【中山牝馬ステークス2024】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

中山牝馬ステークス2024 追い切り

中山牝馬ステークス2024追い切り・コメントの記事です。中山牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2024年3月9日(土) | 2回中山5日 | 15:45 発走
第42回 中山牝馬ステークス(GIII)芝・右 1800m
Nakayama Himba Stakes (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・中山牝馬ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
中山牝馬ステークス2024の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。中山牝馬Sは2024年3月9日に中山競馬場で行われる中距離G3戦。2024年で第42回を迎え、昨年はスルーセブンシーズが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも金鯱賞などが開催される。
金鯱賞は2024年3月10日に中京競馬場で行われる春の大一番のステップレース。金鯱賞は2024年で第60回を迎え、昨年はプログノーシスが勝利した。金鯱賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
フィリーズレビューは2024年3月10日に阪神競馬場で行われ、桜の舞台を目指す牝馬たちのトライアル戦。フィリーズRは2024年で第58回を迎え、昨年はシングザットソングが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

中山牝馬ステークス2024の追い切りをチェック!

中山牝馬ステークス2024 追い切り

中山牝馬ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
金鯱賞2024の追い切り・コメントの記事です。金鯱賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
フィリーズレビュー2024の追い切り・コメントの記事です。フィリーズRの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アレグロモデラート

最終追い切り
美浦・ウッド・重(助手)
5F 67.3-51.9-37.5-11.8(馬なり)

武井調教師
「絞れると成績がいい馬だが、今回は順調に調整できた。ハンデ50キロだし期待している」
キタウイング

最終追い切り
美浦・ウッド・重(杉原)
6F 85.8-68.9-53.9-39.0-11.9(馬なり)
マルコタージュ(馬なり)の内0.6秒追走・0.2秒先着

杉原騎手
「追い切りはいい内容で距離が短くなるのもプラス。展開が向けば」

小島調教師
「騎手の報告では馬体がふっくらしていい動き。後ろで我慢できているし、いい雰囲気で来ている」

ククナ

最終追い切り
美浦・ウッド・重(助手)
5F 67.4-52.0-38.0-11.7(馬なり)
インテルメディオ(馬なり)の内1.0秒追走・0.1秒遅れ

栗田調教師
「毛ヅヤが良く、柔らかみがあり、体調は良い。他馬との兼ね合いはあるが、地力は通用する」
グランスラムアスク

最終追い切り
栗東・ポリ・良(古川奈)
5F 65.3-50.5-37.9-11.5(末強め)

古川奈騎手
「今朝はポリトラックでしまい重点のイメージで。最後までしっかり反応して、先週より動きは良かったと思います」
クリノプレミアム

最終追い切り
美浦・ウッド・重(助手)
6F 83.4-66.9-52.0-37.6-11.8(馬なり)

伊藤伸調教師
「単走でいい動きだった。いつも通り、この馬なりの調整ができている」
「この馬は調子の変動があまりないからね。タフに使っても状態は変わらないですよ。前走は道中での進みがいつもと違っていた。直線は地力があるのできていたけど、その辺がどうか。条件はいいので自分の力さえ出せれば」
コスタボニータ

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 55.8-40.6-26.2-13.0(馬なり)

杉山佳調教師
「日曜にやっているし、輸送もあるので単走でサラッと。馬場が悪い中でもしっかり脚が動いていました」
コンクシェル

最終追い切り
栗東・CW・重(助手)
6F 81.3-66.3-52.3-37.5-11.6(馬なり)
ジャスパーバローズ(直強め)の外0.5秒先行・クビ先着

押田助手
「馬場が悪い中でもしっかり動けていたし、相手が来ただけ伸びる感じでした」
シンリョクカ

最終追い切り
美浦・ウッド・重(木幡初)
5F 67.1-52.4-37.9-11.7(馬なり)
フクノブルジュ(強め)の内1.0秒追走・0.2秒先着

竹内調教師
「道中の感じ、バランスも良くなったし最後もスッと反応できていました」
「状態はいいですよ。体も少し増えている。バリバリ調教もやれているし、3歳の時に比べたら馬は成長している。スムーズな競馬ができれば」
タガノパッション

