【阪神牝馬ステークス2019】結果・動画/ミッキーチャームが抜け出し重賞初制覇

阪神牝馬ステークス2019 ミッキーチャーム

阪神牝馬ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の阪神牝馬Sの着順は1着:ミッキーチャーム、2着:アマルフィコースト、3着:ミエノサクシードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の阪神牝馬ステークスはミッキーチャームが抜け出し重賞初制覇

2019年4月6日(土) | 2回阪神5日 | 15:35 発走
第62回 阪神牝馬ステークス(GII)芝・右 1600m
Hanshin Himba Stakes (G2)

スポンサーリンク

2019年・阪神牝馬ステークスの動画

関連記事
昨年の阪神牝馬ステークスはミスパンテールが制していた。

阪神牝馬ステークス 2018の動画・結果です。阪神牝馬ステークスの結果は1着:ミスパンテール、2着:レッドアヴァンセ、3着:リスグラシュー。「ミスパンテール」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・阪神牝馬ステークスの結果

1着:ミッキーチャーム
2着:アマルフィコースト(1/2馬身)
3着:ミエノサクシード(クビ)
4着:ダイアナヘイロー(アタマ)
5着:クロコスミア(アタマ)
6着:カンタービレ
7着:レッドオルガ
8着:ラッキーライラック
9着:サトノワルキューレ
10着:サラキア
11着:リバティハイツ
12着:ベルーガ
13着:メイショウオワラ
14着:ワントゥワン

勝ちタイム:1.33.6
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

関連記事
ミッキーチャームは昨年の秋華賞で2着に入っていた。

秋華賞2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アーモンドアイ、2着:ミッキーチャーム、3着:カンタービレとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

1着 ミッキーチャーム(川田将雅騎手)
「能力の高い馬なので、やっとひとつタイトルを取れて良かったと思います。必ず行く馬がいたのでハナにこだわるのではなく、自分のリズムを大事にしました。すごくいい雰囲気で我慢をしてくれて、1600メートルにも対応してくれました。これだけ上がりが速かったので、後ろを突き放せなかったけど、本当にいい脚を使ってくれました」

2着 アマルフィコースト(坂井瑠星騎手)
「前回は早めに抜ける形だったのでそこに気をつけました。よく粘っています。距離の選択肢が広がりましたし、賞金を加算できて良かったです」

3着 ミエノサクシード(川島信二騎手)
「いい位置を取れました。最後は後ろから差を詰められましたが、我慢してくれました。ここに来て状態が上がってきていますし、どこかで重賞を勝ちたいですね」

4着 ダイアナヘイロー(武豊騎手)
「本来の走りではなかったなかで頑張ったね。折り合いもついて距離をこなしてくれた」

5着 クロコスミア(岩田康誠騎手)
「力は残っていたけど、伸びかかったところでブレーキを踏んでしまった。もったいない競馬になった」

6着 カンタービレ(M.デムーロ騎手)
「狭いところでジリジリとしか脚が使えませんでした。マイルは大丈夫だったし、よく頑張っています」

7着 レッドオルガ(北村友一騎手)
「もう少しいいポジションを取りたかったです。3~4コーナーでスピードに乗っていけないというか、促しながらになってしまいました。能力があるので伸びてきてはいますが、位置取りが後ろになってしまったことと、3~4コーナーでうまくスピードに乗せられなかったのが敗因だと思います」

8着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「ゲートをフワッと出ましたが、焦ってもと思ったのが裏目に出ました。うまく誘導できず、かわいそうな競馬になってしまいました。普通にポジションを取って行けば…。前走より状態はよくなっていました」

勝ち馬プロフィール

阪神牝馬ステークス2019 ミッキーチャーム

ミッキーチャーム(Mikki Charm)牝4/鹿毛 中内田 充正(栗東)
父:ディープインパクト 母:リップルスメイド 母父:Dansili
馬名の由来:冠名+魅力