【大阪杯2019】結果・動画/アルアインが抜け出し豪華メンバーを制す

大阪杯2019 アルアイン

大阪杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の大阪杯の着順は1着:アルアイン、2着:キセキ、3着:ワグネリアンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の大阪杯はアルアインが抜け出し豪華メンバーを制す

2019年3月31日(日) | 2回阪神4日 | 15:40 発走
第63回 大阪杯(GI)芝・右 2000m
Osaka Hai (G1)

スポンサーリンク

2019年・大阪杯の動画

関連記事
昨年の大阪杯はスワーヴリチャードが制していた。

大阪杯 2018の動画・結果です。大阪杯の結果は1着:スワーヴリチャード、2着:ペルシアンナイト、3着:アルアイン。「スワーヴリチャード」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・大阪杯の結果

1着:アルアイン
2着:キセキ(クビ)
3着:ワグネリアン(クビ)
4着:マカヒキ(3/4馬身)
5着:エアウィンザー(クビ)
6着:ブラストワンピース
7着:スティッフェリオ
8着:ムイトオブリガード
9着:ダンビュライト
10着:エポカドーロ
11着:ペルシアンナイト
12着:サングレーザー
13着:ステイフーリッシュ
14着:ステルヴィオ

勝ちタイム:2.01.0
優勝騎手:北村 友一
馬場:良

関連記事
アルアインは2017年の皐月賞以来のG1勝利となった。

「皐月賞 2017」の動画・結果です。皐月賞の結果は1着:アルアイン、2着:ペルシアンナイト、3着:ダンビュライト。「アルアイン」が勝利した2017年の皐月賞の詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント

大阪杯2019 アルアイン

1着 アルアイン(北村友一騎手)
「(デビュー14年目のJRA・G1初制覇は)本当によかったなあとしか、いま何も思い浮かばないです。枠が本当によかったので、展開も読みやすいなと思ったので、理想的な展開で、馬の気分を害さないようにと乗りました。行きっぷりもすごくよかったですし、追ってからもしっかり反応してくれた。ブリンカーも2回目で慣れてくれ、効果があったと思う。いいタイミングで、いい条件が重なって勝たせてもらったと思います。追い出した時の反応はすごく抜群によくて、坂を上ってからはソラを使いながらになって、脚いろは鈍ってしまったんですが、ステッキをあえて入れないように、しのいでくれと思って追っていました。(自身のJRA・G1勝利について)ここで勝つのか、という感じの…ほんとによかったです。色々なことがありますけど、これからも自分らしく、次のステップに向けて努力していきたいと思います。アルアインもこれを機に走ってくれると思いますし、また、ともに走りたいと思います」

2着 キセキ(川田将雅騎手)
「すごく折り合いも良く、いいリズムで走ってくれましたし、最後までしっかりと頑張ってくれていますね。何とかキセキとG1を獲りたいんですが…。申し訳なかったですね」

3着 ワグネリアン(福永祐一騎手)
「スタートを出して行ったぶん行きたがりましたが、我慢できたし、脚もたまった。馬はよくなっていたし、一度使っていればという内容でした」

4着 マカヒキ(岩田康誠騎手)
「前回より状態は数段上がっていました。最後は内に行きたかったんですが…。外へ切り替えてよく頑張ってくれました」

5着 エアウィンザー(浜中俊騎手)
「初めてのG1でしたが、差のない(0秒2差の)5着。めどが立つ内容でしたし、よく走ってくれたと思います」

6着 ブラストワンピース(池添謙一騎手)
「返し馬もよく、ゲートの中も我慢して出てくれましたが、スタート直後に押し込められて位置取りが後ろになりました。緩い馬場でペースが遅かったうえに、直線では外へ振られる誤算もありました。それでも脚は使ってくれてるんですが…。今日は自分がうまく乗れませんでした。そこに尽きます」

(大竹正博調教師)
「ゲートは中にいても落ち着いていて、出ていました。ペースが遅く流れて欲しかったですね。最後は伸びていましたが……。次は様子を見てから決めたいと思います」

7着 スティッフェリオ(田辺裕信騎手)
「いい位置からリズムよく運べました。ただ、一線級と戦うのは今回が初めてでしたからね。それでも最後までよく頑張ってくれています」

9着 ダンビュライト(松若風馬騎手)
「いいスタートを切れましたし、ジリジリとは伸びてくれました。ただ、外枠のぶん、外を回らされる形になりましたからね」

10着 エポカドーロ(戸崎圭太騎手)
「枠は良かったし、スタートも良くスムーズに行けた。リズム良く行けて、自分の競馬はできた。前走より調子は良かったが」
※(レース後に、鼻出血を発症していたことが判明した。)

11着 ペルシアンナイト(M.デムーロ騎手)
「緩い馬場に脚を取られて、つまずいていました」

12着 サングレーザー(F.ミナリク騎手)
「リラックスして走っていましたが、4コーナーで前脚をスリップさせていましたし、展開も向きませんでした」

13着 ステイフーリッシュ(藤岡康太騎手)
「抑え込まれる形となり、いいポジションを取ることができませんでした」

14着 ステルヴィオ(丸山元気騎手)
「絶好の位置を取れたんですがね。最後は距離かなという止まり方でした」

勝ち馬プロフィール

大阪杯2019 アルアイン

アルアイン(Al Ain)牡5/鹿毛 池江 泰寿(栗東)
父:ディープインパクト 母:ドバイマジェスティ 母父:Essence of Dubai
馬名の由来:UAE東部にある遺跡群で、ユネスコ世界遺産。アラビア語で泉の意