【オークス2024】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

オークス2024 追い切り

オークス2024の追い切り・コメントの記事です。オークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2024年5月19日(日) | 2回東京10日 | 15:40 発走
第85回 オークス(GI)芝・左 2400m
Yushun Himba(Japanese Oaks) (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・オークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
オークスは2024年5月19日に東京競馬場で行われる三歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2024年で第85回を迎え、昨年はリバティアイランドが制した。オークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも平安ステークスが開催される。
平安ステークス2024の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。平安ステークスは2024年5月18日に京都競馬場で行われる中距離ダートG3戦。2024年で第31回を迎え、昨年はグロリアムンディが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

オークス2024の追い切りをチェック!

オークス2024 追い切り

オークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
平安ステークス2024の追い切り・コメントの記事です。平安ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
スポンサーリンク

アドマイヤベル

前走・最終追い切り(フローラステークス・1着)
美浦・ウッド・良
5F 69.6-54.4-40.0-12.6(馬なり)

加藤征調教師
「先週は今までやったことがないぐらい、しっかり負荷をかけた。筋肉の質はもともと良かったけど、張りが出てきて、強いトレーニングにも耐えられる体になった。今日は非常に冷静で穏やかで落ち着いて走れていた。良かったです。(3戦連続の東京2000メートルについては)同じコースを続けて走ることで馬も多少なりとも覚えてくれると思う。いい結果を出して、次(オークス)につなげたいと思います」

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(横山武)
6F 84.0-67.4-52.0-37.5-11.7(馬なり)
ヒューゴ(馬なり)の内1.2秒追走・0.2秒先着

横山武騎手
「前に馬を置いて段階的に上げて凄くいい追い切りができました。息の入りも良かったし、距離が延びるので折り合いの方もしっかり確認できた」

加藤征調教師
「引き続きいい状態を維持。前回の追い切りから瞬時に反応できるようになっているし、体つきや動きのはずみ、筋肉の張りが前走時より良くなっている。ここまでは思惑通り。距離も大丈夫です」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 69.9-54.7-40.0-12.8(馬なり)

加藤征調教師
「前走は少し間隔が空いていただけに、体調はアップした感がある。カイ食いが良く、思いどおりに調整もできている。中距離を意識してローテを組んできた馬。出たなりで流れに乗れれば」
「前走よりも動きは活発。2400メートルも問題ないと思う」
5枠10番について
加藤征調教師
「中団からの競馬になると思うが、前に壁ができるし枠の並びはいい」

ヴィントシュティレ

前走・最終追い切り(3歳未勝利・1着)
美浦・坂路・良
800m 53.6-38.8-25.4-12.5(馬なり)

最終追い切り
美浦・坂路・良(北村宏)
800m 52.1-37.9-24.9-12.4(馬なり)

古賀調教師
「予定より速くなったが、それだけ状態がいい証拠。出たなりで自分の競馬ができれば」
6枠11番について
柴山助手
「極端な枠ではなかったし、特にこだわりはない。どこまでリズム良く運べるかが大事」

エセルフリーダ

前走・最終追い切り(ミモザ賞・1着)
美浦・ウッド・良
5F 67.2-51.9-37.3-11.6(G前一杯追)

1週前追い切り
美浦・ウッド・重(助手)
5F 68.5-53.2-38.1-11.4(強め)
サンロレンツォ(一杯)の内0.2秒追走・0.4秒先着

武藤調教師
「実戦をイメージして、前と後ろから接近して我慢させた。直線はグイグイの手応えだったね。切れる脚はないけど、長く脚を使える。オークスを一番の目標にしてきた。(昨秋に)東京で勝っているのも強みになると思う」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 65.5-50.9-36.7-11.2(一杯)
サンロレンツォ(一杯)の内0.3秒追走・0.4秒先着

武藤調教師
「満足いく動きで、状態はかなりいい。早くからオークスを意識していた馬。楽しみ」
2枠3番について
武藤調教師
「非常に良かったです。スタートも遅くないので、内のポケットで脚を温存できれば長くいい脚を使いますからね。1年春からここを目標にやってきていた。念願の舞台だからね」

