【大阪杯2023】追い切り/抜群の動きを見せたのは

大阪杯2023 追い切り

大阪杯2023の追い切り・コメントの記事です。大阪杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年4月2日(日) | 2回阪神4日 | 15:40 発走
第67回 大阪杯(GI)芝・右 2000m
Osaka Hai (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・大阪杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
大阪杯は2024年3月31日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2024年で第68回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はジャックドールが制した。大阪杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもダービー卿チャレンジトロフィーが開催される。
ダービー卿チャレンジトロフィー2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。ダービー卿CTは2023年4月1日に中山競馬場で行われるマイルG3戦。2023年で第55回を迎え、昨年はタイムトゥヘヴンが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

大阪杯2023の追い切りをチェック!

大阪杯2023 追い切り

大阪杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
ダービー卿チャレンジトロフィー2023の追い切り・コメントの記事です。ダービー卿CTの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
ヴェルトライゼンデ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(水口)
800m 51.2-38.1-24.3-11.9(一杯)
ソウルラッシュ(一杯)を1.1秒追走・0.2秒遅れ

池江調教師
「今週しっかりやったので、来週やれば整いそうです。阪神は初めてですが、駄目ではないと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(川田)
800m 52.8-38.8-25.0-12.1(末強め)
シルキーヴォイス(一杯)を0.6秒追走・同入

池江調教師
「当該週もしっかりと強めの負荷をかけた方が成績が出ています。手加減するより、負荷をかけてほしいと伝えました。大分、本来の動きがでてきた。力を出せる状態です」
3枠6番について
兼武助手
「この馬はだいたい内めの枠が当たるので。いつもと同じで良かったと思います」
キラーアビリティ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 81.7-66.7-51.9-37.4-12.0(稍一杯)

斉藤崇調教師
「状態はいいと思います。久々のGⅠですが、力差はそこまで感じていません。うまく末脚を生かすことができれば」

最終追い切り
栗東・CW・良(団野)
6F 83.1-67.6-52.8-38.0-12.0(強め)

斉藤崇調教師
「待つところは待てるし、昨年末あたりから折り合い面はマシになっている」
6枠12番について
斉藤崇調教師
「いいところですね。ゲートがあまり良くないので偶数はいい。状態もいいところでキープしている」
ジェラルディーナ

1週前追い切り
栗東・CW・良(団野)
6F 81.6-65.6-51.3-36.7-11.8(末強め)

団野騎手
「先々週から軽めにやっているので、いつもより長めからしっかりとやりました。道中の雰囲気は良かったです。本番に向けてちょうどいいと思います」

斉藤崇調教師
「全体的にしっかり動かしてもらった。少しずつ上がってきた途中。あと1週やればというところなのかな。今年の初戦でどういう競馬をするか楽しみ」

最終追い切り
栗東・CW・良(団野)
6F 84.1-68.0-53.2-37.8-11.5(馬なり)
レヴェッツァ(一杯)の外0.4秒先行・同入

斉藤崇調教師
「全体的に動かしていって、いい状態で出られるいい追い切りができた。間隔が空くのが久々で良かった部分と難しかった部分がありますが、体調も上がってきていい状態でレースにいけると思います」
1枠1番について
斉藤崇調教師
「内になったなと思いましたが変に外になるよりはいいかなと。何でもできそうな馬なので」
ジャックドール

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 84.2-67.2-50.9-35.8-11.5(一杯)
ファンジオ(一杯)の内0.7秒追走・同入

藤岡調教師
「時計は十分だが、相手が動くタイプとはいえ、少し太いから、動き切れていない。どれだけ絞れてくるか」

最終追い切り
栗東・CW・良(武豊)
6F 80.3-64.8-50.6-35.6-11.0(一杯)
スパイラルノヴァ(一杯)の内0.4秒追走・0.4秒先着

武豊騎手
「いい感じだったね。軽く合図を出してスッと反応してくれて時計も出たね。札幌記念を勝っているので右回りも問題ないし、阪神の今の荒れている馬場もパワーがあるのでこなせると思う。香港でチャンスをもらって結果を出せなかったのにまた声をかけてもらった。結果を出したい気持ちが強い」

藤岡調教師
「海外遠征を挟んだが、順調に回復してここ一本で調整してきた。先週の時点では少し太いかなと思ったけど、いろいろ調整を工夫して(29日の)最終追いもしっかりやった。鞍上(武豊)も動きを褒めてくれたし、時計も出ていい感じに仕上がったと思う。舞台設定は申し分ないので、この馬の持ち味を発揮できれば」

5枠9番について
藤岡調教師
「枠はどこでも良かったけど、無難なところでいいんじゃないでしょうか。あとはスタートを決めてもらうだけ」
スターズオンアース

1週前追い切り
美浦・南W・良(杉原)
6F 81.0-65.5-50.2-36.0-11.1(馬なり)
ステラダイヤ(馬なり)の内1.2秒追走・0.4秒先着

杉原騎手
「世界を獲れる馬じゃないですか。“もういいよ”と思った瞬間に馬が反応した」

高柳瑞調教師
「もう一段階上がりそうな走りでしたが、反応、動きは良かったですね。無理はさせず、間に合うからここを使うことになりました。体が大きくなっている。前走の体重に合わせると少し細くなるかなという感じです」

