【葵ステークス2023】追い切り/抜群の動きを見せたのは

葵ステークス2023 追い切り

葵ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。葵Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年5月27日(土) | 1回京都11日 | 15:35発走
第6回 葵ステークス(GIII)芝・右 1200m
Aoi Stakes (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・葵ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
葵ステークスは2023年5月27日に京都競馬場で行われる3歳限定の短距離戦。葵Sは2023年で第6回を迎え、昨年はウインマーベルが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも日本ダービーなどが開催される。
日本ダービーは2024年5月26日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2024年で第91回を迎え、昨年はタスティエーラが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
目黒記念は2024年5月26日に東京競馬場で行われるハンデG2戦。目黒記念は2024年で第138回を迎え、昨年はヒートオンビートが制した。目黒記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

葵ステークス2023の追い切りをチェック!

葵ステークス2023 追い切り

葵ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
日本ダービー2023の追い切り・コメントの記事です。日本ダービーの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
目黒記念2023の追い切り・コメントの記事です。目黒記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アンビバレント

最終追い切り
美浦・坂路・重(助手)
6F 86.9-70.3-55.0-39.8-12.3(馬なり)

青木調教師
「前回より良くなっている」
アームズレイン

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 79.5-65.0-51.5-36.7-11.6(稍一杯)
セオ(馬なり)の内0.4秒追走・0.1秒遅れ

上村助手
「力強く動けた。芝も大丈夫」
エレガントムーン

最終追い切り
栗東・坂路・良(鮫島駿)
800m 55.6-40.1-25.5-12.2(馬なり)

牧浦調教師
「動きはまずまず。状態は変わらずいい」
カンチェンジュンガ

最終追い切り
栗東・坂路・良(藤岡康)
800m 53.6-38.8-24.6-12.0(馬なり)

庄野調教師
「いい反応で動きは良かった」
コスモイグローク

最終追い切り
大井・ダート・重
5F 66.5-51.5-37.7-12.5(一杯)

宗形調教師
「前走ひと息も徐々に復調してきた」
コーパスクリスティ

最終追い切り
栗東・CW・良(西村淳)
6F 82.2-65.7-51.5-36.9-11.4(馬なり)

福永助手
「休み明けでも動きはいい」
タツダイヤモンド

最終追い切り
栗東・坂路・良(菱田)
800m 52.9-37.3-24.0-12.2(馬なり)

菱田騎手
「初めて乗りましたが乗りやすくてスピードがあった」

鮫島調教師
「最近は掛からなくなっている。重賞でどれだけやれるか」

タマモブラックタイ

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 82.1-66.8-51.9-37.1-11.6(一杯)
メイショウポペット(馬なり)の外1.2秒追走・0.2秒先着

角田調教師
「CWコースの外を回って、いい動き」
テラステラ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.3-38.1-24.5-12.3(末強め)

宮内助手
「時計も悪くなかったし、いい動き」

安藤助手
「しっかり乗り込んだ。1200メートルは合う血筋。流れひとつ」

トラベログ

最終追い切り
美浦・南W・重(助手)
6F 80.8-65.6-52.2-38.0-12.0(馬なり)

トールキン

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.5-37.7-24.6-12.6(末強め)

西園正調教師
「先週坂路で好時計が出ているし、いい状態」
ビッグシーザー

最終追い切り
栗東・坂路・良(幸)
800m 50.9-36.5-23.9-12.1(末強め)

西園正調教師
「完歩が大きくて伸びのある動き。前走後の休養で首が太くなったことで、より短距離向きの体形になってきました」
ブーケファロス

最終追い切り
美浦・坂路・重(助手)
800m 54.3-39.3-25.8-13.1(強め)
マイネルコロンブス(末強め)を0.5秒追走・0.1秒先着

清水英調教師
「古馬と併せた稽古の内容には満足。チャンスがあっていい」
ペースセッティング

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.4-39.7-25.3-12.0(末強め)

安田隆調教師
「少し硬さはあるけど前走と変わらず順調」
メイショウピース

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
4F 53.9-37.3-11.4(強め)

高橋亮調教師
「変わらずいい雰囲気」
モズメイメイ

最終追い切り
栗東・坂路・良(武豊)
800m 50.3-36.5-24.0-12.4(馬なり)
アードラー(一杯)を0.1秒追走・1.2秒先着

武豊騎手
「いいね。相変わらず動く。本質はスプリンターだと思う。距離が短くなるのはプラスでしょう」
ヤクシマ

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 84.0-67.9-52.5-37.3-11.6(強め)

寺島調教師
「動きが良く、体も増えて出来は安定している」
ルガル

最終追い切り
栗東・坂路・良(団野)
800m 51.3-37.1-24.0-11.7(末強め)

団野騎手
「いいスピード。前走の勝ちっぷりが良かったので楽しみ」

杉山晴調教師
「スタートセンスがいいし、距離短縮自体は心配していない。京都も合う」

2023年・葵ステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 葵ステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・葵ステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はモズメイメイに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/25・5/26)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
安田記念は2024年6月2日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2024年で第74回を迎え、昨年はソングラインが制した。安田記念の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
宝塚記念は2024年6月23日に京都競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦。宝塚記念は2024年で第65回を迎え、昨年はイクイノックスが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。