【フローラステークス2018】動画・結果/サトノワルキューレが外からまとめて差し切る

フローラステークス 2018 サトノワルキューレ

フローラステークス 2018の動画・結果です。フローラステークスの結果は1着:サトノワルキューレ、2着:パイオニアバイオ、3着:ノームコア。「サトノワルキューレ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

M.デムーロ騎手騎乗の1番人気・サトノワルキューレが外からまとめて差し切る

2018年4月22日(日) | 2回東京2日 | 15:45 発走
第53回 フローラステークス(GII)芝・左 2000m
Flora Stakes(Japanese Oaks Trial) (G2)

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年のフローラステークスはモズカッチャンが制していた。
【フローラステークス 2017】動画・結果/モズカッチャンが波乱を演出

結果

1着:サトノワルキューレ
2着:パイオニアバイオ(クビ)
3着:ノームコア(クビ)
4着:サラキア(1/2馬身)
5着:ファストライフ(1馬身)
6着:ウスベニノキミ
7着:レッドベルローズ
8着:ヴェロニカグレース
9着:ハイヒール
10着:デュッセルドルフ
11着:ノーブルカリナン
12着:ディアジラソル
13着:オスカールビー
14着:オハナ
15着:カーサデルシエロ
16着:ラブラブラブ

勝ちタイム:1.59.5
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

レース後のコメント

1着 サトノワルキューレ(M.デムーロ騎手)
「スタートはいつも早くないし内枠なので気にしていたが思った通りよくなかった。2000mは短いと思っていたのでじっくり後方から行った。東京の長い直線は合うと思っていたので自信を持って乗った。いい脚を使ってくれた。これからも楽しみです。」

(角居調教師)
「初の関東遠征で体重が落ちていたがカイバも食べていたし落ち着いていた。早くからオークスにと思っていた。デビュー時はカリカリしていたが落ち着きとカイバを食べるかに気をつかっていた。オークスに向けて体を増やしていけたらいいですね。」

2着 パイオニアバイオ(柴田善臣騎手)
「調教でも感じたが全体的にパワーアップしている。キレる馬ではないので今日のような展開になってよかった。まだまだよくなる馬。今日は惜しかったですね。」

3着 ノームコア(戸崎圭太騎手)
「まだ緩いところがある。ハミに乗っかって走るところもあるが全体的にはうまく走れていた。直線もしぶとくいってくれました。」

4着 サラキア(池添謙一騎手)
「ゲートは今までにないくらいに上手に出てくれた。でも前がごちゃついていたので腹をくくって内をついていったがやはり直線は壁になってしまって思い切り追えなかった。うまくさばけずに悔しい。ただ馬のポテンシャルは高いのでこれからやってくれると思います。」

6着 ウスベニノキミ(内田博幸騎手)
「道中ゴチャついたことによりリズムが崩れてしまいました。それでもここまで来ているのですから相当な力があります」

7着 レッドベルローズ(三浦皇成騎手)
「ゲートはうまく克服できた。もうひとつ前の外のポジションを取りたかったがリズム重視でいった。直線で脚色が衰えてしまった。でもますます体も大きくなっているし、これからとても期待できる馬ですね。」

14着 オハナ(石橋脩騎手)
「スタートは上手に出た。直線では左にもたれて、走る感じがなかったです。」

関連記事
フローラステークスの1・2着馬にはオークスへの優先出走権が与えられる。
【オークス2018】出走予定馬・日程・賞金/樫の女王の座をかけて

勝ち馬プロフィール

フローラステークス 2018 サトノワルキューレ

サトノワルキューレ(Satono Walkure)牝3/鹿毛 角居 勝彦(栗東)
父:ディープインパクト 母:ヒアトゥウィン 母父:Roi Normand
馬名の由来:冠名+北欧神話の半神

関連記事