最終追い切り
栗東・坂路・重
800m 50.7-37.0-24.6-12.4(馬なり)

武幸調教師
「競馬では難しさを出さないが追い切りでゴネたりする。(火曜の追い切りについては)明日(水曜)やれるかどうか分からないので臨機応変にやりました。変わりなく順調です」
ハギノメーテル

最終追い切り
栗東・ポリ・良(今村)
5F 72.5-56.6-42.1-12.6(強め)
ウインアラジン(一杯)の内0.5秒追走・0.2秒遅れ

寺島調教師
「先週、今週と調教に乗っている(今村)聖奈が“凄く状態はいい”と言っています。もまれ弱いので極端な競馬がいいですね」
ヒップホップソウル

最終追い切り
美浦・ウッド・重(北村宏)
5F 67.9-52.8-37.6-11.2(馬なり)
ジュビランス(馬なり)の内0.3秒追走・同入

太田助手
「馬体の張りは悪くないし状態はいい。テン乗りだが追い切りで感触をつかんでもらい、問題なくレースに臨めると思う」
「状態はいいと思います。ハンデ55キロがどうか」
ファンタジア

最終追い切り
美浦・ウッド・重(助手)
4F 51.0-36.1-11.9(馬なり)
サトノオラシオン(末強め)の内0.2秒追走・同入

堀調教師
「スムーズにいい位置を取れるようになり、しまいも確実。格上挑戦もハンデに魅力がある」
フィアスプライド

最終追い切り
美浦・ウッド・重(助手)
5F 64.8-50.3-36.6-11.2(強め)
サトノエピック(馬なり)の内0.3秒追走・同入

国枝調教師
「しまいがしっかりしていて、いい感じで動いている。1ハロン延長は問題ないし、スッと流れに乗って競馬ができれば楽しみ」
フィールシンパシー

最終追い切り
美浦・ウッド・重(横山琉)
5F 67.7-53.0-38.1-11.6(馬なり)

小島調教師
「気持ちが入っているのに掛からない。乗り手もとても充実していると言っていた」
「稽古の感じは良さそう。以前よりも気持ちの面で充実」
ラヴェル

最終追い切り
栗東・CW・重(助手)
5F 69.7-54.0-38.9-11.9(強め)

福岡助手
「道中は我慢をさせて、最後の1ハロンだけ馬任せでやりました。使って良くなっています」
「動きは良かったし調子は良さそうです。折り合いさえつけば、京都記念以上のパフォーマンスができると思います」
ルージュエクレール

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 68.6-52.1-37.5-11.5(馬なり)

萩原調教師
「動きは良かった。体調は変わりない。ゲートが最大の鍵」
ルージュリナージュ

最終追い切り
美浦・ウッド・重(丸田)
6F 84.1-67.8-53.3-38.5-11.9(馬なり)
ピンポイントドロー(馬なり)の内0.7秒追走・0.2秒先着

丸田騎手
「今日はビシッとやる感じではなかったがいい反応だった。雰囲気はいい」
「自分から動いて最後はオープン馬らしいいい反応でした」

2024年・中山牝馬ステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 中山牝馬ステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・中山牝馬ステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はフィリーズレビューでジューンブレアに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/25・5/26)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
阪神大賞典は2024年3月17日に阪神競馬場で行われ、天皇賞春の前哨戦として有名な重賞。阪神大賞典は2024年で72回を迎え、昨年はジャスティンパレスが制した。阪神大賞典の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スプリングステークスは2024年3月17日に中山競馬場で行われ、クラシックへの重要なステップレース。スプリングSは2024年で第73回を迎え、昨年はベラジオオペラが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。