【フィリーズレビュー2024】追い切り・コメント/動きからレースを紐解く

フィリーズレビュー2024 追い切り

フィリーズレビュー2024追い切り・コメントの記事です。フィリーズRの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きからレースを紐解く

2024年3月10日(日) | 1回阪神6日 | 15:35 発走
第58回 フィリーズレビュー(GII)芝・右 1400m
Fillies’ Revue(Japanese 1000 Guineas Trial) (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・フィリーズレビューの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
フィリーズレビューは2024年3月10日に阪神競馬場で行われ、桜の舞台を目指す牝馬たちのトライアル戦。フィリーズRは2024年で第58回を迎え、昨年はシングザットソングが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも金鯱賞などが開催される。
金鯱賞は2024年3月10日に中京競馬場で行われる春の大一番のステップレース。金鯱賞は2024年で第60回を迎え、昨年はプログノーシスが勝利した。金鯱賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
中山牝馬ステークス2024の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。中山牝馬Sは2024年3月9日に中山競馬場で行われる中距離G3戦。2024年で第42回を迎え、昨年はスルーセブンシーズが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

フィリーズレビュー2024の追い切りをチェック!

フィリーズレビュー2024 追い切り

フィリーズレビューに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
金鯱賞2024の追い切り・コメントの記事です。金鯱賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
中山牝馬ステークス2024の追い切り・コメントの記事です。中山牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
エトヴプレ

前走・最終追い切り(中京2歳ステークス・4着)
栗東・CW・良
6F 82.5-67.1-52.6-37.9-11.9(一杯)

1週前追い切り
栗東・坂路・良(藤岡佑)
800m 53.0-38.9-25.0-12.4(馬なり)
アルトゥーム(一杯)を0.1秒追走・0.2秒先着

藤岡調教師
「1週前の時計は想定より遅くなったけど、馬場の一番悪い時間だった中で動けていた。距離、舞台も合っている」

最終追い切り
栗東・CW・重(藤岡佑)
5F 70.5-54.0-37.9-11.1(強め)
ワイドエンペラー(馬なり)の内0.5秒追走・0.1秒先着

藤岡佑騎手
「追い切りは折り合い重視でコンディションを確認。順調にきている」
「調教は動く馬ですし順調です。間隔が空いても問題ない。慣れている右回りに替わるのもいいと思う」
オアシスドール

前走・最終追い切り(3歳未勝利・1着)
栗東・坂路・良
800m 55.5-39.7-25.1-12.6(馬なり)

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(松若)
7F 96.3-66.4-52.0-36.8-11.5(稍一杯)
ダノンピレネー(一杯)の内0.7秒追走・0.2秒先着

高柳大調教師
「間隔をあけながら使って、体調はいい。スタート後の芝の走りが良かったので、チャレンジしてみます」

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 54.5-38.6-24.6-12.2(馬なり)

高柳大調教師
「動きすぎるぐらいなのでサラッと。これで仕上がったと思う」
「動きはいいですね。レースで騎乗したジョッキーが“芝を試しても”と言っていたので使ってみます」
オメガウインク

前走・最終追い切り(春菜賞・1着)
美浦・ウッド・良
5F 66.8-51.9-37.6-11.6(馬なり)

1週前追い切り
美浦・ウッド・良(杉原)
5F 70.7-55.3-39.7-11.3(馬なり)
マホガニー(一杯)の内0.6秒追走・0.4秒先着

大和田調教師
「1週前はしまい重点でもいい動き。しっかりと折り合いもついていた。スタートを決めて先行する形が理想」
「動き過ぎてしまう部分があるから時計が出ないように心がけた。冷静に折り合いをつけて、しまいの反応を重視した」

最終追い切り
美浦・坂路・重(杉原)
800m 54.3-39.7-25.4-12.2(馬なり)
インサイダー(馬なり)を0.8秒追走・同入

大和田調教師
「気性的に時計が出やすい面があるので輸送を考慮してソフトな仕上げ。いい状態で臨めると思う」
「輸送も考えてソフトな仕上げ。中山よりは阪神のほうがいい」
「体調はいいですね。輸送がこたえるタイプではないし、スムーズな競馬ができれば重賞でも通用します」