クイーンズウォーク

前走・最終追い切り(桜花賞・8着)
栗東・CW・良
6F 84.1-68.7-53.2-37.5-11.2(馬なり)

中内田調教師
「動きはいいし、雰囲気もいい。普段はお転婆だが、競馬へ行くと堂々としている」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(川田将)
7F 98.0-66.4-52.0-36.9-11.5(馬なり)
プレッジ(稍一杯)の内0.6秒追走・0.1秒先着

福永助手
「ジョッキー(川田)騎乗でCW併せ馬。放牧明けでいくらか緩さが見られたところが、このひと追いでどう変わってくるか。うまく態勢を整えたい。もまれず、スムーズに運ぶ形が理想となりそうです」

最終追い切り
栗東・坂路・良(調教師)
800m 55.9-40.3-26.4-13.0(馬なり)

中内田調教師
「先週しっかりやってグンと上がってきた感じがしたので、調整程度で終わらせる意図でした。動きは非常に良かったですし、リラックスしていてバランスも良かった。春はここが一番の目標。距離適性はあると思っています」

福永助手
「桜花賞は内でもまれる形で厳しい展開になった。この時期の牝馬ではスタミナがあるほうなので、そのあたりの強みを生かしたいね」

1枠2番について
福永助手
「与えられた枠でベストを尽くします。前走はあまり経験したことがないレースの形、厳しい展開になり力を発揮できませんでしたね」

コガネノソラ

前走・最終追い切り(スイートピーステークス・1着)
美浦・ウッド・稍重
6F 85.0-68.3-52.1-37.2-11.1(馬なり)

1週前追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 70.5-55.0-40.1-12.5(馬なり)

菊沢調教師
「中2週なので1週前はそれほどやらなかったけど、回復が良くて張りもいいし、順調に来ています。本当にタフな馬。瞬発力もあるし、東京でああいう一面を見せてくれたからね。期待を持って臨みます」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 66.6-51.6-37.0-11.4(馬なり)
カプラローラ(馬なり)の内1.4秒追走・0.2秒先着

菊沢調教師
「上がりもいいし、抜け出してからも走るようなイメージでやった。順調だし、不安なことがあったらここまでやっていない」
「前走は新しい面を見せた。リズム良く走れば距離も大丈夫」
「中間もカイバを食べて馬はケロッとしている。前走はいい競馬ができた。ポジションにこだわらず自分のリズムで運べれば距離もこなせていい」
3枠5番について
郷原助手
「いいところが当たった。ここなら前に行っても抑えてもいい。以前よりパワーがついてきているので問題ない」

サフィラ

前走・最終追い切り(クイーンカップ・9着)
栗東・坂路・重
800m 55.3-40.8-26.9-13.0(馬なり)

池添調教師
「阪神JFの時は1週前に時計を出してテンションが上がってしまった。今回は輸送もあるし、これで十分」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(松山弘)
6F 85.5-69.9-54.7-38.3-11.1(馬なり)
モモンウールー(馬なり)の内0.7秒追走・クビ先着

松山騎手
「相手に合わせる感じで動きは良かった。大きく変わった感じはないですね。結構、掛かるぐらい前向きな馬なので距離がどうか。しっかり折り合いをつけられたら、と思います」

池添調教師
「前走は体が減って、ラストはガス欠になっていましたね。我慢させる競馬を教えているので、距離は延びても問題ないです。もともといい馬で大きく変わったところはないですが、毛ヅヤ、ハリが良くなっています」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 56.3-41.2-26.3-12.5(馬なり)

池添調教師
「追い切りは時計が速くなりすぎないようにリズムを重視。はずむような感じで良かったです」
7枠15番について
池添調教師
「ロスなく回ってきてくれれば。ジョッキーに任せます。金曜に輸送するので、木曜はハッキングでしっかり体をほぐしました」

