【サウジアラビアロイヤルカップ2022】結果・動画/ドルチェモアが差し切りV

サウジアラビアロイヤルカップ2022 ドルチェモア

サウジアラビアロイヤルカップ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のサウジアラビアRCの着順は1着:ドルチェモア、2着:グラニット、3着:シルヴァーデュークとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のサウジアラビアロイヤルカップはドルチェモアが差し切りV

2022年10月8日(土) | 4回東京1日 | 15:45 発走
第8回 サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)芝・左 1600m
Saudi Arabia Royal Cup (G3)

スポンサーリンク

2022年・サウジアラビアロイヤルカップの動画

関連記事
昨年のサウジアラビアロイヤルカップはコマンドラインが制していた。
サウジアラビアロイヤルカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のサウジアラビアRCの着順は1着:コマンドライン、2着:ステルナティーア、3着:スタニングローズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・サウジアラビアロイヤルカップの結果

スポンサーリンク

1着:ドルチェモア
2着:グラニット(1-1/4馬身)
3着:シルヴァーデューク(2-1/2馬身)
4着:ノッキングポイント(1馬身)
5着:マイネルケレリウス(1-1/2馬身)
6着:ブーケファロス
7着:ミシェラドラータ
8着:フロムナウオン
9着:レッドソリッド

勝ちタイム:1:33.4
優勝騎手:横山 和生
馬場:良

関連記事
G1・朝日杯フューチュリティステークスをにぎわす馬は?
朝日杯フューチュリティステークスは2022年12月18日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯FSは2022年で第74回を迎え、昨年はドウデュースが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

サウジアラビアロイヤルカップ2022 ドルチェモア

1着 ドルチェモア(横山和生騎手)
「(リズムは)良かったです。直線はかなり(逃げ馬の)リードがありましたが、ドルチェモアの力を信じていたので、届くだろうと思って追っていました。やはり血統馬らしく、新馬の頃から期待していましたし、これから先も順調にいってくれれば、まだまだ頑張ってくれると思います」

(須貝尚介調教師)
「思った以上に強かったです。もう少し僅差になるかと思いましたが……。まだ自分の中では未知な部分が多すぎる馬です。新馬も太かったのですが、それであれだけの競馬をしてくれましたからね。ジョッキーも上手く乗ってくれました。今後は、無事なら朝日杯に向けて調整したいと思います」

2着 グラニット(嶋田純次騎手)
「切れ味勝負になると分が悪いと思っていた。直線に入った時は後ろと間が空いていて、オッと思ったけど、勝った馬には一瞬でかわされた。馬は頑張ってくれているし、どんどんよくなっている。まだ成長途上」

3着 シルヴァーデューク(戸崎圭太騎手)
「乗りやすい馬ですね。これぐらいの距離はいいので、もう少し力をつけてくれれば」

4着 ノッキングポイント(C.ルメール騎手)
「もっとピリッと切れるかと思ったけど、直線でもギアがアップしなかった。ジリジリだった。走り方はキレイだけど、もっと長い距離の方がいいのかも」

(木村哲也調教師)
「ファンの皆さまに支持をいただいたのに結果が出せず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。最後に脚を使っていないので、情けないですね。どんなところが間違っていたのか、精査しないといけません。揚がった時に多少、歩様で気になるところがありましたし、冷静に判断しないといけません。少し時間をいただきたいです」

5着 マイネルケレリウス(石川裕紀人騎手)
「スタートでもったいないことになった。挟まれてしまいました。道中の走りはよかった。結果的に難しい競馬で、能力の分かりづらい競馬になってしまいました」

6着 ブーケファロス(菅原明良騎手)
「ゲートを出てある程度の位置で運べたし、折り合いも問題なかった。しまいも脚を使ってくれてはいます。休み明けの分があるかもしれません。もう少し渋った馬場の方が良さそう」

7着 ミシェラドラータ(大野拓弥騎手)
「内枠でじっとしてという感じでした。5着くらいからはそんなに差はなかった。マイルでも対応できることを確認できました」

8着 フロムナウオン(津村明秀騎手)
「初戦よりはフワフワすることなく、進めることができました。特殊な展開になって、トモ(後肢)が緩いので、スッと反応できないところがある。現状ではマイルでも忙しい感じ。もう少し距離があった方が良さそう」

9着 レッドソリッド(三浦皇成騎手)
「ゲートで他馬と接触してバランスを崩しました。その後は淡々と走れていました」

勝ち馬プロフィール

サウジアラビアロイヤルカップ2022 ドルチェモア

ドルチェモア(Dolce More)牡2/鹿毛 須貝 尚介(栗東)
父:ルーラーシップ 母:アユサン 母父:ディープインパクト
馬名の由来:甘い(伊)+もっと

関連記事
母のアユサンは2013年の桜花賞勝ち馬
桜花賞2013の動画・結果です。2013年の桜花賞の結果は1着:アユサン、2着:レッドオーヴァル、3着:プリンセスジャックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。