【京成杯2020】出走予定馬・予想オッズ/本番と同じ舞台で

京成杯2019 ラストドラフト

京成杯2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年の京成杯の出走予定馬にはスカイグルーヴやロールオブサンダーなどが名を連ねています。中山2000mの舞台で輝く馬は?

本番と同じ舞台で

2020年1月19日(日) | 1回中山7日 | 15:45 発走
第60回 京成杯(GIII)芝・右 2000m
Keisei Hai (G3)

スポンサーリンク

2020年・京成杯の出走予定馬たち

京成杯の枠順決定!(1月17日)

京成杯2020 枠順

2020年・京成杯の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではスカイグルーヴが8枠12番、ゼノヴァースは5枠6番、ヒュッゲは6枠8番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2020年・京成杯の追い切り・コメントをチェック!
京成杯2020の追い切り・コメントの記事です。京成杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(1月16日)

スカイグルーヴ

2020年の京成杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは17頭となっています。

  • ヴィアメント(M.デムーロ)
  • キムケンドリーム(石橋脩)
  • キングオブドラゴン(田辺裕信)
  • クリスタルブラック(吉田豊)
  • スカイグルーヴ(C.ルメール
  • ゼノヴァース(O.マーフィー)
  • チュウワジョーダン(丸山元気)
  • ディアスティマ(A.シュタルケ)
  • ビターエンダー(津村明秀)
  • ヒュッゲ(和田竜二)
  • リメンバーメモリー(大野拓弥)
  • ロールオブサンダー(松山弘平)
除外&回避馬
  • ウインカーネリアン(松岡正海)
  • カップッチョ(江田照男)
  • コスモスタック(未定)
  • フルフラット(未定)
  • ワスカランテソーロ(丸山元気)
関連記事

武豊騎手は日経新春杯でレッドジェニアルに騎乗予定!

武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/22・2/23)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。

同週に行われる他の重賞もチェック!

日経新春杯は2020年1月19日に京都競馬場で行われる年明けのG2戦。日経新春杯は2020年で第67回を迎え、昨年はグローリーヴェイズが優勝した。日経新春杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
愛知杯2020の出走予定馬・騎手の情報です。2020年の愛知杯の出走予定馬にはセンテリュオやデンコウアンジュなどが名を連ねています。今年は京都コース改修の影響で中京ではなく小倉競馬場で開催される。コース変更を味方につけるのは?

出走予定馬・ピックアップ

紫菊賞2019 ロールオブサンダー

中山競馬場で行われるG3「京成杯」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

スカイグルーヴ(Sky Groove)

スカイグルーヴ・3歳牝馬
1戦1勝 [1-0-0-0]
父:エピファネイア
母:アドマイヤセプター
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:空に響かせる。母母名、母母母名より連想
前走:2歳新馬・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール

圧巻のデビュー戦「スカイグルーヴ」

新馬戦では遅い流れにしびれを切らし逃げる展開になったものの、直線では上がり最速タイムを計測し後続をぶっちぎって勝利を収めた。
中間の追い切りでは前に馬をおいて我慢させる走りを覚えさせており、春に向けても成長した姿を見せてほしい。

ピックアップレース
スカイグルーヴが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:スカイグルーヴ、2着:ナンヨーユウヤク、3着:トーセンアーリーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ロールオブサンダー(Roll of Thunder)

ロールオブサンダー・3歳牡馬
3戦2勝 [2-0-1-0]
父:エピファネイア
母:ミッキーハナコ
母父:アドマイヤムーン
馬名の由来:雷鳴
前走:京都2歳ステークス・3着(3番人気)
(鞍上予定:松山弘平)

中山に鳴り響け「ロールオブサンダー」

2連勝で挑んだ前走の京都2歳ステークスでは評判馬2頭に敗れたもののしぶとく粘り3着を死守。
自分のペースで進められれば簡単には止まらない。

ピックアップレース
京都2歳ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の京都2歳ステークスの着順は1着:マイラプソディ、2着:ミヤマザクラ、3着:ロールオブサンダーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ヒュッゲ(Hygge)