金子助手
「前向きでけいこはやれば動くけど、メンタル面も意識して調整。カイ食いは旺盛すぎるくらいだし、輸送で十何キロとか減ることはないと思う。距離が延びてもいいし、権利を獲れれば次はさらに楽しみ」

カルチャーデイ

前走・最終追い切り(阪神ジュベナイルフィリーズ・16着)
栗東・坂路・良
800m 55.2-39.5-25.0-12.1(馬なり)

酒井騎手
「最終追い切りという意味ではいい追い切りができた。中間は併せ馬で感触を確かめ、今日は調整程度。前走後すぐに比べるとリラックスできているように感じるし、雰囲気もいいね。思った通りの調整ができた」

四位調教師
「小柄な馬なので仕上げに苦労しない。初めての距離と直線の坂がポイントになる」

1週前追い切り
栗東・坂路・良(酒井学)
800m 52.3-38.3-24.6-12.2(一杯)
ソルトロック(馬なり)を0.5秒追走・0.2秒先着

四位調教師
「1週前はいい感じでしたし、ジョッキー(酒井騎手)も『さらに良くなっている』と言ってくれた。1400メートルになるのはいい」

最終追い切り
栗東・CW・重(酒井学)
4F 50.9-36.8-11.2(直強め)
モルツシャン(馬なり)の内0.8秒追走・0.2秒先着

四位調教師
「いい動き。先週、坂路でビッシリやっているので、けさは(酒井)ジョッキーに任せた。前走はスタートして他と接触してエキサイトした。あれだけ力むと最後まで走れないよね」
「ここ目標にやってきた。1400メートルならレースはしやすい」
キャンシーエンゼル

前走・最終追い切り(春菜賞・3着)
栗東・坂路・良
800m 54.0-39.3-25.0-12.0(馬なり)

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
6F 81.0-66.3-52.2-38.0-12.3(一杯)

鈴木孝調教師
「前走はスタートでつまずいて、位置取りの差が出た。1400メートルは大丈夫だし、コースも問題ない」

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 54.5-39.8-25.3-12.2(馬なり)

鈴木孝調教師
「軽めで十分。久々でも走るタイプで前走も仕上がりは良かった。スピードと持続力が強みです」
「形にとらわれることなく競馬はできる。状態も変わりなく結構やれると思う」
コラソンビート

前走・最終追い切り(阪神ジュベナイルフィリーズ・3着)
美浦・ウッド・稍重
5F 66.4-50.9-36.9-11.4(馬なり)

加藤士調教師
「先週3頭併せで負荷をかけたので、今週は精神的に追い込みすぎず、競馬に向けて疲れを残さない感じでしたが、すごくいい追い切りができたと思います」

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.8-39.4-25.3-11.9(馬なり)

伊藤助手
「1週前の追い切りはステッキを持ち替えただけ。スピードがありますね。この距離なら不安はありません。状態さえ良ければ、いい競馬をしてくれると思う」
「少し環境に適応するのに時間はかかりましたが、だいぶ落ち着いてきました。桜花賞へのステップですが、整えていければ勝負になると思います」

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 51.7-38.4-25.7-12.4(末強め)

伊藤助手
「前走(阪神JF)は3着でしたが、勝ちに行く競馬をしてのもので強い内容だったと思います。こちらに来てからは環境に対応できるかに主眼を置いてやってきました。少しずつ慣れてきた感じがしますし、いい形で次に向かえれば」
「環境に適応するのに時間を要したが、かなり落ち着きが出てきた。距離は合っている」
「落ち着いてきましたね。今回は環境に慣れるためのステップ、リハーサル。整えていけばという感じです」
シカゴスティング

前走・最終追い切り(阪神ジュベナイルフィリーズ・5着)
栗東・坂路・良
800m 53.7-39.0-24.8-12.0(馬なり)

