【阪神牝馬ステークス2022】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

阪神牝馬ステークス2022 追い切り

阪神牝馬ステークス2022の追い切り・コメントの記事です。阪神牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2022年4月9日(土) | 2回阪神5日 | 15:35 発走
第65回 阪神牝馬ステークス(GII)芝・右・外 1600m
Hanshin Himba Stakes (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2022年・阪神牝馬ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
阪神牝馬ステークスは2022年4月9日に阪神競馬場で行われる古馬牝馬限定のG2戦。阪神牝馬ステークスは2022年で第65回を迎え、昨年はデゼルが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも桜花賞などが開催される。
桜花賞は2022年4月10日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2022年で第82回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はソダシが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ニュージーランドトロフィーは2022年4月9日に中山競馬場で行われる三歳マイル王への前哨戦。NZTは2022年で第40回を迎え、昨年はバスラットレオンが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

阪神牝馬ステークス2022の追い切りをチェック!

阪神牝馬ステークス2022 追い切り

阪神牝馬ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
桜花賞2022の追い切り・コメントの記事です。桜花賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アカイトリノムスメ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 66.5-51.5-37.4-11.5(馬なり)
パラレルヴィジョン(馬なり)の外0.3秒先行・同入

国枝調教師
「いい仕上がり。体もひと回り増えている。前走(エリザベス女王杯7着)は力んでいた。56キロは仕方ない。マイルには対応できる」
アンドヴァラナウト

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.9-37.9-24.5-11.9(馬なり)

池添学調教師
「時計の出やすい馬場だったけど、動きは良かった。前走は両サイドに馬がいて力んだのと、冬の芝が合わなかったことで対応できなかった」
クリスティ

最終追い切り
栗東・CW・良(松若)
6F 82.0-66.1-50.7-35.7-11.5(直強め)

杉山晴調教師
「松若が言うには“フラフラせず真っすぐ走っていた”そうなので前走より今回の方がいいと思う」
「前走時よりも動きは良くなっていますが、体の張りなどがピーク時に比べると物足りなさはあります」
クリノフラッシュ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.0-38.8-25.0-12.3(馬なり)

橋田調教師
「しまい重点でしたが、動きはすごく良かった。体調はかなり良さそうです」
コロラトゥーレ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.4-38.6-25.0-12.6(強め)

前原助手
「いつも通りの動きで、変わりなくきています」
ジェラルディーナ

最終追い切り
栗東・CW・良(幸)
6F 86.4-69.6-53.9-38.0-11.4(馬なり)

幸騎手
「しまいだけサーッと。動きは良かったし、(血統通り)いい馬ですね。大体、イメージ通りでした」

斉藤崇調教師
「戸惑うかもしれませんが、直線はいい脚を使ってくれると思います」

デゼル

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
4F 53.4-38.1-11.8(馬なり)

友道調教師
「先週しっかりやっているし、半マイルからサッとやりました。ようやく本来の動きが戻ってきた感じです」
テーオーラフィット

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.8-39.8-25.4-12.4(馬なり)

上村調教師
「休み明けの前走を使って良くなってきた。芝千六の条件は切れる馬が多いのでどこまでやれるか」
マジックキャッスル

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 66.3-50.9-36.8-11.8(馬なり)
ディエルメス(末強め)の内0.4秒追走・同入

国枝調教師
「ここ2戦(府中牝馬S15着、愛知杯9着)よりは馬の雰囲気が良くなった。昨年(2着)に近い出来はあると思う」
ムジカ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.4-38.8-25.2-12.4(馬なり)

鈴木孝調教師
「中2週なのでそんなにやっていないけど、この馬らしい小気味いい走りで、状態は良さそう」
メイショウミモザ

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 81.9-66.4-51.2-35.9-11.5(G前気合付)

池添兼調教師
「少し間隔があいているので、しまいしっかりやりました。時計も申し分ないし、言うことない」
ラルナブリラーレ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.5-38.2-24.7-12.0(末強め)

石坂調教師
「予定より少し速くなりましたが、疲れもなくてある程度やろうと思っていたので、内容は満足しています」
ローレルアイリス

最終追い切り
栗東・坂路・良(田村)
800m 56.3-40.3-25.7-12.5(馬なり)

杉山佳調教師
「コンディションを整えるように坂路でサラッと。操縦性は高く掛からないので、マイル戦を試してみたい」

2022年・阪神牝馬ステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2022年 阪神牝馬ステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・阪神牝馬ステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はニュージーランドトロフィーでジャングロに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/21・5/22)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
皐月賞は2022年4月17日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2022年で第82回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞春は2022年5月1日に阪神競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2022年で第165回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はワールドプレミアが制した。天皇賞春の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。