【新潟2歳ステークス2020】結果・動画/ショックアクションが抜け出し快勝

【新潟2歳ステークス2020】結果・動画/ショックアクションが抜け出し快勝

新潟2歳ステークス2020 ショックアクション

新潟2歳ステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の新潟2歳ステークスの着順は1着:ショックアクション、2着:ブルーシンフォニー、3着:フラーズダルムとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の新潟2歳ステークスはショックアクションが抜け出し快勝

2020年8月30日(日) | 3回新潟6日 | 15:45 発走
第40回 新潟2歳ステークス(GIII)芝・左 1600m
Niigata Nisai Stakes (G3)

スポンサーリンク

2020年・新潟2歳ステークスの動画

関連記事

昨年の新潟2歳ステークスはウーマンズハートが制していた。

新潟2歳ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の新潟2歳ステークスの着順は1着:ウーマンズハート、2着:ペールエール、3着:ビッククインバイオとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・新潟2歳ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:ショックアクション
2着:ブルーシンフォニー(1-3/4馬身)
3着:フラーズダルム(1/2馬身)
4着:ファルヴォーレ(4馬身)
5着:シュヴァリエローズ(クビ)
6着:セイウンダイモス
7着:ロードマックス
8着:ブルーバード
9着:ハヴァス
10着:ジュラメント
11着:タイガーリリー

勝ちタイム:1.34.6
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

レース後のコメント

新潟2歳ステークス2020 ショックアクション

1着 ショックアクション(戸崎圭太騎手)
「よく走ってくれて馬に感謝しています。前走で乗った(福永)祐一さんから『乗りやすい』と聞いていた。位置もある程度とって行こうと思っていました。馬群がばらけると思っていたが、馬場のちょうどいいところ走れました。しっかりと最後まで走っていましたし、先頭になってからも上手に走っていた。まだ緩さもあるし、先々が楽しみになると思います。きょうは少しテンションが高いところもありましたが、乗りやすい馬ですし、レースセンスも良さそうなのでこれからが楽しみです」

2着 ブルーシンフォニー(田辺裕信騎手)
「前回もスタートが速くなかった。盛り返すような内容だったが、今回も出だしで流れに乗り切れなかったけど、コーナーでロスなく回ってうまく挽回できた。稽古は動くし、先々が楽しみ」

3着 フラーズダルム(福永祐一騎手)
「2戦目で気が入っていた。直線でどれだけ脚を使ってくれるかだったが、現時点では瞬発力というよりは長く脚を使う感じ。重賞でもやれる力はみせてくれた。距離は延びても大丈夫」

4着 ファルヴォーレ(岩田康誠騎手)
「現時点での能力は引き出せた。もう少し成長してくればもっといいパフォーマンスができる」

5着 シュヴァリエローズ(M.デムーロ騎手)
「スタートをうまく出られなかった。ずっとハミを取らずに1000メートルでムチが入っていたくらい。直線は伸びているが…」

6着 セイウンダイモス(内田博幸騎手)
「少しテンションが高かった。1200メートルを使ったあとだったというのもある。3頭とは差はあったが、4着以下とはそれほど差はなかったから。あとは成長と経験ですね」

7着 ロードマックス(岩田望来騎手)
「いい感じでレースを運べた。次につながるレースはできたと思います」

8着 ブルーバード(柴田大知騎手)
「悪くなかったけど、上手に走れなかった。若さもあるし、テンションが高かった」

9着 ハヴァス(丸山元気騎手)
「気持ちが強すぎる。そこだけです」

10着 ジュラメント(藤田菜七子騎手)
「荒れ馬場でついていけなかった。これから成長してくれると思います」

11着 タイガーリリー(三浦皇成騎手)
「稽古の感じではマイルは大丈夫だと思ったが…。向正面でもかかっていた。これから良くなってくると思います」

勝ち馬プロフィール

新潟2歳ステークス2020 ショックアクション

ショックアクション(Shock Action)牡2/鹿毛 大久保 龍志(栗東)
父:Gleneagles 母:Reset In Blue 母父:Fastnet Rock
馬名の由来:急襲