【キーンランドカップ2023】出走馬・予想オッズ・枠順/北に集いし快速馬

キーンランドカップ2022 ヴェントヴォーチェ

キーンランドカップ2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。キーンランドCは2023年8月27日に札幌競馬場で行われる短距離G3戦。2023年で第18回を迎え、昨年はヴェントヴォーチェが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

北に集いし快速馬

2023年8月27日(日) | 2回札幌6日 | 15:35 発走
第18回 キーンランドカップ(GIII)芝・右 1200m
Keeneland Cup (G3)

2023年・キーンランドカップの出走予定馬たち

キーンランドカップの枠順決定!(8月25日)

キーンランドカップ2023 枠順

2023年・キーンランドカップの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではナムラクレアが7枠14番、キミワクイーンは2枠4番、ウインマーベルは3枠5番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

:ヴァトレニに騎乗予定だった横山和生騎手が8月26日、札幌8Rの下見所で落馬して左下肢の負傷と診断され、藤岡佑介騎手に乗り替わることが発表された。

2023年・キーンランドカップの追い切り・コメントをチェック!
キーンランドカップ2023の追い切り・コメントの記事です。キーンランドCの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(8月24日)

高松宮記念2022 ナランフレグ

2023年のキーンランドカップの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • ヴァトレニ(横山和生)
  • ウインマーベル(松山弘平)
  • ウォーターナビレラ(U.リスポリ)
  • カイザーメランジェ(江田照男)
  • キミワクイーン(横山武史
  • サトノアイ(佐々木大輔)
  • シナモンスティック(松岡正海)
  • シュバルツカイザー(J.モレイラ)
  • ジュビリーヘッド(西村淳也)
  • ゾンニッヒ(武豊
  • タイセイアベニール(L.モリス)
  • トウシンマカオ(鮫島克駿)
  • ナムラクレア(浜中俊)
  • ナランフレグ(丸田恭介)
  • レイハリア(亀田温心)
  • レッドベルオーブ(松田大作)
除外馬・回避馬
  • イーサンパンサー
  • コムストックロード
  • スノーテーラー
  • ブトンドール
  • マイネルジェロディ
  • ロードマックス
関連記事
武豊騎手はゾンニッヒに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/25・5/26)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
新潟2歳ステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。新潟2歳Sは2023年8月27日に新潟競馬場で行われるマイルG3戦。2023年で第43回を迎え、昨年はキタウイングが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

シルクロードステークス2023 ナムラクレア

札幌競馬場で行われるG3「キーンランドカップ」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ナムラクレア(Namura Clair)

ナムラクレア・4歳牝馬
父:ミッキーアイル
母:サンクイーン2
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2023年・シルクロードステークス
馬名の由来:冠名+女性名より

重賞3勝&高松宮記念2着、桜花賞3着など短距離界でトップクラスの実績を持つ快速牝馬。
洋芝実績もあり、ここではひとつ抜けた存在。
取りこぼせない。

キミワクイーン(Kimiwa Queen)

キミワクイーン・4歳牝馬
父:ロードカナロア
母:チェリーペトルズ
母父:ダイワメジャー
主な勝鞍:2023年・函館スプリントステークス
馬名の由来:屋号+女王

函館スプリントステークスを上がり最速タイムで駆け抜け重賞初勝利を挙げた新星。
北海道は2戦2勝と相性抜群の舞台。
ここを勝ってさらに女王の座に近づけ。

トウシンマカオ(Toshin Macau)

トウシンマカオ・4歳牡馬
父:ビッグアーサー
母:ユキノマーメイド
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2022年・京阪杯
馬名の由来:冠名+地名

前走は立ち回りが難しい1枠に入ったため思い切ってポジションを取りに行ったものの、ハイペースに巻き込まれ3着と悔しい結果となった。
今年の3走は馬場や枠に苦しめられて、本来の走りができていないだけにここらで鬱憤を晴らしたいところ。
昨年の4着より成長した姿が見せられるはず。

ナランフレグ(Naran Huleg)

ナランフレグ・7歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:ケリーズビューティ
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2022年・高松宮記念
馬名の由来:太陽(モンゴル語)+速く飛ぶ馬(モンゴル語)

昨年の高松宮記念以降勝ち星から遠ざかっているものの、その間もスプリンターズステークス3着や今年の高松宮記念4着などG1でいい競馬を見せている。
G1馬の意地を見せたいところ。

他にもキーンランドカップには昨年2着のウインマーベルやしらかばステークスをレコードタイムで制したシュバルツカイザー、昨年の函館2歳ステークス覇者のブトンドールなども出走を予定しています。

キーンランドカップは2023年8月27日(日)の15時35分発走予定です。

キーンランドカップ2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・キーンランドカップの予想オッズはこのように予想しています。
ナムラクレアが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ナムラクレア(2.5)
  2. キミワクイーン(6.0)
  3. ウインマーベル(7.0)
  4. ゾンニッヒ(8.5)
  5. シュバルツカイザー(9.5)
  6. トウシンマカオ(12.0)
  7. ジュビリーヘッド(14.5)
  8. シナモンスティック(19.0)
  9. ナランフレグ(26.0)
  10. ヴァトレニ(30.0)
  11. レッドベルオーブ(46.0)
  12. ウォーターナビレラ(☆)
  13. サトノアイ(☆)
  14. レイハリア(☆)
  15. カイザーメランジェ(☆)
  16. タイセイアベニール(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

キーンランドカップ2023の日程・賞金

キーンランドカップ

キーンランドカップ2021 レイハリア

日程・発走予定時刻
2023年8月27日(日)15時35分発走予定

場所・距離
札幌競馬場・芝・1200m


G3

1着賞金
4,300万円

キーンランドカップ・プレイバック

キーンランドカップ2022 ヴェントヴォーチェ

2022年・キーンランドカップ(GIII)

1着:ヴェントヴォーチェ
2着:ウインマーベル(1/2馬身)
3着:ヴァトレニ(1/2馬身)
4着:トウシンマカオ(1-1/4馬身)
5着:オパールシャルム(クビ)

勝ちタイム:1.09.1
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

動画・全着順をチェック!
キーンランドカップ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のキーンランドCの着順は1着:ヴェントヴォーチェ、2着:ウインマーベル、3着:ヴァトレニとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

キーンランドカップ2022 ヴェントヴォーチェ

レース後のコメント
1着 ヴェントヴォーチェ(C.ルメール騎手)
「自分のリズムで走ればいい瞬発力を使ってくれると思っていた。ゲートが速くなかったし、前に馬がいたので後ろの方になったけど、3、4コーナーでだんだんペースアップしてくれた。内側からスムーズな競馬ができました。重賞を勝ったし、上でもやれると思う」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
紫苑ステークスは2023年9月9日に中山競馬場で行われ、関東から秋華賞へ向かう馬にとって重要な一戦。紫苑ステークスは2023年で第8回を迎え、昨年はスタニングローズが制した。紫苑Sの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
セントウルステークスは2023年9月10日に阪神競馬場で行われる6ハロンの電撃戦。2023年で第37回を迎え、毎年スピード自慢が集う一戦。昨年はメイケイエールが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。