サンセットビュー

前走・最終追い切り(フローラステークス・9着)
栗東・坂路・良
800m 54.5-38.9-25.2-12.3(末強め)

新谷調教師
「緩やかだけど、精神面も肉体面も順調に成長。距離も2000メートルくらいあった方がいい」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
7F 98.2-66.4-51.6-36.9-11.9(一杯)
パレハ(馬なり)の外0.5秒先行・同入

新谷調教師
「併せ馬の動きは良かったと思います。ジョッキー(三浦)は“距離が延びれば延びるほどいい”と。折り合いには心配がない馬なので」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.5-38.7-24.7-12.2(馬なり)

新谷調教師
「間隔的にも強くする必要はなかった。休み明けを使って上向いている感じ」
3枠6番について
横井助手
「いい枠だと思います。長くいい脚を使えるタイプだし、積極的な競馬ができれば」

ショウナンマヌエラ

前走・最終追い切り(桜花賞・17着)
栗東・坂路・良
800m 56.7-40.7-25.9-12.5(馬なり)

高野調教師
「時計は求めず、いいリズムで走らせた。元気だし活気がありますね。(前走スタートで出遅れたため)ゲートの駐立の練習は入念にやっています。切れ味は持ち合わせていないし前めで勝負できれば」

1週前追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 57.5-41.5-26.2-12.2(馬なり)

高野調教師
「時計は要らないでしょう。少し、しまい動かした程度。いい反応だったし満足いく動き。今回も逃げます」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.4-40.1-25.9-12.6(末強め)

高野調教師
「(速い)時計を出すつもりはなかったし、リズム良く行かせたような追い切りでした」
「今週は調整程度。ハナにこだわってどこまで頑張るか」
8枠16番について
高野調教師
「逃げたいので極端な外じゃない方が良かったですけどね。追い切り後もカイバは食べていますし、いい状態です」

スウィープフィート

前走・最終追い切り(桜花賞・4着)
栗東・坂路・良
800m 52.7-38.1-24.3-12.0(馬なり)

庄野調教師
「1週前もいい動きでしたし、今週も動きはすごく良くなってきてストライドが伸びていました。力強さも加わってきたかなと思います」

1週前追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 52.5-37.9-24.3-12.2(末強め)
センチュリクィーン(一杯)を0.4秒追走・0.6秒先着

庄野調教師
「短期放牧で疲れが取れた。いい意味で緩いし、しっかりやりました。馬の後ろで折り合い、しまいもしっかり。これで上昇してくるでしょう。今のところ不安材料はないですね」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.9-37.6-24.3-12.1(馬なり)

武豊騎手
「いい動きだったと聞いています。折り合いがつけば、東京の長い直線はこの馬にとっていい。チャンスのある一頭だと思う」

庄野調教師
「いつも通り坂路で。全体時計は少し速くなったけど、迫力があっていい動きだった。血統背景からも距離はこなせていいし、折り合いがついて、同じような脚が使えるようなら」

渡辺助手
「順調にきている。競馬でも調教でも折り合いを欠くところがなくなってきた。ゲートに難しいところがあるので、スタンド前からの発走で平常心でいられるかがポイント。折り合いをつけて、マイルの脚を使えれば」

7枠13番について
笠原助手
「(武)豊ジョッキーですからね、どの枠でも。スタートも良くなっているし、追い切ってもう一段階状態も良くなっている。長距離輸送、スタンド前発走をうまくクリアしてほしい」

ステレンボッシュ

前走・最終追い切り(桜花賞・1着)
栗東・CW・良
6F 82.7-67.5-52.0-37.1-11.7(馬なり)

国枝調教師
「先週も今週もいい併せ馬ができました。今朝はやりすぎてもと思って、しまいを伸ばし切る予定だったが、追うほどでもなかった。数字的にはさほど変化はないが、しっかりしてきているし、先週見た時より馬の格好がふっくらしていい感じ。休み明けでも時間に余裕がある分、調整しやすい。牝馬にしてはどっしりしているね」