最終追い切り
美浦・南W・良(ルメール)
6F 82.2-65.7-51.2-37.2-11.7(馬なり)
ステラダイヤ(馬なり)の内1.0秒追走・0.2秒先着

ルメール騎手
「ずっといい感じでした。いい反応でしたしフットワークも良くて心身ともに充実しています。体が大きくなって4歳になって大人になりパワーアップした。今年はとても楽しみ」

佐藤助手
「体が大きくなってパワーアップ。状態は抜群にいいですよ。課題のスタートも中間はしっかり練習してきました。発馬五分で流れに乗れれば、年長馬が相手でも」

6枠11番について
高柳瑞調教師
「枠は決まったところでやるだけです。極端なところではないので悪くないと思う」
ダノンザキッド

1週前追い切り
栗東・CW・良(横山和)
7F 99.4-68.5-53.7-37.6-11.5(一杯)
ミッキーゴージャス(馬なり)の内0.2秒追走・1.2秒先着

横山和騎手
「今回は僕とダノンザキッドのコンタクトの確認ですね。今週はある程度仕上げるつもりで動かしました。いい追い切りができたと思います」

最終追い切り(発走調教再審査)
栗東・E・良(横山和)
1F 15.9(ゲートなり)

横山和騎手
「レースより緊張しました。無事に受かって何よりです」

安田隆調教師
「出走可能ということで、とりあえずほっとしています。練習のときはおとなしいのですが、きょうはうるさい面を見せました。うまくクリアしてくれて良かったです」

7枠13番について
安田隆調教師
「カリカリするところがあるので、できれば偶数が欲しかったですね。ゲートに関しては試験でも大丈夫だったし、レースでは落ち着いて中に入ってほしいです」
ノースザワールド

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 56.1-39.9-25.6-12.7(馬なり)

大久保調教師
「間隔が詰まっているのでサラッと。ガス抜きのイメージです。甘くはないと思うが相手なりに走れるタイプ。舞台はいいし、最後まで気を抜かずに走れば」
8枠16番について
大久保調教師
「初めてのオープンを考えると内でもまれるより、かえっていいかも。ハードルは高いけど状態はかなりいいですから」
ノースブリッジ

1週前追い切り
美浦・南W・良(岩田康)
5F 66.1-51.3-36.6-11.1(強め)
ランカグア(馬なり)の内1.1秒追走・0.6秒先着

岩田康騎手
「時計は出ているけどまだ太い。状態は6分くらい。初の阪神で輸送もあるので、どういうレースになるか」

最終追い切り
美浦・南W・良(岩田康)
5F 66.7-51.0-36.7-11.2(馬なり)
リトルポピー(末強め)の内1.3秒追走・0.1秒先着

岩田康騎手
「先週と今週で動きが全然違います。歩様も軽く、弾んでいました」

奥村武調教師
「先週ビシッと追いきって、トモが踏み込めるようになってきました。その分、内にもたれることが少なくて、体を起こして折り合いをつけることが上手になりました」

2枠4番について
杉木助手
「いいところに入りましたね。いいなと思っていたのが4か6でしたけど、偶数の内枠はいいと思います」
ヒシイグアス

1週前追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 82.5-66.0-50.9-36.2-11.2(馬なり)
カフェカエサル(一杯)の内0.5秒追走・同入

堀調教師
「疲れがなかったので、しっかりやれました。緩さが取れてきたことで、手前の替え方がスムーズでした。しまいも手応えがあって、しっかりはき出した感じもありました。相変わらず右トモのケアは必要ですが、昨年とは全然違って整っていますし、活気がある」

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
4F 53.5-38.9-12.5(馬なり)

堀調教師
「しっかりと乗り込んできたので、直前は微調整程度で十分。トモのバランスがひと息だった昨年(4着)とは違う」

森一誠技術調教師
「2週前、1週前としっかり負荷をかけてきたので、当週は疲れを残さないよう、予定通りの調教ができました。追い切り後の息遣いも前走より良くなっています」

ヒンドゥタイムズ

1週前追い切り
栗東・CW・良(池添)
7F 96.9-65.0-50.1-35.8-11.5(一杯)
レヴェッツァ(一杯)の内2.1秒追走・0.7秒先着

池添騎手
「ラスト1ハロンを動かして反応は良かった。コントロールも利いていました」

最終追い切り
栗東・CW・良(池添)
6F 85.1-69.4-53.9-38.0-11.0(G前仕掛け)
セッション(馬なり)の内0.6秒追走・クビ遅れ

斉藤崇調教師
「先週やっているので上がり重点。7歳でも元気いっぱい。去勢したことで硬さが取れ、自在性が出てきた。操縦性の良さを生かし、GⅠメンバーでどこまでやれるか楽しみ」
8枠15番について
斉藤崇調教師
「自在性があって枠はどこでも良かった。思い切って乗ってくれれば」
ポタジェ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
7F 95.7-66.0-51.7-36.9-11.9(一杯)

