【中山牝馬ステークス2022】出走予定馬・予想オッズ/上位拮抗

中山牝馬ステークス2021 ランブリングアレー

中山牝馬ステークス2022の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2022年の中山牝馬Sの出走予定馬にはテルツェットやルビーカサブランカなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

上位拮抗

2022年3月12日(土) | 5回中山1日 | 15:45 発走
第40回 中山牝馬ステークス(GIII)芝・右 1800m
Nakayama Himba Stakes (G3)

スポンサーリンク

2022年・中山牝馬ステークスの出走予定馬たち

中山牝馬ステークスの枠順決定!(3月11日)

中山牝馬ステークス2022 枠順

2022年・中山牝馬ステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではテルツェットが5枠9番、ミスニューヨークは2枠3番、ルビーカサブランカは6枠11番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2022年・中山牝馬ステークスの追い切り・コメントをチェック!
中山牝馬ステークス2022の追い切り・コメントの記事です。中山牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(3月10日)

クイーンステークス2021 テルツェット

2022年の中山牝馬ステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走馬&騎手確定
  • アブレイズ(菅原明良)
  • クリノプレミアム(松岡正海)
  • クールキャット(大野拓弥)
  • ゴルトベルク(津村明秀)
  • シャムロックヒル(団野大成)
  • ジュランビル(松若風馬)
  • シングフォーユー(戸崎圭太)
  • スマイルカナ(柴田大知)
  • スライリー(石川裕紀人)
  • テルツェット(田辺裕信)
  • ドナアトラエンテ(横山武史
  • フェアリーポルカ(三浦皇成)
  • ミスニューヨーク(M.デムーロ)
  • ルビーカサブランカ(武豊
  • ロザムール(北村宏司)
  • ローザノワール(田中勝春)
除外馬
  • ホウオウピースフル(未定)
  • モリノカンナチャン(未定)
関連記事
武豊騎手はルビーカサブランカに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/21・5/22)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
金鯱賞は2022年3月13日に中京競馬場で行われる春の大一番のステップレース。金鯱賞は2022年で第58回を迎え、昨年はギベオンが勝利した。金鯱賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
フィリーズレビューは2022年3月13日に阪神競馬場で行われ、桜の舞台を目指す牝馬たちのトライアル戦。フィリーズレビューは2022年で第56回を迎え、昨年はシゲルピンクルビーが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

出走予定馬・ピックアップ

愛知杯2022 ルビーカサブランカ

中山競馬場で行われるG3「中山牝馬ステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

テルツェット(Terzetto)

テルツェット・5歳牝馬
9戦6勝 [6-0-1-2]
父:ディープインパクト
母:ラッドルチェンド
母父:Danehill Dancer
馬名の由来:三重奏、三重唱(音楽用語)。本馬が母の3番仔より連想
前走:エリザベス女王杯・11着(4番人気)
(鞍上予定:田辺裕信)

昨年ダービー卿チャレンジトロフィーとクイーンステークスを制した実力馬。
中山コース【2-0-1-0】&芝1800m【2-0-0-0】から見ても適性は十分。

ピックアップレース
ダービー卿チャレンジトロフィー2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のダービー卿CTの着順は1着:テルツェット、2着:カテドラル、3着:ボンセルヴィーソとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ルビーカサブランカ(Ruby Casablanca)

ルビーカサブランカ・5歳牝馬
20戦5勝 [5-4-5-6]
父:キングカメハメハ
母:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク
馬名の由来:花の名前
前走:愛知杯・1着(7番人気)
(鞍上予定:武豊)

前走の愛知杯でアタマ差の接戦を制し重賞初制覇を果たした。
8戦連続で馬券圏内の走りを見せており安定感は増す一方。
引き続き武豊騎手とのコンビで重賞連勝を狙う。

ピックアップレース
愛知杯2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の愛知杯の着順は1着:ルビーカサブランカ、2着:マリアエレーナ、3着:デゼルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ミスニューヨーク(Miss New York)