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(戸崎圭)
5F 65.8-51.3-36.9-11.1(馬なり)
ノットファウンド(馬なり)の内0.9秒追走・同入

戸崎騎手
「コントロールは大丈夫でした。少し頭が高いなと感じたけど、走りの重心は全く問題ありません。ダービー(ジャスティンミラノ)ばかり意識している場合じゃないですね。その前に大仕事が来ました」

国枝調教師
「桜花賞の後もトラブルなく来て雰囲気は良い。早い時期から長めの距離が合うと思っていた。(自厩舎で牝馬3冠を成し遂げた)アパパネ、アーモンドアイの時よりもオークスで距離が延びることへの不安は少ない」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 83.6-66.7-50.9-35.6-11.4(馬なり)
テンペスト(馬なり)の内1.1秒追走・0.1秒遅れ

国枝調教師
「前回も体はできていたけど、1回使われて完全に競馬モードに入っている。もともと距離は長いほうがいいだろうという見立てだった。(厩舎の先輩で牝馬3冠の)アパパネやアーモンドアイとも全然遜色がないし、(2頭と)同じような結果が出てくると期待しています」
「折り合いはまったく問題なかった。距離は大丈夫だと思う」
4枠7番について
国枝調教師
「ラッキーセブンだな。良かったよ。何も問題ない。ここまで順調に来ているよ」

タガノエルピーダ

前走・最終追い切り(忘れな草賞・1着)
栗東・CW・良
6F 85.5-69.3-54.1-38.2-11.5(馬なり)

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(M.デムーロ)
6F 83.7-67.8-53.2-38.1-11.8(馬なり)
フェンダー(一杯)の内0.7秒追走・アタマ先着

斉藤崇調教師
「ジョッキー(M.デムーロ)に乗ってもらい、後ろから追いかける形。動きは良かった。スタートが速くて前に行ける割に掛からないので、レースはしやすいと思います」

最終追い切り
栗東・CW・良(M.デムーロ)
6F 86.8-70.2-54.5-38.3-11.7(G前仕掛け)
フェンダー(馬なり)の内1.1秒追走・同入

M.デムーロ騎手
「小さい馬だが、一生懸命に走る。乗りやすくて賢い。最後はどう反応し、どう動くか見たかった。自分から進んで行かないし、距離には対応はできそう」

斉藤崇調教師
「先週より全体時計は遅いイメージで乗ってもらいました。その分ゴールではしっかりと加速できていて、いい動きでしたね」

8枠17番について
斉藤崇調教師
「ずいぶん外に入りましたね。偶数、奇数は気にならない。(追い切り後も)カイ食いが良く、体に張りがあります」

チェルヴィニア

前走・最終追い切り(桜花賞・13着)
栗東・CW・良
6F 85.4-69.1-53.4-38.2-11.6(馬なり)

太田助手
「先週追い切ってからさらにベース(土台)を上げていくにあたって、出てきた課題を1週間かけて修正し、きょうの追い切りに臨みました。調教師から指摘された点は改善できて、先週より状態は上がっていると思ってくれたのではないでしょうか。素軽さが出て、フットワークにもやっとシャープさが出てきました」

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
7F 97.5-66.4-51.4-37.1-11.1(強め)
ヒップホップソウル(馬なり)の内0.4秒追走・0.1秒遅れ

木村調教師
「しっかりできる状態にあったので、しっかりやった。レースを使って気持ちの入り方は前回よりいい」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 84.4-67.8-52.6-38.2-11.6(馬なり)
ガルサブランカ(馬なり)の内0.4秒追走・同入

木村調教師
「桜花賞は急ピッチに仕上げたけど、結果的に自分の見立てが甘かった。休み明けを使った分、気持ちの入り方は前回よりも良くなっている。左回りは合うし、距離が延びても大丈夫そうです」