庄野調教師
「時計以上にきびきび動いていた。前走から上積みを感じる。これまで前々で競馬をしてきたが、前走は控える競馬ができたのは収穫」

1週前追い切り
栗東・坂路・良(鮫島駿)
800m 53.7-39.2-24.7-12.0(馬なり)
スウィープフィート(馬なり)を0.5秒追走・0.2秒遅れ

庄野調教師
「体もふっくらしているし、テンションが上がらずに競馬を迎えられたら。距離が短くなるのはいい。うまくタメを利かせられれば」

最終追い切り
栗東・坂路・重(鮫島駿)
800m 54.5-39.4-25.0-12.2(馬なり)
リュクスブリランテ(馬なり)を0.3秒追走・0.3秒先着

鮫島駿騎手
「先週に引き続き追い切りに乗ったが、けさもいい動き。前走に比べて力強くなっており、成長を感じる。1週前追い切りでスイッチが入ったので、当日のテンションがポイント」

庄野調教師
「(馬の)後ろで折り合いをつけて抜け出す形。反応も良くスピードもあって、いい追い切りでした」
「前走は少しテンションも高くスタートも良かったのでハナにいった。だけどハナにこだわる必要はないし、できれば今回はためる形でいきたい」

笠原助手
「変わらず活気に満ちあふれており、いい状態で臨めそう。競馬の上手なタイプで、1400メートルの距離も合っていると思う」

ジューンブレア

前走・最終追い切り(デイリー杯2歳ステークス・7着)
栗東・CW・稍重
4F 54.3-38.4-11.2(馬なり)

武英調教師
「追い切りに乗ったジョッキーの感触は良かった。カイ食いもいいですね」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(富田)
4F 53.9-37.6-11.5(馬なり)
エールレヴリー(一杯)の内1.0秒追走・同入

最終追い切り
栗東・CW・重(武豊)
4F 50.3-36.2-11.2(馬なり)

武豊騎手
「元々動く馬ですけど動きは良かったね。以前より力強くなっている。このメンバーでもやれていい」
「前向きすぎるが脚力はある。レースでコントロールできれば」

武英調教師
「予定より時計は速くなったが、動きは良かった」
「折り合いもつくし、距離が短縮するのは歓迎。一発があっても」

セシリエプラージュ

前走・最終追い切り(3歳1勝クラス・4着)
栗東・坂路・良
800m 51.6-37.1-24.6-12.7(馬なり)

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 60.1-44.4-29.3-14.9(馬なり)

最終追い切り
栗東・坂路・重(M.デムーロ)
800m 53.8-39.2-25.8-13.0(馬なり)
カリメロ(馬なり)を0.3秒追走・0.1秒遅れ

中村調教師
「中2週なので軽めにサラッと。短い距離の方がいいタイプ。一瞬の脚をどこで使うかですね」
ドナベティ

前走・最終追い切り(阪神ジュベナイルフィリーズ・8着)
栗東・坂路・良
800m 53.3-38.7-25.0-12.3(馬なり)

福岡助手
「いい感じで調整できているし、1回使って状態は良くなっている。(1ハロン延長については)折り合いはつくし、マイルもこなせると思う」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(坂井瑠)
6F 80.2-66.1-51.8-37.2-11.8(一杯)
シュヴェルトリリエ(一杯)の内0.8秒追走・0.3秒先着

矢作調教師
「1週前は時計も動きも良かった。ここからどれだけカイバを食べるか」

福岡助手
「前走も最後は伸びていたし、力はある。仕上がりの早い馬で状態もグッと上がってきている。今は1400メートルくらいが一番いいと思うし、気持ちの強さもいい方向に出ている。まずはここをしっかり取りたい」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 52.5-37.6-24.2-12.1(強め)

矢作調教師
「正直言って、マイルよりもここが適鞍だと思っている。現状は千四がベストだね」

福岡助手
「54秒台ぐらいで上がってきたつもりでしたけど、52秒台と速い時計が出ました。一瞬の反応も良かった。仕上がりが早い馬。先週からすごく良くなってきています」

バウンシーステップ

前走・最終追い切り(つわぶき賞・1着)
栗東・CW・良
3F 38.3-11.2(馬なり)

