【中山牝馬ステークス2018】動画・結果/カワキタエンカが逃げ切り勝ち

中山牝馬ステークス 2018 カワキタエンカ

中山牝馬ステークス 2018の動画・結果です。中山牝馬ステークスの結果は1着:カワキタエンカ、2着:フロンテアクイーン、3着:レイホーロマンス。「カワキタエンカ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

6番人気・池添騎手騎乗のカワキタエンカが逃げ切り勝ち

2018年3月10日(土) | 2回中山5日 | 15:45 発走
第36回 中山牝馬ステークス(GIII)芝・右 1800m
Nakayama Himba Stakes (G3)

動画

関連記事
昨年の中山牝馬ステークスはトーセンビクトリーが制していた。
【中山牝馬ステークス 2017】動画・結果/トーセンビクトリーが抜け出す

結果

1着:カワキタエンカ
2着:フロンテアクイーン(1/2馬身)
3着:レイホーロマンス(1-1/2馬身)
4着:トーセンビクトリー(アタマ)
5着:ブラックオニキス(クビ)
6着:ゲッカコウ
7着:キンショーユキヒメ
8着:エンジェルフェイス
9着:バンゴール
10着:エテルナミノル
11着:ワンブレスアウェイ
12着:マキシマムドパリ
13着:シャルール
14着:オートクレール

勝ちタイム:1.49.0
優勝騎手:池添 謙一
馬場:稍重

レース後のコメント

1着 カワキタエンカ(池添謙一騎手)
「まだ少し道中、力(りき)むところがあって、(ハミを)かんではいたんですが、前回、1回使ってガス抜きもできていたし、厩舎のかたがソフトに仕上げてくれていたので今日はイレ込みもマシ。それが生きたんだと思います。これからも自分との戦い。まだ強くなる馬だと思うし、メンタル面でも、もう少し強くなってくれるといいなと思います」

(浜田多実雄調教師)
「ここで勝てるとは。前回噛みあってなかった部分があったのでその部分を修正した。課題は多いがポテンシャルの高い馬なので今日みたいにうまくレースが運べれば良い力が出せる。次はもう一度叩いてその後はオーナーと相談します。」

2着 フロンテアクイーン(北村宏司騎手)
「勝ち馬マークしてリズム良くレースできたが せまってから中々差がつまらなかった あまり勝ち馬を追いかけすぎると甘くなってしまうしね・・・」

3着 レイホーロマンス(岩崎翼騎手)
「今日は中山なので400からエンジンかけていった 思ったレースできました 牝馬限定のハンデ戦ならやれますね 馬体は減っていたが馬の出来はよかったです」

4着 トーセンビクトリー(田辺裕信騎手)
「スタートは良かった。いつもより位置を取りにいったからなのか、それともハンデの影響か、最後は伸び切れなかった」

5着 ブラックオニキス(松岡正海騎手)
「けいこから乗り味がいいと思っていた。いつかは重賞を勝てる馬」

6着 ゲッカコウ(柴田大知騎手)
「うまく運べた。最後はもっと伸びるかと思ったが…。でもよく頑張っている」

7着 キンショーユキヒメ(蛯名正義騎手)
「いい感じで競馬はできた。もうひと伸びあれば。これから状態も上がってくるはず」

8着 エンジェルフェイス(三浦皇成騎手)
「思い描いていた競馬はできた。ただ直線は走り切れていない感じだった」

9着 バンゴール(石橋脩騎手)
「ゲートはもさっと出たので、腹をくくって後ろから。外に出してからはいい脚を使っている」

10着 エテルナミノル(四位洋文騎手)
「輸送もあったしテンション高かった 出来れば2着にきた北村宏司騎手のポジションが欲しかったが、スタートのタイミングがあいませんでした」

11着 ワンブレスアウェイ(戸崎圭太騎手)
「昔はポンと出たんだが…。スタートで出てくれないので」

12着 マキシマムドパリ(藤岡佑介騎手)
「スタート最近の中では一番出たがあの位置が精一杯 最後はじりじりとしか伸びなかった コーナー4つの18は忙しいですね」

13着 シャルール(内田博幸騎手)
「折り合いはついていた。でもこういう緩い馬場はいまいちなんだろうね」

14着 オートクレール(黛弘人騎手)
「枠が悪く、外を回る形になってしまった」

関連記事

勝ち馬プロフィール

カワキタエンカ(Kawakita Enka)牝4/鹿毛 浜田 多実雄(栗東)
父:ディープインパクト 母:カワキタラブポップ 母父:クロフネ
馬名の由来:冠名+演歌

関連記事