【桜花賞2018】動画・結果/アーモンドアイが差しきり桜の女王に輝く

桜花賞 2018 アーモンドアイ

桜花賞 2018の動画・結果です。桜花賞の結果は1着:アーモンドアイ、2着:ラッキーライラック、3着:リリーノーブル。「アーモンドアイ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

ルメール騎手騎乗の2番人気・アーモンドアイが差しきり桜の女王に輝く

2018年4月8日(日) | 2回阪神6日 | 15:40 発走
第78回 桜花賞(GI)芝・右・外 1600m
Oka Sho(Japanese 1000 Guineas) (G1)

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年の桜花賞はレーヌミノルが制していた。
【桜花賞 2017】動画・結果/レーヌミノルが桜の舞台で花咲かす

結果

1着:アーモンドアイ
2着:ラッキーライラック(1-3/4馬身)
3着:リリーノーブル(1/2馬身)
4着:トーセンブレス(1-3/4馬身)
5着:マウレア(ハナ)
6着:リバティハイツ
7着:レッドサクヤ
8着:スカーレットカラー
9着:ツヅミモン
10着:プリモシーン
11着:アンコールプリュ
12着:フィニフティ
13着:デルニエオール
14着:ハーレムライン
15着:レッドレグナント
16着:コーディエライト
17着:アンヴァル
取消:アマルフィコースト

勝ちタイム:1.33.1
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

レース後のコメント

桜花賞 2018 アーモンドアイ

1着 アーモンドアイ(C.ルメール騎手)
「アーモンドアイはチャンピオンホース。今日は素晴らしかった。直線で一人だったね。自分で走りました。僕は何もしなかった。彼女のポテンシャルはすごく高いです。(ラッキーライラックを意識したかについて)直線で何も見てない。真っすぐ行きたかった。反応が素晴らしかった。すぐに勝つことができたと思った。(ストロングポイントは)跳びが大きいですね。最後は長い脚で加速を上げていって、とても速いです。もちろん次走が楽しみです。トリプルクラウンを考えることができると思います。また大きなレースを勝つことができると思います」

2着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「よく頑張ってくれています。内枠でしたが、包まれないイメージ通りのレースが出来ました。直線も追い出しを我慢して脚を使ったのですが、勝ち馬に一瞬にして来られてしまいました。この馬も力を出し切ってくれていると思います」

3着 リリーノーブル(川田将雅騎手)
「いい状態に厩舎が仕上げてくれて、いいレースが出来ました。ラッキーライラックとは差を詰めることが出来ましたが、もう1頭強い馬がいましたね」

4着 トーセンブレス(柴田善臣騎手)
「すごくいい走りでした。まだ体は完成していませんが、今日は完璧と言っていいくらいコントロール出来ました。教えたことが身についていて、このあと体がついてくればもっと良くなる馬です」

5着 マウレア(武豊騎手)
「枠なりのレースは出来ました。内に入ろうと思いましたが入れず、外を回って勝ち切るほどの力が今の時点ではないですね」

6着 リバティハイツ(北村友一騎手)
「相手が強いと感じましたが、やりたい競馬はできました。現時点での力を出せました。今後の成長に期待したいですね」

7着 レッドサクヤ(松山弘平騎手)
「スタートよく、ラッキーライラックを見る形で運べました。直線も頑張ってくれましたが、最後は苦しくなってしまいました」

8着 スカーレットカラー(岩田康誠騎手)
「ゲートを出てくれて流れに乗れた。最後までじわじわと脚を使っていますし、この馬のレースはできたと思います」

9着 ツヅミモン(秋山真一郎騎手)
「イメージ通りの競馬はできました。まだキャリアは浅いですし、これからどんどんよくなりそうです」

10着 プリモシーン(戸崎圭太騎手)
「返し馬まではうまくいったのですが、小屋(待避所)でテンションが高くなってしまって…」

11着 アンコールプリュ(藤岡康太騎手)
「直線でうながしたときには余裕がありませんでした」

12着 フィニフティ(福永祐一騎手)
「ゲートは出ましたけど、あの位置が精いっぱい。最後まで伸びてくれているし、距離はもっとある方がいい」

13着 デルニエオール(池添謙一騎手)
「ゲートは普通に出ましたが、ポジションが後ろすぎました。今後は心と体の成長に期待したいです」

14着 ハーレムライン(大野拓弥騎手)
「リズムよく運べましたが、直線では苦しくなってしまいました」

15着 レッドレグナント(M.デムーロ騎手)
「折り合いはついていたのに伸びなかった。距離が長いのかもしれない」

16着 コーディエライト(和田竜二騎手)
「ハナに行くとリラックスして走ってくれた」

17着 アンヴァル(藤岡佑介騎手)
「2走目で状態はよくなっていました。距離適性ですね」

関連記事
アーモンドアイは前走のシンザン記念で初重賞制覇を果たしていた。
【シンザン記念 2018】動画・結果/アーモンドアイが異次元の末脚でライバルを蹴散らす

昨年の2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズはラッキーライラックが制していた。
【阪神ジュベナイルフィリーズ 2017】動画・結果/ラッキーライラックが2歳女王に君臨する

勝ち馬プロフィール

桜花賞 2018 アーモンドアイ

アーモンドアイ(Almond Eye)牝3/鹿毛 国枝 栄(美浦)
父:ロードカナロア 母:フサイチパンドラ 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:美人とされる顔の目の形

関連記事