大江助手
「前の馬を意識して直線抜け出す感じでやりました。4コーナーで合図を取ったときの反応が良かったです。調教は動かないですが、時計も出ていていい内容でした」

最終追い切り
栗東・CW・良(坂井瑠)
7F 99.8-67.8-52.8-37.7-11.7(末強め)

坂井騎手
「イメージしていた通り、乗りやすい馬でした」

友道調教師
「1回使って良くなっている。おっとりした馬なので、中2週とか中3週で間隔が詰まっている方がいい」

大江助手
「筋肉に張りが出てきた。機動力と操作性を生かせるこの舞台は合う」

5枠10番について
友道調教師
「いつも通り落ち着いている。(1つ内の9番枠の)ジャックドールの出方次第だけど、競馬しやすい枠だと思います。舞台相性はいいので」
マテンロウレオ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
7F 94.8-65.7-51.8-37.3-11.9(一杯)

昆調教師
「前走はよく頑張ってくれたと思う。ここまではローテーション的にも予定通り。以前は乗り難しい面があったが、落ち着きが出ている」

最終追い切り
栗東・CW・良(横山典)
6F 84.8-70.2-55.3-39.6-12.2(馬なり)

昆調教師
「先週の時点で馬体はできているので、今朝はジョッキーの感覚でやってもらった。近走は気性面で難しい面を出さずに落ち着いて競馬ができている。阪神内回りの2000メートルは相性の悪くない舞台。ここまで順調にこられたのが一番。あとは自然な流れで頑張っていきたい」
4枠7番について
昆調教師
「枠はどこでもいいよ。追い切り後も変わっていない。これ以上良くなるのかと思うぐらい状態はいい。チャンスはある」
マリアエレーナ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 64.6-46.2-29.5-14.4(馬なり)

最終追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
7F 97.9-66.7-51.9-36.6-11.3(強め)

吉田調教師
「ボチボチじゃないですかね。状態はいいですよ。阪神の2000メートルは問題ないですよ。“負ける気がしないです”と書いておいてください」

高島助手
「いつも通りですよ。しまいもしっかりやれば動く馬。反応も良かったです」

1枠2番について
吉田調教師
「よく内枠が当たりますね(笑)。でも馬込みが駄目なわけではなく、立ち回りのうまさを生かせると思います」
モズベッロ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(西村淳)
800m 51.6-37.7-25.1-12.9(一杯)

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.0-39.2-25.2-12.5(一杯)
ザウリ(一杯)に0.9秒先行・0.2秒先着

森田調教師
「まずまずの動きだった。舞台は大丈夫なので(時計がかかる)重い馬場になってほしい」
2枠3番について
森田調教師
「前に行く馬でもないし、枠はどこでも構わない」
ラーグルフ

1週前追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 84.2-67.8-52.9-38.3-11.7(馬なり)
ナランフレグ(末強め)の外0.7秒先行・0.2秒遅れ

宗像調教師
「1週前追い切りの動きはそれなりに良かった。モーリス産駒は年を取るごとにだんだん良くなってきますからね」

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 82.3-66.7-51.7-37.9-11.5(馬なり)
ナンヨーヴィヨレ(馬なり)の内1.0秒追走・0.1秒先着

宗像調教師
「もう少し時計は遅いと思ったが、結構出てましたね。あまり速く見えなくても時計が出ているのはいいんじゃないでしょうか。体は輸送もあるので若干締まると思う」
4枠8番について
宗像調教師
「真ん中の偶数でちょうどいいですね。前走は外枠から外をまわされたけど、この枠ならいい。あとはジョッキーにうまく乗ってもらえれば」
ワンダフルタウン

1週前追い切り
栗東・CW・良(和田竜)
7F 97.4-66.7-52.7-37.5-12.4(馬なり)
タイセイシェダル(一杯)の外2.3秒先行・0.2秒先着

和田竜騎手
「状態が上がってきて、らしさが出てきましたね。動きは良かった。いい雰囲気になっています」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.4-38.6-24.8-12.4(馬なり)

高橋義調教師
「前走は着順が悪かったけど不利もありましたからね。疲れもそんなになかったし、すぐに始動できた。相手は強くなりますけど、この馬自体は良くなっています」

鵜木助手
「前走はインで詰まった。ジョッキーも『デキが戻ってきた』と言ってくれたし、阪神との相性もいい」

3枠5番について
高橋義調教師
「内でごちゃつかず運びたいし、もう少し真ん中寄りの枠が良かった」

2023年・大阪杯の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 大阪杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・大阪杯の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はジャックドールに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/20・7/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
桜花賞は2024年4月7日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2024年で第84回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はリバティアイランドが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
皐月賞は2024年4月14日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2024年で第84回を迎え、昨年はソールオリエンスが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。