【日本ダービー2023】追い切り/調教を見てわかる事

日本ダービー2023 追い切り

日本ダービー2023の追い切り・コメントの記事です。日本ダービーの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

調教を見てわかる事

2023年5月28日(日) | 2回東京12日 | 15:40 発走
第90回 日本ダービー(GI)芝・左 2400m
Tokyo Yushun(Japanese Derby) (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・日本ダービーの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
日本ダービーは2024年5月26日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2024年で第91回を迎え、昨年はタスティエーラが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも目黒記念などが開催される。
葵ステークスは2023年5月27日に京都競馬場で行われる3歳限定の短距離戦。葵Sは2023年で第6回を迎え、昨年はウインマーベルが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
目黒記念は2024年5月26日に東京競馬場で行われるハンデG2戦。目黒記念は2024年で第138回を迎え、昨年はヒートオンビートが制した。目黒記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

日本ダービー2023の追い切りをチェック!

日本ダービー2023 追い切り

日本ダービーに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
葵ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。葵Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
目黒記念2023の追い切り・コメントの記事です。目黒記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
グリューネグリーン

1週前追い切り
美浦・南W・良(石川裕)
6F 82.9-66.2-51.9-37.9-11.7(強め)
ライラック(馬なり)の外0.5秒先行・0.1秒遅れ

相沢調教師
「びっしりやりました。悪くない。前走は道悪の内枠で参考外。緩さが解消されてだいぶ良くなった」

最終追い切り
美浦・南W・重(石川裕)
6F 84.8-68.2-53.0-38.3-11.7(馬なり)
ライラック(馬なり)の外2.3秒先行・同入

相沢調教師
「馬を近づけて、ピッタリ併せる形で闘争心を引き出す狙いだった。予定通りだし、仕上がりはいいです。距離は何とも言えないけど、おばあさん(ウメノファイバー)はオークス馬だからね。未勝利を速い時計で勝っているので、府中の良馬場はいいと思うし、言い訳にはしたくない。頑張ってほしい」
5枠9番について
相沢調教師
「内の有力馬を見ながらうまく2、3番手につけられると思うよ。そういう形が理想」
サトノグランツ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 58.1-42.3-27.2-12.9(馬なり)

友道調教師
「しまいだけやって元気いっぱい。使うごとに良くなっている」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.7-39.9-25.3-11.9(馬なり)

友道調教師
「ラストは11秒台が出たし、ゴールを過ぎてからの勢いもよかった。前走以上の具合のよさですね。皐月賞組など相手は強いですが、一戦ごとに力を付けていますからね。東京の2400メートルも合っていると思います」
「日曜(21日)にしっかり追ったので、今朝は坂路でしまいの1~2ハロンを伸ばす程度。いい感じに仕上がっています。前走以上の具合の良さだと思います」
8枠18番について
大江助手
「周りの出方を見ながら行ければ。ワグネリアンでピンク帽(17番)から勝った実績もある。厩舎とジョッキーが団結して勝ちを取りにいきたい」
シャザーン

1週前追い切り
栗東・CW・良(岩田望)
7F 95.8-64.2-50.0-35.7-11.1(一杯)
ノーブルクライ(一杯)の内1.0秒追走・0.3秒先着

友道調教師
「動きは良かったし、ジョッキーも皐月賞より良くなっていると言っていた。東京2400メートルはいいと思う」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.3-40.0-25.3-12.0(馬なり)

友道調教師
「動き、息の入りともに良かった。皐月賞の時よりワンランクアップしている。父はロードカナロアだけど、同世代の2400メートルなら問題ない。(出走)18番目に入れて、運もある」
5枠10番について
大江助手
「スタート次第でいろんな競馬をできる強みがあるので枠はどこでも。フレッシュな状態を保っている。前走(皐月賞6着)は緩い馬場を気にして脚を取られていたが3着馬とは差はなかった。良馬場で改めて」
ショウナンバシット

1週前追い切り
栗東・CW・良(M.デムーロ)
6F 82.4-67.0-52.4-37.3-11.1(一杯)
フリームファクシ(末一杯)の内1.1秒先行・クビ遅れ

