【京成杯 2018】動画・結果/ジェネラーレウーノが抜け出し人気に応える

京成杯 2018 ジェネラーレウーノ

「京成杯 2018」の動画・結果です。京成杯の結果は1着:ジェネラーレウーノ、2着:コズミックフォース、3着:イェッツト。「ジェネラーレウーノ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

1番人気のジェネラーレウーノが直線で抜け出し人気に応える

2018年1月14日(日) | 1回中山5日 | 15:35 発走
第58回 京成杯(GIII)芝・右 2000m
Keisei Hai (G3)

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年の京成杯はコマノインパルスが優勝していた。
【京成杯 2017】動画・結果/コマノインパルスが一番人気に答え快勝
昨日行われた愛知杯はエテルナミノルが優勝した。
【愛知杯 2018】動画・結果/エテルナミノルが押し切りV
同日に行われた日経新春杯はパフォーマプロミスが優勝した。
【日経新春杯 2018】動画・結果/パフォーマプロミスが差し切り接戦を制する

結果

1着:ジェネラーレウーノ
2着:コズミックフォース(1/2馬身)
3着:イェッツト(1/2馬身)
4着:ライトカラカゼ(1-1/4馬身)
5着:サクステッド(クビ)
6着:ロジティナ
7着:ダブルシャープ
8着:スラッシュメタル
9着:タイキフェルヴール
10着:エイムアンドエンド
11着:コスモイグナーツ
12着:ヤマノグラップル
13着:デルタバローズ
14着:ジョリルミエール
15着:ギャンブラー

勝ちタイム:2.01.2
優勝騎手:田辺 裕信
馬場:良

レース後のコメント

1着 ジェネラーレウーノ(田辺裕信騎手)
「思っていた以上に速いスタートを切れました。折り合いは全然問題ないです。まだこの馬の本当の走りがよく分からないので、これからの成長が楽しみ。1頭だけになるとフワフワする部分が改善されてほしいですね」

2着 コズミックフォース(戸崎圭太騎手)
「本当はもう少し先団に行きたかったんだけどあの位置に。道中はリズム良く行けたし、ペースも速くて流れは向いたと思ったんですけどね」

3着 イェッツト(蛯名正義騎手)
「ペースが速くて戸惑っていたね。まだ気持ちと体が若いけど、それを補うだけの素質を感じさせる。大事に育てていけば変わってもおかしくない」

4着 ライトカラカゼ(大野拓弥騎手)
「折り合いというより、精神面での癖が強い馬だけど、今日に関してはよく走ってくれたと思う」

5着 サクステッド(吉田隼人騎手)
「気合乗りがすごく良かった。1角までのところでリズムよく行けたし、手応えもバッチリだった。ただ瞬発力の部分で分が悪かった」

6着 ロジティナ(内田博幸騎手)
「(勝負どころで)狭くなってしまったね。でも、初めての右回りで頑張っていたし、この経験が次につながれば」

7着 ダブルシャープ(田中勝春騎手)
「ロスが多い競馬になってしまった。力はある馬だと思うし、流れに乗れるようになってくれたら」

8着 スラッシュメタル(柴山雄一騎手)
「真面目すぎるくらいの馬で、道中はハミをかんでいた。最後に伸びてはいるんだけど…」

9着 タイキフェルヴール(北村宏司騎手)
「出来が良く感じたし、以前よりたくましくなっていた。現状はダートのほうがいいかもしれない」

10着 エイムアンドエンド(三浦皇成騎手)
「まだ気持ちに体がついていかない。現状は広いコースのほうがいいと思う」

11着 コスモイグナーツ(柴田大知騎手)
「気持ちが乗りすぎていたのか、緩急をうまくつけられなかった」

12着 ヤマノグラップル(柴田善臣騎手)
「3角くらいで苦しくなって、内にもたれていた。距離も少し長いかも」

13着 デルタバローズ(石橋脩騎手)
「返し馬からゆっくり行きたかったんだけど、ガツンと(ハミを)かんでいった。レースで我慢はしていたけど、抜け出してからふわっとした」

14着 ジョリルミエール(木幡初也騎手)
「これから経験を積んでいってくれたら」

15着 ギャンブラー(津村明秀騎手)
「行き脚がつかなくて、最後もなだれ込んでいくような形になった」

関連記事
来週は中山競馬場でアメリカジョッキークラブカップが開催される。
【AJCC 2018】出走予定馬・日程・賞金/寒さ吹き飛ぶアツい一戦

勝ち馬プロフィール

ジェネラーレウーノ(Generale Uno)牡3/青鹿毛 矢野 英一(美浦)
父:スクリーンヒーロー 母:シャンハイロック 母父:ロックオブジブラルタル
馬名の由来:一番の将軍(伊)

関連記事
注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(12/15・12/16)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする