【小倉記念2022】結果・動画/マリアエレーナが圧勝で重賞初V

小倉記念2022 マリアエレーナ

小倉記念2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の小倉記念の着順は1着:マリアエレーナ、2着:ヒンドゥタイムズ、3着:ジェラルディーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の小倉記念はマリアエレーナが圧勝で重賞初V

2022年8月14日(日) | 4回小倉2日 | 15:35 発走
第58回 小倉記念(GIII)芝・右 2000m
Kokura Kinen (G3)

スポンサーリンク

2022年・小倉記念の動画

関連記事
昨年の小倉記念はモズナガレボシが制していた。
小倉記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の小倉記念の着順は1着:モズナガレボシ、2着:ヒュミドール、3着:スーパーフェザーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・小倉記念の結果

スポンサーリンク

1着:マリアエレーナ
2着:ヒンドゥタイムズ(5馬身)
3着:ジェラルディーナ(ハナ)
4着:カテドラル(2-1/2馬身)
5着:ピースオブエイト(クビ)
6着:ムジカ
7着:カデナ
8着:アーデントリー
9着:ヒュミドール
10着:ダブルシャープ
11着:タガノディアマンテ
12着:ショウナンバルディ
13着:モズナガレボシ
14着:シフルマン
15着:スーパーフェザー
取消:プリマヴィスタ

勝ちタイム:1.57.4
優勝騎手:松山 弘平
馬場:良

関連記事
G1・天皇賞秋をにぎわす馬は?
天皇賞秋は2022年10月30日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2022年で第166回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。天皇賞秋の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

小倉記念2022 マリアエレーナ

1着 マリアエレーナ(松山弘平騎手)
「重賞でしたけど5馬身差。強かったです。スタートをしっかり出てくれて、取りたいポジションを取ることができ、イメージ通りの競馬ができました。(馬場は)最内だけがきれいだったので、そこだけは絶対取りたかったんです。逃げ馬の後ろで脚をためられればと考えていました。(勝負どころは)手応えが良く、いい脚を使ってくれるので心配していませんでした。暑さが吹き飛ぶくらいの強い競馬をしてくれました。スタートがどんどん速くなって、レースの上手にできるようになっています。これまらまだまだ楽しみです」

2着 ヒンドゥタイムズ(C.ホー騎手)
「追い切りに乗って馬の感触は掴んでいました。道中は折り合いを重視して我慢していました。小倉のレースはみんな早めに動きますが、勝った馬が先に抜け出していて動けなかったです。でもすごく良い馬です。2000mが一番得意なのではないかと感じました」

3着 ジェラルディーナ(福永祐一騎手)
「前に行きたかったのですが行けませんでした。スタートは五分に切ったのですが、そこを改善しないといけないですね。競馬もタイトで厳しかったです。スムーズな競馬が出来ませんでした」

4着 カテドラル(団野大成騎手)
「2000mでも折り合いはスムーズでした。ポジションを取りに行けましたし、直線をスムーズに迎えることが出来ましたが、ロスがあったのが痛かったです」

5着 ピースオブエイト(松本大輝騎手)
「行く馬を行かせて思った通りの競馬はできましたが、直線伸ばし切れませんでした。ゲートをしっかり出て、3コーナーから4コーナーまではやりたい競馬はできましたが、伸ばし切れなかったのは距離なのか馬群に包まれている分なのでしょうか...。チャンスを頂いていただけに、悔しい気持ちが大きいです」

7着 カデナ(今村聖奈騎手)
「じっくり馬との折り合いを大切に乗った。3、4コーナーから早めに動く形で最後しっかり脚を使わせることに専念したレースでした。馬はベテランなのに乗っている上が、ちょっと外に膨らみすぎて回ってしまったり、ロスあるところを見せてしまった。馬は全然悪くない。人間の責任だと思います」

勝ち馬プロフィール

小倉記念2022 マリアエレーナ

マリアエレーナ(Maria Elena)牝4/芦毛 吉田 直弘(栗東)
父:クロフネ 母:テンダリーヴォイス 母父:ディープインパクト
馬名の由来:メキシコのワルツ調の曲名

関連記事
マリアエレーナは前走のマーメイドステークスで2着と健闘していた
マーメイドステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のマーメイドSの着順は1着:ウインマイティー、2着:マリアエレーナ、3着:ソフトフルートとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。