太田助手
「一度競馬を使った効果は見込めますね。息遣いや、フィジカル的でも前走時よりも良くなっている」

6枠12番について
木村調教師
「与えられた枠順で真摯(しんし)に対応するだけです。休み明けの前回より馬自身が前に行こうとする気持ちを持ち合わせているように感じている」

パレハ

前走・最終追い切り(忘れな草賞・6着)
栗東・坂路・良
800m 55.6-40.1-25.2-12.1(馬なり)

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(見習)
7F 97.7-66.1-51.3-36.8-11.9(馬なり)
サンセットビュー(一杯)の内0.5秒追走・同入

新谷調教師
「動きは良かったと思う。前走(忘れな草賞6着)は凄いハイラップで参考外。行く馬の後ろにつけて行ければ。距離は持つと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(見習)
800m 53.9-39.7-25.6-12.5(馬なり)
ドルチアーリア(末強め)を0.5秒追走・クビ先着

新谷調教師
「馬なりで軽め。予定通りです。逃げたくないので、中間は馬の後ろにつけたりしてきた」
2枠4番について
横井助手
「いいところですね。馬の後ろで我慢させて運びたい」

ホーエリート

前走・最終追い切り(フラワーカップ・2着)
美浦・ウッド・重
6F 82.6-66.2-50.8-36.4-11.5(馬なり)

田島調教師
「成長してきていい雰囲気。前走は悪い内容ではなかった」

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(原優)
5F 66.8-51.3-36.0-11.2(G前仕掛け)
クロックフォード(馬なり)の外0.5秒追走・0.2秒先着

田島調教師
「先週、今週とまずまず動いた。落ち着いているので、この感じなら2400メートルもこなせそう」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(原優)
5F 68.1-52.8-37.1-11.6(馬なり)

原騎手
「前走は力が付き切っていなかったけど、今は体に幅が出てトモ(後肢)がしっかりしてきた」
「何も手がかからないくらい折り合いがうまくいった。2400メートルでも問題ない感触をつかめたのが大きな収穫」
4枠8番について
田島調教師
「真ん中より内めでいい。うまく周りを見ながら運べる」

ミアネーロ

前走・最終追い切り(フラワーカップ・1着)
美浦・ウッド・重
5F 68.5-52.5-36.9-11.1(馬なり)

林調教師
「前走より精神面の成長が見られます」

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(津村明)
6F 85.7-69.2-53.2-37.6-11.1(G前仕掛け)
ウィンダミア(強め)の内0.8秒追走・0.2秒先着

津村騎手
「前を追いかけ、しまいもしっかりやっていい動き。イレ込まず落ち着いているのが何よりうれしい」

林調教師
「精神面的に落ち着きがある状態で1週前追い切りをすることができたし、すごく良くなっています。2400メートルと距離が延びることに対応できるよう、調教などを工夫しているし、攻め馬でもしっかり動いてくれています」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(津村明)
5F 68.0-52.0-36.8-10.9(G前仕掛け)
パライバトルマリン(強め)の内0.7秒追走・同入

津村騎手
「今週はきちんと手前を替えた。仕掛けてからはいい伸びだった」

林調教師
「いい動きだったと思います。道中ためも利いて、しまいはしっかり反応していました」

1枠1番について
林調教師
「もう少し外めの枠が良かった。前走(5枠5番)で内をさばいて勝っている。今回もロスなく運んでいい競馬をしてほしい。あとはジョッキーに任せます」

ライトバック

前走・最終追い切り(桜花賞・3着)
栗東・CW・良
6F 84.4-69.4-54.3-38.7-11.9(馬なり)

茶木調教師
「先週しっかりやっているので、しまいを確かめた。時計、反応は思っていたとおり。高いポテンシャルを秘めているので、噛み合えばここでも面白いと思う」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
6F 82.7-66.3-51.3-36.7-11.3(G前気合付)
サンライズガッツ(一杯)の外0.3秒追走・1.0秒先着

茶木調教師
「とてもいい動き。もう仕上がったと思います。今週レースでもいいぐらい。何の不安もない仕上がりです。スタートを決めて折り合いをつけ、リラックスして走ってくれたら」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 83.5-67.8-52.3-37.3-11.5(馬なり)
サンライズガッツ(一杯)の外0.3秒追走・0.7秒先着