須貝調教師
「併せ馬でびっしりと負荷をかけたかった。遅めの時間帯でこれだけ動ければいいと思う」

最終追い切り
栗東・CW・良(M.デムーロ)
5F 69.8-53.5-37.9-11.3(馬なり)
フリームファクシ(馬なり)の内0.5秒先行・同入

M.デムーロ騎手
「調教ではピリピリしていたけど、馬場入りは落ち着いていた。動きも良かったね。コース自体はいいと思う」

須貝調教師
「先週、すごい時計を出しているし、今週は気持ちを乗せる程度。ミルコ(デムーロ騎手)も『いい』と言っていました」

榎本助手
「素軽さが出て、リラックスできていました。またがった感じでもいい雰囲気できていますよ」

3枠6番について
北村助手
「同じ厩舎で隣同士だから安心感があります。1角まで短いから、ここならいい位置がとれていいと思います。極端な外に入るより良かったですね」
シーズンリッチ

1週前追い切り
美浦・南W・良(戸崎)
6F 80.8-65.5-50.9-37.1-11.7(強め)
サンダーブリッツ(馬なり)の内1.1秒追走・同入

戸崎騎手
「久しぶりに乗りましたけど、すごくバランスが良くなっている印象を受けました。ゆったりした馬なので広いコースは合うのではないかと思っています」

池内助手
「予定通り順調に来たことが何より。不安なくここまで来た」

最終追い切り
美浦・南W・重(戸崎)
6F 83.2-66.6-51.2-36.7-11.7(馬なり)
サンダーブリッツ(馬なり)の内0.5秒追走・同入

戸崎騎手
「気持ち良く動けていた。以前は(前に)伸びたフォームだったけど、いい感じに起きた走りができている。乗りやすい馬なので距離もこなせていい」
7枠13番について
池内助手
「奇数は問題ない。ゲートも気にならないので」
スキルヴィング

1週前追い切り
美浦・南W・良(助手)
7F 97.5-67.7-52.8-38.6-11.7(馬なり)
オクタヴィアヌス(馬なり)の内0.3秒追走・同入

木村調教師
「きのうの調教である程度のやる気と元気が感じられたので、速いタイムを用意する必要はないかなと。予定通りにできました」
「元気さを感じたので、速いタイムでをやる必要はなかった。ゆりかもめ賞のあとは疲れをとるのに苦労したけど、青葉賞後はそこまでじゃない。割とタフになってきたし順調です」

最終追い切り
美浦・南W・重(助手)
6F 84.8-67.8-52.3-37.9-11.2(G前仕掛け)
マローディープ(馬なり)の内0.2秒追走・同入

木村調教師
「決して物足りなかったからではなく、スペースがあったから(負荷をかけた)。前走後も馬体はしぼまず、元気がいい」

太田助手
「短期放牧を挟みましたが、変わらず順調ですね。前走はまだ仕上がり途上の段階でしたし、緩さを残す現状でもありますが、それだけ上積みも大きいはず。レース当日まで少しでも状態を上げていきたいです」

1枠2番について
太田助手
「ゲートを出てからの二の脚がまだ安定しないところがあるので、そのあたりを内枠でカバーできれば。馬自身は追い切り後も体がいい方に反応している」
ソールオリエンス

1週前追い切り
美浦・南W・良(横山武)
6F 80.8-66.5-52.0-37.5-11.1(G前仕掛け)
ドゥラモンド(強め)の内1.0秒追走・0.4秒先着

横山武騎手
「順調。いい反応でしたね。皐月賞前とは特に変わりない。左回りでは初めて乗ったけど、それも問題なさそう。広々とした東京に替わるのはいいと思います」
「コーナーで指示していないところで手前を替えるのは、それだけ踏ん張り切れていないんだと思います。それでこれだけの脚を使えているのは素晴らしいですね」

手塚調教師
「皐月賞の1週前より、余裕があって動きは良かった。時計も思っていたくらい。直線の伸びはさすがG1馬でしたね。体は余裕があるように見えるけど、計量すると変わらない。心肺機能とか中身は良くなっていると思います」
「きょうの追い切りを見てダメだと思う人はいないでしょう」

最終追い切り
美浦・南W・重(横山武)
6F 84.3-68.0-52.4-37.4-11.3(馬なり)
ベストフィーリング(馬なり)の内0.6秒追走・0.2秒先着

横山武騎手
「先週同様、馬の後ろで我慢させてしまい伸ばす形。思ったより(前に)出過ぎたけど、いい動きでした。先週よりリラックスできていたし、具合は一段上がった印象があります」

手塚調教師
「1週前にしっかりやっているので、当該週は感じをみてもらって、最後は併入のイメージでちょっと出ましたが、時計的にもこちらが考えている通りの時計だったので、動きも時計もよかったです」

