【JBCクラシック2018】結果・動画/ケイティブレイブが抜け出し快勝

JBCクラシック 2018 ケイティブレイブ

JBCクラシック2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:ケイティブレイブ、2着:オメガパフューム、3着:サンライズソアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

主役の座は譲らない!2018年のJBCクラシックはケイティブレイブが抜け出し快勝

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | 15:40 発走
第18回 JBCクラシック(JpnI)ダート・右 1900m
JBC Classic (Jpn1)

動画

関連記事

結果

1着:ケイティブレイブ
2着:オメガパフューム(3/4馬身)
3着:サンライズソア(1馬身)
4着:ノンコノユメ(1/2馬身)
5着:サウンドトゥルー(3/4馬身)
6着:アスカノロマン
7着:テーオーエナジー
8着:マイネルバサラ
9着:タガノゴールド
10着:オールブラッシュ
11着:センチュリオン
12着:カツゲキキトキト
13着:アポロケンタッキー
14着:テイエムジンソク
15着:クリソライト
16着:シュテルングランツ

勝ちタイム:1.56.7
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

レース後のコメント

JBCクラシック 2018 ケイティブレイブ

1着 ケイティブレイブ(福永祐一騎手)
「久しぶりの京都ダートでしたが、トップコンディションでしたし、自信を持って騎乗しました。あまり考えすぎず、リズムを守ることを考えていました。思ったより前が速くて置かれる形でしたが、あのような形でもGIを勝っていたので心配していませんでした。ルメール騎手が前にいたので、早めにつかまえにいったので、最後は際どくなりました。これまでコンビを組んできましたが、馬が完成してきて、充実しています。まだまだこれからだと思いますし、大きな舞台で活躍してくれるでしょう。ルヴァンスレーヴやゴールドドリームなどチャンピオンホースがいますが、それらに立ち向かうためにも今日は頑張りたいと思っていました」

2着 オメガパフューム(和田竜二騎手)
「ケイティと勝負だと思っていたし、理想的なところで運べたけど、外に馬がいなくて若さが出た」

(安田翔伍調教師)
「それでもあそこまで来ているから将来性は感じたけど、今後の課題ですね」

3着 サンライズソア(C.ルメール騎手)
「いい感じで運べたが、向こう正面から来られてペースが上がり、ラストは疲れてしまった。勝ち馬は強かったが、もう少しゆっくり運べていれば…」

4着 ノンコノユメ(内田博幸騎手)
「4つのコーナーも右回りももうひとつだけど、ゲートは前走よりましだった。コースロスなく乗って、直線は外からいい感じで伸びてるんだけどね。距離にめどがたったし、まだまだよくなる余地を残している」

5着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「終始インからの競馬になりましたが、辛抱強く走ってくれました。収穫のあるレースでした」

6着 アスカノロマン(太宰啓介騎手)
「道中は勝ち馬と同じ位置で4コーナーもスムーズでした。脚を使ってますし、安定して走れるようになってきましたね」

7着 テーオーエナジー(岩田康誠騎手)
「2番手からいい形で運べました。ラストは止まりましたが、この相手に頑張っていると思います」

8着 マイネルバサラ(戸崎圭太騎手)
「思った通りの位置から運べましたが、勝負どころから苦しくなった」

9着 タガノゴールド(下原理騎手)
「手応えよく運べたが、直線で止まってしまった」

10着 オールブラッシュ(C.デムーロ騎手)
「スタートはうまく出てくれたが、最後は疲れてしまった」

11着 センチュリオン(幸英明騎手)
「きょうは反応がひと息でした。使いながらよくなるタイプですし、次はもっと走れるはずです」

12着 カツゲキキトキト(大畑雅章騎手)
「思っていたより位置取りがうしろになってしまいました。最後は伸びてくれてるんですが」

14着 テイエムジンソク(古川吉洋騎手)
「2コーナー過ぎで口がきかなくなってハミをかんでしまった。調子は上がってきてたんだけど…」

15着 クリソライト(武豊騎手)
「体はできていたが、スピードにまだ対応できなかった」

16着 シュテルングランツ(的場文男騎手)
「いいところを取れたが、3コーナーで手応えがなくなってしまった」

関連記事

勝ち馬プロフィール

JBCクラシック 2018 ケイティブレイブ

ケイティブレイブ(K T Brave)牡5/栗毛 杉山 晴紀(栗東)
父:アドマイヤマックス 母:ケイティローレル 母父:サクラローレル
馬名の由来:冠名+勇士