坂井騎手
「テンションの対策はしている。いい脚を使えるし、折り合いだけ」
「本質的には中距離をこなせる馬だと思います。この世代でも上位の力があると思うので自信を持って乗りたいと思います」

茶木調教師
「動きは向正面から4コーナーの折り合いに注目していたが上手に走ってくれた。直線も先行した馬がいる中でよく走っていた。文句のない仕上がり。同世代の中では距離適性もかなり高い方だと思う」

7枠14番について
茶木調教師
「内より外の方がいいと思っていたので、凄くいい枠だと思う。落ち着きがあり、雰囲気はいい。心身ともに充実していますね」

ラヴァンダ

前走・最終追い切り(フローラステークス・2着)
栗東・坂路・良
800m 50.8-36.9-23.8-12.1(馬なり)

中村調教師
「これだけの好時計でも余裕があった。スピードの勝った調教と違い、競馬では勝負どころでモタモタする面があるので距離延長に対応できるかも」

1週前追い切り
栗東・CW・良(田中健)
6F 84.8-67.9-53.2-37.7-11.2(馬なり)
ラスク(馬なり)の内0.3秒追走・0.2秒先着

中村調教師
「使っている馬だから無理しないように息を整える程度。後ろから並ぶ感じだったが勢いが違うので抜けてきた。前走は初距離でも道中、力むことなく上手に走った。2400メートルでも対応できそう」

最終追い切り
栗東・坂路・良(田中健)
800m 51.1-37.0-24.2-11.9(馬なり)
グルーヴビート(一杯)を0.8秒追走・0.3秒先着

中村調教師
「調教は動ける馬なので無理をせずに。今回はカイバを食べているので、前走より体重を気にせず調教をやれている」
5枠9番について
中村調教師
「スタンド前の発走なので奇数よりは偶数の方が良かったですけど、真ん中の枠で悪くないと思います」

ランスオブクイーン

前走・最終追い切り(3歳未勝利・1着)
栗東・CW・稍重
5F 71.7-55.7-40.2-12.7(馬なり)

1週前追い切り
栗東・CW・良(城戸義)
5F 70.4-54.0-37.8-11.2(馬なり)
ランスオブプライム(強め)の内0.4秒追走・同入

奥村豊調教師
「相棒にしっかり付いて行くように、と話してして、体調をキープすることをメインにやりました。いい意味でマイペースなので、折り合いは全く心配ない」

最終追い切り
栗東・CW・稍重(横山和)
5F 70.4-53.8-37.9-11.4(馬なり)
コトホドサヨウニ(馬なり)の内0.4秒追走・0.1秒先着

横山和騎手
「先週乗った城戸騎手やスタッフの方からも聞きながら雰囲気をつかめました。2400メートルはやってみないと分かりませんが、とりあえず不安なく臨めます。(実戦での)折り合いとなると別ですが、きつく掛かることはなさそうです」

奥村豊調教師
「(木曜追いについては)水曜に自厩舎でやるより、木曜にジョッキーに乗ってもらった方がいいかと。(状態は)キープしているし、それで十分だと思います」

8枠18番について
奥村豊調教師
「ゲートで待つ時間が少ないですし、もまれる心配もない。力を出し切るにはいいと思います」

2024年・オークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 オークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・オークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はスウィープフィートに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/1・6/2)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
日本ダービーは2024年5月26日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2024年で第91回を迎え、昨年はタスティエーラが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
安田記念は2024年6月2日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2024年で第74回を迎え、昨年はソングラインが制した。安田記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

コメント

  1. 匿名 より:

    一枠一番じゃねーよアドマイヤベル・・・

    • ほりでい より:

      コメントありがとうございます。
      確認ミスでご迷惑をおかけして申し訳ございません。
      修正させていただきました。
      これからもよろしくお願いいたします。