【ダービー卿CT 2022】結果・動画/タイムトゥヘヴンが大外差し切りV

ダービー卿チャレンジトロフィー2022 タイムトゥヘヴン

ダービー卿チャレンジトロフィー2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のダービー卿CTの着順は1着:タイムトゥヘヴン、2着:フォルコメン、3着:ダーリントンホールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のダービー卿チャレンジトロフィーはタイムトゥヘヴンが大外差し切りV

2022年4月2日(土) | 3回中山3日 | 15:45 発走
第54回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)芝・右 1600m
Lord Derby Challenge Trophy (G3)

スポンサーリンク

2022年・ダービー卿チャレンジトロフィーの動画

関連記事
昨年のダービー卿チャレンジトロフィーはテルツェットが制していた。
ダービー卿チャレンジトロフィー2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のダービー卿CTの着順は1着:テルツェット、2着:カテドラル、3着:ボンセルヴィーソとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・ダービー卿チャレンジトロフィーの結果

スポンサーリンク

1着:タイムトゥヘヴン
2着:フォルコメン(アタマ)
3着:ダーリントンホール(3/4馬身)
4着:グラティアス(アタマ)
5着:ギルデッドミラー(1馬身)
6着:インテンスライト
7着:カイザーミノル
8着:ミッキーブリランテ
9着:カテドラル
10着:ザダル
11着:インターミッション
12着:トーラスジェミニ
13着:ボンセルヴィーソ
14着:ノルカソルカ
15着:リフレイム
16着:サトノフェイバー

勝ちタイム:1.32.3
優勝騎手:大野 拓弥
馬場:良

関連記事
G1・安田記念をにぎわす馬は?
安田記念は2022年6月5日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2022年で第72回を迎え、昨年はダノンキングリーが制した。安田記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

ダービー卿チャレンジトロフィー2022 タイムトゥヘヴン

1着 タイムトゥヘヴン(大野拓弥騎手)
「午前中から芝の傾向が外が伸びる馬場だったし、内枠もあったので1回下げてから外を選択しました。(3年ぶりの重賞は)うれしいです。久しぶりに勝って良かった。切れる脚を持っているので、それを生かしてレベルの高い相手に頑張ってほしいです」

(戸田博文調教師)
「乗り難しいところはありますが、ジョッキーが手の内に入れてくれて上手に乗ってくれました。内容のあるレースでした。母のキストゥヘヴンが京成杯オータムハンデキャップを勝った時と似た競馬をして、同じくらいの時計で差し切ってくれて感慨深いです。タイトルを獲れましたし、自信を持ってGIIやGIに向かっていきたいです」

2着 フォルコメン(M.デムーロ騎手)
「内枠でスタートはうまく出たけど、最内だったのであの競馬になりました。3、4コーナーは手応え十分で抜け出したけど、相手の脚がすごかった」

3着 ダーリントンホール(横山武史騎手)
「スタートがもうひと息で、もう少しいいポジションが欲しかった。グラティアスの後ろで脚をためられたのは良かったけど、その割にはジリジリで弾けなかった。もう少し切れる脚を使ってほしかった」

4着 グラティアス(三浦皇成騎手)
「一度マイルを使っていたので、上手く対応してくれました。展開的に流れてくれて、前を見ながら上手く運ぶことが出来ました。ただ坂を上がってからは、併せ馬で勢いのついた馬に交わされてしまいました」

5着 ギルデッドミラー(石橋脩騎手)
「馬の雰囲気は良かったです。内の枠からある程度出していきました。最後力んでいましたが、途中から落ち着いて走っていました。最後は内を捌いていきましたが、馬場的には外の馬に有利でした。よく頑張っています」

6着 インテンスライト(菊沢一樹騎手)
「頑張ってくれました。流れも速かったので差してくる形になりましたが、このクラスでも通用する脚を見せてくれた」

7着 カイザーミノル(北出成人調教師)
「少し具合の良かった去年の秋と比べるとひと息だった。力があるからここまで一瞬抜け出すところまでこられていますが、騎手も言っていたけどトモ(後肢)がはまっていない感じ」

8着 ミッキーブリランテ(内田博幸騎手)
「枠が内なら良かった。それでもこれだけ走れているので」

9着 カテドラル(戸崎圭太騎手)
「ゲートが遅れてしまうのは仕方がないけど、リズム良く追走できていた」

10着 ザダル(田辺裕信騎手)
「追走が楽という感じではありませんでした。タメがきかなかったです。内を通りましたが、緩い馬場がよくなかったのかもしれません」

11着 インターミッション(嶋田純次騎手)
「スタートは出て内の馬たちを見ながら運んだけど、結果的にもう一列後ろでも良かったかも。手応えの割には頑張ってくれた」

12着 トーラスジェミニ(原優介騎手)
「最後かわされてからも首を使って走れていたし、ここ数戦のやめるところを見せなかった。結果的にはもう少し速く仕掛ければ良かった」

14着 ノルカソルカ(藤岡佑介騎手)
「外枠だったのでじわっとポジションを上げていくつもりだったけど、思ったより終始流れる感じになってしまった。もう少しペースを考えずに動いたりしても良かったかも。結果的に中途半端な形になってしまった」

15着 リフレイム(野中悠太郎騎手)
「いつも通りのこの馬の競馬をしました。番手にこられて力みがありました。右回りでもスムーズに回ってこられました」

勝ち馬プロフィール

ダービー卿チャレンジトロフィー2022 タイムトゥヘヴン

タイムトゥヘヴン(Time to Heaven)牡4/鹿毛 戸田 博文(美浦)
父:ロードカナロア 母:キストゥヘヴン 母父:アドマイヤベガ
馬名の由来:天国への時間。母名より連想

関連記事
タイムトゥヘヴンは2021年のニュージーランドトロフィーで2着などの実績があった
ニュージーランドトロフィー2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のNZTの着順は1着:バスラットレオン、2着:タイムトゥヘヴン、3着:シティレインボーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。