【JBCレディスクラシック2019】結果・動画/ヤマニンアンプリメが鮮やかに差し切る

JBCレディスクラシック2019 ヤマニンアンプリメ

JBCレディスクラシック2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のJBCレディスクラシックの着順は1着:ヤマニンアンプリメ、2着:ゴールドクイーン、3着:ファッショニスタとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年のJBCレディスクラシックはヤマニンアンプリメが鮮やかに差し切る

2019年11月4日(月)浦和 第8競走 14:00発走
農林水産大臣賞典
第9回 JBCレディスクラシック(JBC Ladies’ Classic)JpnI
ダート 1400m(左)サラブレッド系 3歳以上 定量
1着賞金:41,000,000円

スポンサーリンク

2019年・JBCレディスクラシックの動画

関連記事

昨年のJBCレディスクラシックはアンジュデジールが制していた。

JBCレディスクラシック2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アンジュデジール、2着:ラビットラン、3着:ファッショニスタとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・JBCレディスクラシックの結果

1着:ヤマニンアンプリメ
2着:ゴールドクイーン(2馬身)
3着:ファッショニスタ(6馬身)
4着:ラーゴブルー(1-1/2馬身)
5着:ミッシングリンク(2馬身)
6着:レッツゴードンキ
7着:サラーブ
8着:アップトゥユー
9着:ストロングハート
10着:ミッキーオフィサー
11着:タイセイラナキラ
中止:モンペルデュ

勝ちタイム:1.24.5
優勝騎手:武豊
馬場:重

レース後のコメント

JBCレディスクラシック2019 ヤマニンアンプリメ

1着 ヤマニンアンプリメ(武豊騎手)
「非常にうれいしいです。ここに来るまでは忘れていましたが、レディスクラシックを勝つと完全制覇と言われたので、なおさら勝ちたいと思いました。(来年から新しいカテゴリーが増えるが)まずは完全制覇できたので、来年はそれにトライしたいと思います。状態の良さは返し馬から伝わっていたので、展開をしっかり見ながら乗ろうと思いました。馬も浦和が2度目で、冷静に走ってくれました。(ブリーダーズカップに参戦していた)アメリカから駆けつけて間に合って良かったです」

(長谷川浩大調教師)
「(JpnI初制覇)本当に嬉しいですし、ほっとした気持ちと感謝の気持ちで一杯です。昨日結構多くの雨が降り展開的にも厳しい部分がある中でしたが、武豊騎手が良いスタートを切ってうまく乗ってくれましたので、安心して見ていられました。今回武豊騎手は初コンビで、レース前には興奮しやすいところがあるのでゲートを気をつけるように、とだけ伝えていました。直線では、今までで一番叫びました。前走の後良い調教ができて自信の持てる仕上がりでしたので、あとは頑張ってくれとだけ願っていました。これからもまだまだ走ってくれると思いますので、今後についてはしっかりと疲れをとってからオーナーと相談して決めてゆきたいです。中村均元調教師のもとで弟子として学ばせていただき、助手の頃からヤマニンアンプリメに携わってきましたので感慨深いですし、中村先生にも良い報告ができます。今回メンバーが揃った中でヤマニンアンプリメを応援してくださった皆さまありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします」

2着 ゴールドクイーン(古川吉洋騎手)
「1コーナーで前につけられたのが良かったです。この馬の感じで走れていました。この馬のペース、少し速いペースで運べました。勝ち馬には早々に来られてしまいましたからね。この馬もこちらの期待には応えてくれましたが、1頭だけいたという感じです」

4着 ラーゴブルー(吉原寛人騎手)
「スタートして大きな音が聞こえたのでビックリしました。そのあとは(流れに)ついて行けました。手応えはなかったのですが、後ろからも来なくて、踏ん張ってくれました」

5着 ミッシングリンク(笹川翼騎手)
「ペースが速くてついて行けませんでした。4コーナーからは馬が頑張ってくれました。これくらいはしっかり走ってくれる馬ですし、中央の実績を考えれば当然だと思います。満足してはいけませんね。次は地方馬相手になると思いますが、しっかり乗りたいと思います」

6着 レッツゴードンキ(岩田康誠騎手)
「落馬の影響がありました。脚が掛かりそうになってしまい、レースどころではありませんでした」

勝ち馬プロフィール

JBCレディスクラシック2019 ヤマニンアンプリメ

ヤマニンアンプリメ(Yamanin Imprime)牝5/鹿毛 長谷川 浩大(栗東)
父:シニスターミニスター 母:ヤマニンエリプス 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+印刷する(仏)

関連記事
ヤマニンアンプリメは今年のクラスターカップ以来の重賞制覇となった。
クラスターカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のクラスターカップの着順は1着:ヤマニンアンプリメ、2着:ヒロシゲゴールド、3着:コパノキッキングとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。