【京都2歳ステークス2019】結果・動画/マイラプソディが鮮やかに差し切りV

京都2歳ステークス2019 マイラプソディ

京都2歳ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の京都2歳ステークスの着順は1着:マイラプソディ、2着:ミヤマザクラ、3着:ロールオブサンダーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の京都2歳ステークスはマイラプソディが鮮やかに差し切りV

2019年11月23日(土) | 5回京都7日 | 15:40 発走
第24回 京都2歳ステークス(GIII)芝・右 2000m
Kyoto Nisai Stakes (G3)

スポンサーリンク

2019年・京都2歳ステークスの動画

関連記事

昨年の京都2歳ステークスはクラージュゲリエが制していた。

京都2歳ステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の京都2歳Sの着順は1着:クラージュゲリエ、2着:ブレイキングドーン、3着:ワールドプレミアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・京都2歳ステークスの結果

1着:マイラプソディ
2着:ミヤマザクラ(2馬身)
3着:ロールオブサンダー(3馬身)
4着:トウカイデュエル(2-1/2馬身)
5着:ジャストナウ(4馬身)
6着:ヒシタイザン
7着:ショウナンバレリオ
8着:インザムード
9着:ヴァルナ

勝ちタイム:2.01.5
優勝騎手:武豊
馬場:良

関連記事

G1・ホープフルステークスをにぎわす馬は?

ホープフルステークスは2019年12月28日に中山競馬場で行われる2歳の中距離G1戦。ホープフルステークスは2019年で36回目を迎え、昨年はサートゥルナーリアが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 マイラプソディ(武豊騎手)
「ここまでいい形でこれていますね。4コーナーで、一瞬だけ手応えがないような感じがあったんですが、1ハロンを切ってから本来の走りになってくれました。着差はなかったですが、今後につながる走りをしてくれました。ここまで、1、2、3戦目といい形できて、まだまだ伸びそう。精神面も幼いし、馬体ももっとよくなると思います」

(友道康夫調教師)
「返し馬でムキになっていたけど、ゲートも出たし、レースになれば折り合いもついてくれた。京都小回りが心配だったけど、エンジンがかかってからはしっかりと脚を使ってくれたね。レース後も落ち着いていたし、息の入りもよかった。東京とか広いコースがいいだろうね」

2着 ミヤマザクラ(O.マーフィー騎手)
「今日は勝った馬が強かったのひと言ですね。彼女のできることは、やれたと思います。距離はもっと延ばしてもいいと思うし、性格が良くて乗りやすい馬です。体もまだ成長する部分があり、来年も重賞で活躍できる馬だと思います」

3着 ロールオブサンダー(松山弘平騎手)
「今日はだいぶ、気合が乗っていました。状態も良かったし、前向きさがしっかりと出ていて、スタート良く自分のリズムでいい競馬をできました。スローでヨーイドンになるよりはと、セーフティーリードを保って早め早めの競馬を心がけていきました。長くいい脚を使うイメージでいって、よく踏ん張ってくれました。勝った馬が強かったです」

(橋口慎介調教師)
「今まで体が細く、減った体重を引きずっていましたが、食べたものが身になって体が戻りました。いいレースをしてくれました。現時点での力は出し切ったと思います。後ろは離しいていますが、上位2頭は強かったです。まだまだこれからの馬です。今後は馬の状態を見て考えます」

4着 トウカイデュエル(秋山真一郎騎手)
「馬場がボコボコして気にしていて、序盤で後ろの位置になったけど、最後は伸びてきました。これで、しっかりしてくれば」

5着 ジャストナウ(菱田裕二騎手)
「やはり、イレ込みますね。今日はストレスのない位置で運べて、折り合いは問題なかったけど、最後に脚があがりました。距離かもしれません」

6着 ヒシタイザン(幸英明騎手)
「左にもたれて、コーナーでロスがありました。そこが課題です。その辺りが良くなれば変わってくると思います」

7着 ショウナンバレリオ(池添謙一騎手)
「イレ込みがきついです。ハミを換えて、外にはる面はマシになっていましたが。体もまだ全然できていないし、もう少し精神面も体も成長して欲しいですね」

8着 インザムード(岩田康誠騎手)
「2000mの距離は少し長かったです。ワンターンのコースでレースをした方がいいかもしれません」

9着 ヴァルナ(C.スミヨン騎手)
「以前乗ったことがあるけど、今日は距離が延びていて、もう少し短い距離の方がいいのかなと感じました。道中も緊張気味で硬かったですし、距離が長すぎたかなという印象です」

勝ち馬プロフィール

京都2歳ステークス2019 マイラプソディ

マイラプソディ(My Rhapsody)牡2/青鹿毛 友道 康夫(栗東)
父:ハーツクライ 母:テディーズプロミス 母父:Salt Lake
馬名の由来:私+狂詩曲

関連記事
マイラプソディはこれで3戦3勝。来年のクラシックの主役候補に名乗りを上げた。
野路菊ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の野路菊ステークスの着順は1着:マイラプソディ、2着:グランスピード、3着:エキサイターとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。