3枠5番について
平塚助手
「言うことないです。いいところ。皐月賞で最内枠をはねのけて結果を出してくれているのでダービーはどこでもいいと思っていたけど、ここなら問題ない」
タスティエーラ

1週前追い切り
美浦・南W・良(レーン)
6F 83.3-66.7-51.4-36.4-11.0(G前仕掛け)
ルコルセール(馬なり)の外0.1秒先行・0.4秒先着

レーン騎手
「1週前なのでしっかりと。ラスト1ハロンでスピードを出す感じで、いい脚を使ってくれました。2週前と比べて大きな変化はなくても、仕上がりの段階としてはさらに良くなっています。さまざまな展開に対応できそうなタイプですね」

堀調教師
「今月3日にノーザンファーム天栄から帰厩。DDSP(喉鳴り)の症状はレースまでには徐々に解消してくるはず。暑さで体が減る時季でもあるので、調教のさじ加減をうまくやっていきたい」

最終追い切り
美浦・南W・重(レーン)
5F 67.1-51.9-37.5-11.1(馬なり)
デイライト(末強め)の内0.5秒追走・0.2秒先着

レーン騎手
「今朝の手応えは非常に良かったです。最後(手綱を)放したところでいい脚を見せてくれた。体つきや精神面など毎回乗るたびに良くなっている。健康的でハッピーホース。間違いなく順調です」

堀調教師
「1週前追い切りで大体、いろんな部分が整ってきていましたので、今週は最終確認で、微調整の予定でした。非常に反応が良くて、特段仕掛けたりすることなく、スムーズに加速できていたところと、息が非常にクリアでフィットしているなという部分が、いいコンディションだなと感じました」

ドゥラエレーデ

1週前追い切り
栗東・CW・良(坂井瑠)
6F 81.3-65.4-50.5-35.8-11.5(一杯)

池添調教師
「バランスが取れていたし時計も十分。海外帰りだが早めに(トレセンに)戻して順調だし、来週はやり過ぎないように微調整の予定です。距離はやってみないとだけどリズム良く運べれば」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.5-38.3-24.0-11.6(強め)

池添調教師
「1週前にしっかりとやっているので、今週はオーバーワークを避けて(4ハロン)54秒の指示。ラスト300メートルで手綱を緩めて人間が加速についていく感じだったが、すごい時計だった。馬自身、体が減るでもなく、張りが出ている。自分のリズムで走れたら、距離もこなせると思う」

大下助手
「順調です。気負っている感じはありません。東京は走っているし、輸送も経験しているので」

8枠17番について
池添調教師
「スタートが上手なんで内の方がいいポジションに付けられると思ったけど…。ポジティブに考えれば包まれることのない枠ですね。できるだけ外は回されたくないですね。スタートが肝心。後はジョッキー(坂井)に任せます」
トップナイフ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
7F 97.0-65.8-51.6-37.0-11.8(一杯)
スカイフォール(馬なり)の外0.1秒追走・同入

昆調教師
「調整はしっかりしているが、日曜(14日)が坂路でかなり動きが良かっただけに今週は少し物足りなかった」

昆助手
「バランスや手前の替え方が良かったです。体重はそう変わっていませんが、カイバをしっかり食べていますし、筋肉量が増えています」

最終追い切り
栗東・CW・良(横山典)
6F 82.6-66.9-51.9-37.1-11.5(G前仕掛け)
ヒルノグラスゴー(馬なり)の外0.3秒追走・0.6秒先着

昆調教師
「いろんなことを積んできた。消耗もせず、経験値が上がってきている。数を使ったことがプラスになる」

昆助手
「気分が乗っていて馬が走りたい雰囲気を出していました。気持ちも前向きで、状態はいいです」

2枠4番について
昆助手
「偶数で内めなのでいいんじゃないですか。スムーズに出られれば、自然といつも通りの競馬をしてくれると思います。(前走については)後ろからになりましたけど、前が激しくなったのもありますし、結果的に良かったと思います。ダメージもそうなかったので」
ノッキングポイント

