【関屋記念2022】結果・動画/ウインカーネリアンが抜け出す

関屋記念2022 ウインカーネリアン

関屋記念2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の関屋記念の着順は1着:ウインカーネリアン、2着:シュリ、3着:ダノンザキッドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の関屋記念はウインカーネリアンが抜け出す

2022年8月14日(日) | 3回新潟2日 | 15:45 発走
第57回 関屋記念(GIII)芝・左 1600m
Sekiya Kinen (G3)

スポンサーリンク

2022年・関屋記念の動画

関連記事
昨年の関屋記念はロータスランドが制していた。
関屋記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の関屋記念の着順は1着:ロータスランド、2着:カラテ、3着:ソングラインとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・関屋記念の結果

スポンサーリンク

1着:ウインカーネリアン
2着:シュリ(3/4馬身)
3着:ダノンザキッド(クビ)
4着:スカイグルーヴ(1-1/4馬身)
5着:ピースワンパラディ(1/2馬身)
6着:リアアメリア
7着:ワールドバローズ
8着:ザダル
9着:エアファンディタ
10着:エンデュミオン
11着:イルーシヴパンサー
12着:レッドライデン
13着:ディヴィーナ
14着:ゴールデンシロップ

勝ちタイム:1.33.3
優勝騎手:三浦 皇成
馬場:稍重

関連記事
G1・マイルチャンピオンシップをにぎわす馬は?
マイルチャンピオンシップは2022年11月20日に阪神競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2022年で第39回を迎え、昨年はグランアレグリアが勝利した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

関屋記念2022 ウインカーネリアン

1着 ウインカーネリアン(三浦皇成騎手)
「まだまだゲートの中でもご迷惑をおかけした通り、まだ粗削りなんですが、厩舎がしっかりいい状態に仕上げてくれて自信を持って乗ることができました。爪の疾患から長い休養だったので牧場の方も手をかけて頂いて、普通にいい状態で帰ってきてくれたので、馬を良くしようとするだけじゃなくて、馬の素質を邪魔しないように調教をつけてきました。3歳の時は重賞を取れなかったんですけどさらにパワーアップして帰ってきてくれたので、悔しさをこの舞台で晴らしてくれたかなと思っています。今年は年始からいい流れに乗れなくて自分のなかでも工夫しながらやってきましたが、こういう形で重賞を勝てたのは良かったですし、まだまだこれから甘んじずに頑張っていきたい」

2着 シュリ(津村明秀騎手)
「きっかけをつかむレースにしたかった。ゲートを出ればハナに行ってもいいと思っていた。マイペースでリズムよく走れたし、かわされてからも頑張った。覆面をつけたからか、落ち着いて走れた」

3着 ダノンザキッド(川田将雅騎手)
「リズム良く走れていました。良くなっている最中ですし、内容は改善されてきています」

4着 スカイグルーヴ(C.ルメール騎手)
「馬の後ろで良いレースができました。しかしこの馬場で反応が少し遅くなってしまいました」

5着 ピースワンパラディ(石橋脩騎手)
「急遽乗せてもらいましたが、返し馬からクッションが良くていい馬です。調教師からはやれることはやって来ていると聞いていました。勝負しに行こうと思って、ゲートだけ出られればいいなと思っていました。スタートが速く道中は楽でしたし、勝てるかなというぐらいの手応えでした。直線でもファイトして頑張ってくれました」

6着 リアアメリア(菅原明良騎手)
「ゲートは悪いけど、気分良く行った。力んだけれど悪い雰囲気ではなく、最後と脚を使ってくれている」

7着 ワールドバローズ(和田竜二騎手)
「ゲート出て、テンでズブくなってしまって気合いをつけていったけれど、遊んでいる感じ。スピードに乗れればと思ったが、久々の分もあるかも。」

8着 ザダル(戸崎圭太騎手)
「重心が低い馬で、起こして乗ってくれとの指示。忙しい感じだったがら良い感じで運べた。直線で、手前が替えられず伸び切ってしまい、ダラダラしてしまった。58キロもある」

11着 イルーシヴパンサー(木幡巧也騎手)
「道中の運び自体は悪くなかったです。どれだけ伸びるかと思いましたが、追い出してからは全然伸びず、最後は止まってしまいました」

(久保田貴士調教師)
「騎手は上手く外に出してくれたけど伸びなかった。馬場に脚を取られたと聞いたが、こういう馬場はこれまでも経験しているし、そういう事をいっている馬ではない。次走は状態をみて」

13着 ディヴィーナ(武豊騎手)
「引っかかった。レース前から気合いが入りすぎていた」

14着 ゴールデンシロップ(M.デムーロ騎手)
「久々。休み明け」

勝ち馬プロフィール

関屋記念2022 ウインカーネリアン

ウインカーネリアン(Win Carnelian)牡5/栗毛 鹿戸 雄一(美浦)
父:スクリーンヒーロー 母:コスモクリスタル 母父:マイネルラヴ
馬名の由来:冠名+宝石名

関連記事
ウインカーネリアンは2020年の皐月賞で4着に入った実績がある
皐月賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の皐月賞の着順は1着:コントレイル、2着:サリオス、3着:ガロアクリークとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。