【大阪杯2022】結果・動画/ポタジェが抜け出しG1初V

大阪杯2022 ポタジェ

大阪杯2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の大阪杯の着順は1着:ポタジェ、2着:レイパパレ、3着:アリーヴォとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の大阪杯はポタジェが抜け出しG1初V

2022年4月3日(日) | 2回阪神4日 | 15:40 発走
第66回 大阪杯(GI)芝・右 2000m
Osaka Hai (G1)

スポンサーリンク

2022年・大阪杯の動画

関連記事
昨年の大阪杯はレイパパレが制していた。
大阪杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の大阪杯の着順は1着:レイパパレ、2着:モズベッロ、3着:コントレイルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・大阪杯の結果

スポンサーリンク

1着:ポタジェ
2着:レイパパレ(クビ)
3着:アリーヴォ(ハナ)
4着:ヒシイグアス(1馬身)
5着:ジャックドール(1-1/4馬身)
6着:スカーフェイス
7着:アフリカンゴールド
8着:ステラリア
9着:エフフォーリア
10着:アカイイト
11着:キングオブコージ
12着:ショウナンバルディ
13着:レッドジェネシス
14着:マカヒキ
15着:ヒュミドール
16着:ウインマリリン

勝ちタイム:1.58.4
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:良

関連記事
G1・天皇賞春をにぎわす馬は?
天皇賞春は2022年5月1日に阪神競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2022年で第165回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はワールドプレミアが制した。天皇賞春の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

大阪杯2022 ポタジェ

1着 ポタジェ(吉田隼人騎手)
「強い馬が相手で、一発狙ってやるぞと思っていたのでうれしいです。いい枠を引いて、ある程度のポジションで競馬をしたいと思っていました。馬は上手なので、うまく競馬ができました。最後もレイパパレを見ていたんですけど、馬も一杯一杯になって、僕もがむしゃらで、きれいには追えなかったんですけど、よく勝ってくれたと思います。立ち回りが上手な馬ですけど、もう一段階ギアが上がれば、もっと上に行ける馬ですし、これからが楽しみです」

2着 レイパパレ(川田将雅騎手)
「中2週でも具合が良く競馬を迎えることができました。レースでも勝ちにいって精一杯の走りをしてくれました。負けはしましたが、とてもいい内容でこの馬らしい走りができたと思います」

3着 アリーヴォ(武豊騎手)
「スムーズに立ち回れたし、直線に向いた時でも手応え十分。勝ったと思ったんだけどね。最後の最後で同じ脚いろになってしまった。ただ、このメンバーでも十分にやれることを証明してくれたね」

(杉山晴紀調教師)
「びっくりしました。状態がいいのは確かですが、勝ってたのが小倉のローカル。想像を越えるくらい良くなっている」

4着 ヒシイグアス(池添謙一騎手)
「初めて乗りましたが、返し馬から緩い感じがしました。良化途上の感があり、右トモが入ってこない感じでした。内にモタレながら走っていました。この状態でも差を詰めていますし、GIでもやれる馬だと思います。良い時はもう2つくらい状態が良かったのだと思います」

5着 ジャックドール(藤岡佑介騎手)
「スタートがいつもほど進みが良くなかったですね。緩い馬場が影響したんだと思います。その分出していっているので道中はペースが速くなってしまいました。それでも初めてのGⅠで自分の競馬はできたし、いい経験だったと思います。仕切り直して、またチャレンジしたいです」

(藤岡健一調教師)
「落鉄していた影響もあった。馬場が思った以上に悪かった。前半のペースも速かったけど、馬場が良ければ、違ったかなと思います。今後は放牧に出して、秋に頑張ります」

6着 スカーフェイス(橋田満調教師)
「最後は良く伸びてくれた。展開が厳しいなか上手に乗ってくれた」

7着 アフリカンゴールド(国分恭介騎手)
「スタートはいつも通りで、先行争いが激しくなったので道中はずっと促しつつ、瞬発力勝負は分が悪いので、強い逃げ馬を目標に運びました。最後までしぶとく全力で走ってくれました。適性距離はこれより少し長くても良いのかなと思います。よく頑張ってくれました」

8着 ステラリア(福永祐一騎手)
「前が流れていいところを取れたし、うまく外にも出せた。もうひと伸びして欲しかった。状態が良かったので期待していましたが」

9着 エフフォーリア(横山武史騎手)
「(阪神への)輸送で金、土曜と乗れなかったので、ピリッとさせる意味で返し馬もしっかりやりましたが、この馬らしさがなかったです。早めに踏んでいったけど、余力がなかった。一週前追い切りが重くてメリハリがなかったですが、その影響が出てしまいました」

(鹿戸雄一調教師)
「たくさんの支持を頂いたのに良い結果を出せず申し訳ない気持ちです。申し訳ありません。敗因はこれから探っていきたいと思います。ゲート内で突進をして顔が腫れる様な怪我があったことも1つの原因かと思われます。ケアをしながら今後の事も考えていきます」

10着 アカイイト(幸英明騎手)
「3コーナーから4コーナーで思った感じで動いて行けませんでした。エフフォーリアを前に見てそこから上がって行ければと思ったのですが、上手く上がって行けませんでした」

11着 キングオブコージ(横山典弘騎手)
「(スタート前に)舌縛りが外れて付け直した時に大きく気分を害した。これも競馬。そこまではいいリズムだったけど」

12着 ショウナンバルディ(坂井瑠星騎手)
「勝ち馬と同じ位置で進めたが、早めに手応えがなくなりました」

13着 レッドジェネシス(藤岡康太騎手)
「スタートからポジションを取ろうと促してはいるのですがまだ馬の気持ちが前向きになりきっていなくて進みが悪くて、切り替えて後ろから運びました。それでもブリンカーの効果もあって最後は前走より集中して走れていました」

14着 マカヒキ(岩田望来騎手)
「今日はついて行くことに手一杯で、レースは一生懸命走ってくれました。(いろいろ)合わなかったかなという感じです」

15着 ヒュミドール(M.デムーロ騎手)
「スタートは良く、勝った馬の後ろにいたが3、4コーナーで手応えがなくなっていた。直線は馬が諦めて頑張らなかった。馬場も合わなかった」

16着 ウインマリリン(松岡正海騎手)
「久々で体の張りが今ひとつだった。その分、タフなレースで踏ん張りきれなかった。使って良くなると思います」

勝ち馬プロフィール

大阪杯2022 ポタジェ

ポタジェ(Potager)牡5/鹿毛 友道 康夫(栗東)
父:ディープインパクト 母:ジンジャーパンチ 母父:Awesome Again
馬名の由来:家庭菜園(仏)

関連記事
ポタジェはこれまでに2021年の新潟大賞典2着が重賞での最高着順だった
新潟大賞典2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の新潟大賞典の着順は1着:サンレイポケット、2着:ポタジェ、3着:サトノソルタスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。