1週前追い切り
美浦・南W・良(北村宏)
7F 95.0-64.7-50.3-36.5-11.5(馬なり)
ボールドゾーン(一杯)の内0.4秒追走・同入

木村調教師
「レース間隔も空いている。可動域を広げる意味と眠っているものを起こすイメージ」

太田助手
「ずいぶん馬がしっかりして調教も攻められているし、馬もそれに応えてくれている」

最終追い切り
美浦・南W・重(北村宏)
6F 83.8-67.5-52.1-37.5-11.3(馬なり)
オールマイデイズ(強め)の内0.5秒追走・同入

北村宏騎手
「先週にしっかり調教をこなして息遣いも良かったですが、今週も隙なく集中して走れていた。走法的にも体力的にも距離はあまり心配なさそうです」
7枠15番について
太田助手
「できればもう少し真ん中から内が良かったが、ジョッキーが考えて乗ってくれると思う」
パクスオトマニカ

1週前追い切り
美浦・南W・良(田辺)
6F 85.8-68.9-53.5-39.0-12.5(馬なり)
アマレロフレイバー(馬なり)の内1.0秒追走・0.4秒先着

田辺騎手
「レース間隔が短いですし、変わりないのがいい。前回のダメージが全然ないのがいいですね。(最後のトライアルで)権利を取って滑り込み、ずっとお世話になっている久保田先生とダービーに臨めるのがうれしい。一緒に楽しみたい」

最終追い切り
美浦・南W・重(田辺)
6F 82.5-66.8-51.9-37.4-11.9(強め)

田辺騎手
「ボチボチといった感じ。前走のダメージは少なかったし、体調は変わりない。スタートが良ければそのまま(ハナに)行きたい」

久保田調教師
「パクスオトマニカは実戦型なので調教ではさほど動かない。前走を余力残しで勝ってくれたので体調面も問題ない。スタミナ血統なので自分でレースをつくって持久力勝負に持ち込みたい」

8枠16番について
池内助手
「内に越したことはないかな。こればかりはしょうがない。スタートは上手な馬なので奇数、偶数な気にしていない」
ハーツコンチェルト

1週前追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 82.1-66.7-52.1-37.8-11.7(馬なり)
アレグロモデラート(馬なり)の外1.2秒先行・同入

武井調教師
「前走は3頭併せの真ん中で気合を入れたら、馬群を割って出てきてレースで結果が表れた。さらに上げられたし逆転の可能性はありそう。ダービーに行きたいと思って、デビュー戦(8馬身差V)から松山騎手に頼んできたくらいだから」

最終追い切り
美浦・南W・重(助手)
6F 81.9-65.6-51.3-37.2-11.4(馬なり)

武井調教師
「すごくいい動きでした。やる気がありながら折り合いもついて完璧だったと思います。求めていた感触に近づいてきました」
6枠11番について
武井調教師
「後ろからになるから外めだったらどこでも良かった。(緑色の枠に関しては)勝負服と一緒で見栄えがしますね」
ファントムシーフ

1週前追い切り
栗東・CW・良(武豊)
6F 81.0-65.6-50.7-35.9-11.0(一杯)
ソリタリオ(一杯)の内0.5秒追走・0.8秒先着

武豊騎手
「しっかり負荷をかけて、いい動きでした。気合も乗っていて、息遣いや反応は先週より良かった。癖はなさそうで、いろんなレースができそうなイメージ。中山だと3、4コーナーが大事だけど東京は直線が長い。かみ合えば、勝つチャンスはある」

最終追い切り
栗東・CW・良(武豊)
6F 84.3-68.5-52.8-37.4-11.3(馬なり)
ソリタリオ(一杯)の内0.6秒追走・クビ先着

武豊騎手
「先週しっかり動いていたので、それほど強くなり過ぎないように。動きはすごく良かったですし、雰囲気もいい。かなり状態はいいと思う。中山の2000メートルより東京の2400メートルの方が条件的にいいと思う。チャンスはあると思うので、7勝目を狙いたい」

梛木助手
「元気いっぱいでした。いい仕上がりだということでしょう。力を出し切ってほしいですね」

7枠14番について
梛木助手
「武豊さんと“極端な外でなければ”と話していましたし、(後入れの)偶数はいいですね。競馬を組み立てやすい枠だと思います」
フリームファクシ