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(菱田)
6F 81.8-65.9-51.0-36.3-11.7(稍一杯)
ダークブロンド(一杯)の内0.4秒追走・アタマ先着

最終追い切り
栗東・CW・重(助手)
4F 53.9-37.5-11.4(馬なり)

高橋亮調教師
「しまい伸ばして思っていた調教ができたし動きは良かった。徐々にレースぶりも良くなっている」
「いい休養になった。仕上がりすぎるほど順調にきている」
「最近は言うことを聞いて、騎手とのコンタクトも取りやすくなった」
ポエットリー

前走・最終追い切り(こぶし賞・2着)
栗東・坂路・重
800m 53.4-38.8-25.3-12.3(馬なり)

1週前追い切り
栗東・坂路・良(永島)
800m 52.4-37.1-23.9-12.0(一杯)

森部厩務員
「前走もいい競馬で、乗ってくれた(坂井)瑠星が“現状は千四ならもっと切れると思う”と言ってくれました。楽しみですし、ここでどんな競馬ができるかで先々の選択肢が見えてくるんじゃないかな」

最終追い切り
栗東・坂路・重(永島)
800m 55.4-39.0-24.3-11.7(馬なり)

永島騎手
「しぶった馬場も苦にせず。しまいは切れましたね。いいスピードを持っていますし権利を獲れるように頑張ります」

平田調教師
「しまい重点で動きは良かった」
「1600メートルは長く、1400メートルの方がいい印象」

マーシーラン

前走・最終追い切り(エルフィンステークス・6着)
栗東・CW・良
6F 82.9-66.8-52.0-36.9-11.6(一杯)

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(和田竜)
6F 84.4-69.2-53.9-38.7-11.0(一杯)
ワンダーハヤセ(一杯)の外1.5秒追走・0.4秒先着

最終追い切り
栗東・坂路・重(調教師)
800m 53.2-38.7-24.9-12.4(馬なり)
エイシンオニキス(一杯)を0.1秒追走・0.4秒先着

渡辺調教師
「サッと馬なりでやりましたが動きはいいですね。新馬戦の内容が良かったし千四の距離で改めて」
レディマリオン

前走・最終追い切り(3歳未勝利・1着)
栗東・坂路・良
800m 53.5-38.6-24.7-12.4(馬なり)

1週前追い切り
栗東・坂路・良(ムルザバエフ)
800m 53.6-39.3-25.8-12.6(馬なり)

最終追い切り
栗東・坂路・重(調教師)
800m 51.9-38.0-24.3-11.9(強め)

長谷川調教師
「前進気勢があって良かったです。動きを見ると距離短縮は問題ないと思います。機動力が武器」
ロゼフレア

前走・最終追い切り(紅梅ステークス・4着)
栗東・坂路・良
800m 53.9-39.1-25.2-12.7(馬なり)

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(団野)
6F 85.0-69.1-54.1-38.5-11.3(一杯)
アグラシアド(馬なり)の内0.3秒追走・同入

中村調教師
「(前走は)ペースが遅くてヨーイドンの競馬に。全体的に流れてくれた方が競馬がしやすい」

最終追い切り
栗東・坂路・重(田中健)
800m 51.2-37.5-24.4-12.1(一杯)
タッチャブル(一杯)を0.6秒追走・0.4秒先着

中村調教師
「変わりなく順調です。併せ馬でしっかりと動けてはいました」
「併せ馬でしっかり動けていた。前走はスローからのヨーイドンの競馬になってしまい、展開が向かなかった。1400メートルはずっと使っているので、うまく流れが向けば」

2024年・フィリーズレビューの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 フィリーズレビュー|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・フィリーズレビューの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はジューンブレアに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/1・6/2)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
阪神大賞典は2024年3月17日に阪神競馬場で行われ、天皇賞春の前哨戦として有名な重賞。阪神大賞典は2024年で72回を迎え、昨年はジャスティンパレスが制した。阪神大賞典の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スプリングステークスは2024年3月17日に中山競馬場で行われ、クラシックへの重要なステップレース。スプリングSは2024年で第73回を迎え、昨年はベラジオオペラが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。