ミスニューヨーク・5歳牝馬
17戦5勝 [5-1-3-8]
父:キングズベスト
母:マンハッタンミート
母父:マンハッタンカフェ
馬名の由来:女性+ニューヨーク。母名より連想
前走:ターコイズステークス・1着(4番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

ターコイズステークスではデムーロ騎手も興奮するほどの決め手で差し切り重賞制覇を果たした。
2勝を挙げている中山1800mで再び末脚を爆発させる。

ピックアップレース
ターコイズステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のターコイズSの着順は1着:ミスニューヨーク、2着:アンドラステ、3着:ギルデッドミラーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
スマイルカナ(Smile Kana)

スマイルカナ・5歳牝馬
17戦5勝 [5-2-1-9]
父:ディープインパクト
母:エーシンクールディ
母父:Distorted Humor
馬名の由来:笑顔+人名
前走:ターコイズステークス・15着(9番人気)
(鞍上予定:柴田大知)

転厩初戦を迎える重賞2勝馬のスマイルカナ。
中間の追い切りではメンコをつけて掛かる面が解消されつつあるので、一変もありそう。

ピックアップレース
ターコイズステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のターコイズステークスの着順は1着:スマイルカナ、2着:アンドラステ、3着:フェアリーポルカとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にも中山牝馬ステークスには東京新聞杯5着のドナアトラエンテや昨年2着のロザムール、2020年の覇者フェアリーポルカなども出走を予定しています。

中山牝馬ステークスは2022年3月12日(土)の15時45分発走予定です。

中山牝馬ステークス2022の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2022年・中山牝馬ステークスの予想オッズはこのように予想しています。
トップハンデの56.5kgを背負うが、力は上位のテルツェットが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. テルツェット(3.0)
  2. ミスニューヨーク(3.5)
  3. ルビーカサブランカ(5.0)
  4. ドナアトラエンテ(8.0)
  5. フェアリーポルカ(14.0)
  6. スマイルカナ(17.5)
  7. クールキャット(20.0)
  8. シャムロックヒル(25.0)
  9. スライリー(35.0)
  10. シングフォーユー(48.0)
  11. アブレイズ(☆)
  12. ロザムール(☆)
  13. ゴルトベルク(☆)
  14. ローザノワール(☆)
  15. クリノプレミアム(☆)
  16. ジュランビル(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

中山牝馬ステークス2022の日程・賞金

中山牝馬ステークス

中山牝馬ステークス2020 フェアリーポルカ

日程・発走予定時刻
2022年3月12日(土)15時45分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・1800m


G3

1着賞金
3,800万円

中山牝馬ステークス・プレイバック

中山牝馬ステークス2021 ランブリングアレー

2021年・中山牝馬ステークス(GIII)

1着:ランブリングアレー
2着:ロザムール(ハナ)
3着:フェアリーポルカ(クビ)
4着:ホウオウピースフル(クビ)
5着:シャドウディーヴァ(1馬身)

勝ちタイム:1.54.8
優勝騎手:武 豊
馬場:不良

動画・全着順をチェック!
中山牝馬ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の中山牝馬ステークスの着順は1着:ランブリングアレー、2着:ロザムール、3着:フェアリーポルカとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レース後のコメント
1着 ランブリングアレー(武豊騎手)
「きょうは同着じゃなかったですね(笑い)。乗りやすい馬なので周りの出方を見ながら(道中は)行こうと思っていた。すごく水を含んでいる馬場でペースはつかみづらかった。直線はどの馬もきつかったと思うが、よく頑張ってくれました。今日は落ち着いていたし、状態はいいなと思っていました。こういう馬場を克服してくれたので、今後はさらに大きいレースで頑張れたらなと思います」
関連記事
今後も注目のレースが続く!
スプリングステークスは2022年3月20日に中山競馬場で行われ、クラシックへの重要なステップレース。スプリングステークスは2022年で第71回を迎え、昨年はヴィクティファルスが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
阪神大賞典は2022年3月20日に阪神競馬場で行われ、天皇賞春の前哨戦として有名。阪神大賞典は2022年で70回を迎え、昨年はディープボンドが制した。阪神大賞典の出走予定馬・予想オッズ・騎手・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。