ヒュッゲ・3歳牡馬
3戦2勝 [2-0-0-1]
父:ハーツクライ
母:ムーンライトダンス
母父:Sinndar
馬名の由来:居心地のよい雰囲気(デンマーク語)
前走:エリカ賞・1着(3番人気)
(鞍上予定:和田竜二)

スタミナ勝負に活路を見出す「ヒュッゲ」

出世レースのエリカ賞を逃げ切り勝ちを収めたヒュッゲも参戦予定。
セレクトセールで9000万円で取引された良血馬が重賞初制覇を狙う。

ピックアップレース
エリカ賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のエリカ賞の着順は1着:ヒュッゲ、2着:チュウワノキセキ、3着:ディアスティマとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ゼノヴァース(Xenoverse)

ゼノヴァース・3歳牡馬
3戦1勝 [1-0-0-2]
父:ディープインパクト
母:リズムオブライト
母父:Beat Hollow
馬名の由来:未知の領域(接頭辞Xeno+Universeより)
前走:2歳未勝利・1着(2番人気)
(鞍上予定:O.マーフィー)

いざ未知の領域へ「ゼノヴァース」

中山2000mで行われた2歳未勝利戦を好タイムで勝利したゼノヴァース。
重賞という未知の領域でどんな走りを見せてくれるか。

他にも京成杯には未勝利戦を快勝したビターエンダーやキングオブドラゴン、デムーロ騎手と初コンビを組むヴィアメントなども出走を予定しています。

京成杯は2020年1月19日(日)の15時45分発走予定です。

京成杯2020の予想オッズ

予想オッズ

2020年・京成杯の予想オッズはこのように予想しています。
名牝アドマイヤグルーヴの血を引く良血馬・スカイグルーヴが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. スカイグルーヴ(2.5)
  2. ゼノヴァース(4.5)
  3. ヒュッゲ(5.0)
  4. ロールオブサンダー(6.5)
  5. ウインカーネリアン(7.5)
  6. ディアスティマ(14.0)
  7. ヴィアメント(18.0)
  8. ビターエンダー(25.0)
  9. キングオブドラゴン(30.0)
  10. クリスタルブラック(45.0)
  11. リメンバーメモリー(☆)
  12. ワスカランテソーロ(☆)
  13. キムケンドリーム(☆)
  14. カップッチョ(☆)
  15. フルフラット(☆)
  16. チュウワジョーダン(☆)
  17. コスモスタック(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

京成杯2020の日程・賞金

京成杯 2018 ジェネラーレウーノ

京成杯

日程・発走予定時刻
2020年1月19日(日)15時45分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
3,800万円

京成杯・プレイバック

京成杯2019 ラストドラフト

2019年・京成杯(GIII)

1着:ラストドラフト
2着:ランフォザローゼス(1-1/4馬身)
3着:ヒンドゥタイムズ(クビ)
4着:シークレットラン(1-1/4馬身)
5着:リーガルメイン(クビ)

勝ちタイム:2.01.2
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

動画・全着順をチェック!
京成杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の京成杯の着順は1着:ラストドラフト、2着:ランフォザローゼス、3着:ヒンドゥタイムズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レース後のコメント
1着 ラストドラフト(C.ルメール騎手)
「強かった。新馬戦の時も能力を発揮したが今回もすごくいい脚だった。スタートから元気いっぱい。ずっとリラックスして走っていて、加速することができた。良血で上のクラスに行けると思う。あけましておめでとうございます(笑)。」
関連記事
今後も注目のレースが続く!
東海ステークスは2020年1月26日に京都競馬場で行われる年始初のダート重賞。東海ステークスは2020年で第37回を迎え、今年は中京ではなく京都で開催される。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
アメリカジョッキークラブカップは2020年1月26日に中山競馬場で行われる冬の中距離G2戦。AJCCは2020年で第61回を迎え、昨年はシャケトラが優勝した。AJCCの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。