナー

中山金杯で上位人気が予想される馬はこちら!

ステイフーリッシュ(Stay Foolish)

京都新聞杯 2018 ステイフーリッシュ

ステイフーリッシュ・4歳牡馬
8戦2勝 [2-0-2-4]
父:ステイゴールド
母:カウアイレーン
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:常識に囚われるな。有名なスピーチから。父名より連想
前走:チャレンジカップ・3着(5番人気)
(鞍上予定:藤岡佑介)

中山コースはG1・ホープフルステークスで3着に入っており力を出せる舞台といえる。
斤量も56kgは恵まれた印象。
2019年初笑いにもっとも近い馬だろう。

マウントゴールド(Mount Gold)

マウントゴールド

マウントゴールド・6歳牡馬
17戦7勝 [7-2-3-5]
父:ステイゴールド
母:マウントコブラ
母父:Mt. Livermore
馬名の由来:母名の一部+父名の一部
前走:チャレンジカップ・2着(4番人気)
(鞍上予定:武豊)

これまで17戦して掲示板を外したことが2度しかなく安定した成績を残す。
重賞は3着、2着と来ており、順番で言えば1着となるはず。
金杯得意の武豊騎手が騎乗するのも心強い。

タイムフライヤー(Time Flyer)

ホープフルステークス 2017 タイムフライヤー

タイムフライヤー・4歳牡馬
4戦3勝 [3-1-0-0]
父:ハーツクライ
母:タイムトラベリング
母父:ブライアンズタイム
馬名の由来:時を超える者
前走:菊花賞・6着(13番人気)
(鞍上予定:和田竜二)

クラシックレース皆勤賞ながら未勝利に終わった2018年シーズンだった。
G1・ホープフルステークスを制した舞台で復活を狙う。

10年間の人気別データ

中山金杯 2019 オッズデータ

中山金杯は過去10年、1番人気は【4-1-3-2】と複勝率80%。
ハンデ戦ながら人気馬の活躍が目立つ。

勝ち馬は5番人気以内からしか出ておらず、穴馬の優勝はなかなか見られない。
あまりハンデ戦だからと言って大穴狙いは危険といえそうだ。

関連記事
他の重賞レース記事を忘れずチェック!

京都金杯は2019年1月5日に京都競馬場で行われる関西新年一発目のマイル重賞。京都金杯は2019年で第57回を迎える。昨年はブラックムーンが優勝した。京都金杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
シンザン記念2019の出走予定馬・騎手の情報です。2019年のシンザン記念の出走予定馬にはクリノガウディーやアントリューズなどが名を連ねています。昨年はアーモンドアイがここから羽ばたいていった。今年もここから名馬が出るか!

中山金杯のオッズデータ

ここでは中山金杯の過去のデータを振り返ってみます。
過去の歴史から思わぬ穴馬の傾向が見つかるかも!?

10年間、1番人気薄で勝った馬

2014年・オーシャンブルー(単勝 950円:5番人気)
天皇賞秋(東京・芝2000m)13着 ⇒ 金鯱賞(中京・芝2000m)10着からの参戦

10年間、3着以内に来た馬の中で人気順で1番人気薄だった馬

2010年・トウショウウェイヴ(単勝 8,600円:15番人気・3着)
アルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)10着 ⇒ 中日新聞杯(中京・芝2000m)11着からの参戦

10年間、最低配当だった3連単

2013年(良馬場)・9,400円(21番人気)
1着:タッチミーノット(2番人気 4.4倍)
2着:アドマイヤタイシ(4番人気 6.6倍)
3着:ジャスタウェイ(1番人気 3.4倍)

10年間、最高配当だった3連単

2010年(良馬場)・248,790円(622番人気)
1着:アクシオン(1番人気 3.2倍)
2着:トウショウシロッコ(5番人気 15.3倍)
3着:トウショウウェイヴ(15番人気 86.0倍)

2番人気だったヒカルカザブエは7着、3番人気だったゴールデンダリアは11着に敗れた。

日程・賞金

中山金杯 2018 セダブリランテス

中山金杯

日程・発走予定時刻
2019年1月5日(土)15時35分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
4,100万円