【青葉賞2022】結果・動画/プラダリアが鮮やかに差し切る

青葉賞2022 プラダリア

青葉賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の青葉賞の着順は1着:プラダリア、2着:ロードレゼル、3着:エターナルビクトリとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の青葉賞はプラダリアが鮮やかに差し切る

2022年4月30日(土) | 2回東京3日 | 15:45 発走
第29回 青葉賞(GII)芝・左 2400m
Aoba Sho(Japanese Derby Trial) (G2)

スポンサーリンク

2022年・青葉賞の動画

関連記事
昨年の青葉賞はワンダフルタウンが制していた。
青葉賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の青葉賞の着順は1着:ワンダフルタウン、2着:キングストンボーイ、3着:レッドヴェロシティとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・青葉賞の結果

スポンサーリンク

1着:プラダリア
2着:ロードレゼル(1/2馬身)
3着:エターナルビクトリ(1/2馬身)
4着:グランシエロ(1-1/4馬身)
5着:レヴァンジル(2馬身)
6着:アスクヴィヴァユー
7着:ロンギングエーオ
8着:クワイエットホーク
9着:サンライズエース
10着:メイショウウネビ
11着:ジャスティンスカイ
12着:オウケンボルト
13着:ディライトバローズ
取消:ダノンギャラクシー

勝ちタイム:2.24.2
優勝騎手:池添 謙一
馬場:良

関連記事
G1・日本ダービーをにぎわす馬は?
日本ダービーは2022年5月29日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2022年で第89回を迎え、昨年はシャフリヤールが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

青葉賞2022 プラダリア

1着 プラダリア(池添謙一騎手)
「初めて乗った時にクラシックを意識したけど2戦うまく乗れなくて、その後はダービーに切り替え、しっかり権利を取れて良かった。(弟の学調教師と)今年も一緒にダービーに向かっていけることがすごくうれしい。まだ成長していかなければいけない修正点はあるけど、持っている素質はいいものがあるのでこのまま無事にダービーに行ってほしい」

(池添学調教師)
「期待していた馬でホッとしました。正直マイナス体重で出てくるかと思いましたが、プラス2kgで出てきて、次へ向けて輸送も心配ないことが分かったので良かったです。目一杯の仕上げで来たのではなく、ダメならダメで仕方ないと思っていました。いずれは良くなる馬で、まだ緩さもあるので……。折り合いも問題ありませんし、終いも確実に脚を使ってくれます。来週いっぱいは休ませて、疲労を取ってダービーへ向かいたいです」

2着 ロードレゼル(川田将雅騎手)
「課題だらけで修正するところが多い馬でしたが、ダービーの権利は取れたので、最低限の仕事はしてくれたと思います」

3着 エターナルビクトリ(武豊騎手)
「惜しかったですね。返し馬でだいぶ引っ掛かったので、レースでは折り合いに専念するしかなかった。スパッとはキレないが、折り合いがつけばいい脚を使ってくれる」

4着 グランシエロ(三浦皇成騎手)
「外枠から内にもぐれて、直線も内から割っていいところまでいきました。勝ち馬には一瞬で離されましたが、最後もきていますからね。現状できることはやりました。これからの馬なので楽しみです」

5着 レヴァンジル(D.レーン騎手)
「そこそこペースが流れてリズム良く競馬ができた。手応えも良かったが、思ったよりも伸びませんでした」

6着 アスクヴィヴァユー(菅原明良騎手)
「道中でハミを取らせることができずにフワフワしてしまいました。もう少しポジションを取りたかった。最後は離される形で苦しくなりました」

7着 ロンギングエーオ(石橋脩騎手)
「上手に競馬をしてくれました。厩舎がうまく仕上げてくれましたし、直線も頑張ってくれました」

8着 クワイエットホーク(岩田望来騎手)
「出遅れて後ろからになってしまいました。3~4角で上がっていって、脚を使えそうな雰囲気はありました」

9着 サンライズエース(大野拓弥騎手)
「もう少し折り合いをつけたかったですが、リズムが悪くなってしまいました」

10着 メイショウウネビ(松岡正海騎手)
「勝った馬の後ろでうまく運べましたが、4角でペースが上がった時についていけませんでした」

11着 ジャスティンスカイ(横山武史騎手)
「今回は前回良くなかったゲートも良く、折り合いもつきました。ただ、直線では全く伸びませんでした」

12着 オウケンボルト(M.デムーロ騎手)
「前に行けて、いい形で運べましたが、最後は思ったより伸びませんでした」

勝ち馬プロフィール

青葉賞2022 プラダリア

プラダリア(Pradaria)牡3/鹿毛 池添 学(栗東)
父:ディープインパクト 母:シャッセロール 母父:クロフネ
馬名の由来:草原(ポルトガル語)