1週前追い切り
栗東・CW・良(吉田隼)
6F 81.3-65.6-51.3-36.6-11.1(末一杯)
ショウナンバシット(一杯)の外1.1秒追走・クビ先着

須貝調教師
「(1週前追いは馬場が荒れた時間帯で)あれだけ動ければ十分。折り合いもついていた。もっとやれていい馬」

最終追い切り
栗東・CW・良(吉田隼)
5F 69.3-53.0-37.5-11.2(馬なり)
ショウナンバシット(馬なり)の外0.5秒追走・同入

須貝調教師
「隼人(吉田騎手)も3週続けて乗っているし、状態はいいよ。前走は馬場をすごく気にして、リズムが取れなかった。広い舞台もいいと思うし、良馬場でやらせてあげたいね」

山田助手
「いろんな刺激を与えても落ち着いていました。在厩調整でじっくり体を作りこんできました」

4枠7番について
北村助手
「(奇数枠については)以前ほどうるさいところがなくなっているので大丈夫かな」
ベラジオオペラ

1週前追い切り
栗東・CW・良(横山和)
7F 99.4-68.5-54.2-38.5-11.2(馬なり)
アームズレイン(末強め)の内1.0秒追走・クビ先着

横山和騎手
「1週前ということで感触を確かめてほしいとの指示でした。しっかりコンタクトが取れて、リズムも良かったです」

最終追い切り
栗東・CW・良(横山和)
6F 86.2-70.8-55.6-38.9-12.0(馬なり)
デビットバローズ(馬なり)の内0.6秒追走・0.2秒遅れ

横山和騎手
「先週にある程度やって雰囲気も変わってきてる。やる気が出て、前進気勢も強めに出ている。トモの感じも先週よりまとまったきた」

月野木助手
「ゲートが遅いわけではないですが、念のために駐立の確認をしました。状態はすごくいい」

1枠1番について
上村調教師
「良馬場でやれそうですし、絶好枠ですね。ロスなく回ってこられますし、ジョッキーも乗りやすいと思います。前回と違って短期放牧でリフレッシュしていますし、精神的には楽だと思います。距離は走ってみないとわかりませんが、折り合いは問題ありません」
ホウオウビスケッツ

1週前追い切り
美浦・南W・良(丸田)
6F 83.9-67.1-51.7-37.2-11.3(馬なり)
フォーヴィスム(強め)の外0.7秒先行・0.2秒先着

丸田騎手
「馬にプレッシャーをかけたが、スムーズな動き。いいものを持っているのを実感した」

河崎厩務員
「この中間で体も精神も凄く成長している。前走は負けすぎたが、あんなものじゃない」

最終追い切り
美浦・南W・重(丸田)
5F 68.5-52.6-38.1-11.3(馬なり)

丸田騎手
「コンディションがいいですね。馬の走りがいい。前に馬を置いて、リズム良く走ることができました。ハミも取ったし、フォームもいい。皐月賞の疲れを聞かれますけど、バランスがいいし、馬体の緩さも現状では締まってきていると思います」
2枠3番について
奥村武調教師
「ずっと先入れでやっていますし、奇数、偶数は関係ないですし、最高の枠じゃないですか。ある程度(前に)行きやすい枠で良かった」
メタルスピード

1週前追い切り
美浦・南W・良(津村)
6F 81.1-65.7-51.5-36.9-11.0(馬なり)
トキメキ(一杯)の内0.8秒追走・0.2秒先着

津村騎手
「前走よりさらに一段階上がっている感じ」

相田助手
「追い切り後も順調。皐月賞よりいいぐらい。成長していて1週前追いに騎乗したジョッキー(津村)も上機嫌だった」

最終追い切り
美浦・南W・重(津村)
5F 66.6-51.8-37.4-11.0(馬なり)
ホウオウノーサイド(直一杯)の内0.8秒追走・0.1秒先着

津村騎手
「状態はメチャメチャいいですね。皐月賞のときはローテがきつかったので現状維持という感じでしたが、今回は間隔がありましたから。距離はやってみなければわからないけど、レースにいって操縦性が高い馬です」

斎藤誠調教師
「持ったままであの時計が出たし、ジョッキーもすごくいい感触。歩様もすごくいい。楽しみを持ってダービーへ行けます」

4枠8番について
相田助手
「内の方が良かったけど、真ん中の偶数なのでね。いつも通り運動をして変わりなくきています」

2023年・日本ダービーの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 日本ダービー|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・日本ダービーの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はファントムシーフに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/25・5/26)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
安田記念は2024年6月2日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2024年で第74回を迎え、昨年はソングラインが制した。安田記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
宝塚記念は2024年6月23日に京都競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦。宝塚記念は2024年で第65回を迎え、昨年はイクイノックスが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。