【新潟2歳ステークス2019】結果・動画/ウーマンズハートが鮮やかに差し切る

新潟2歳ステークス2019 ウーマンズハート

新潟2歳ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の新潟2歳ステークスの着順は1着:ウーマンズハート、2着:ペールエール、3着:ビッククインバイオとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の新潟2歳ステークスはウーマンズハートが鮮やかに差し切る

2019年8月25日(日) | 2回新潟10日 | 15:45 発走
第39回 新潟2歳ステークス(GIII)芝・左 1600m
Niigata Nisai Stakes (G3)

スポンサーリンク

2019年・新潟2歳ステークスの動画

関連記事

昨年の新潟2歳ステークスはケイデンスコールが制していた。

新潟2歳ステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:ケイデンスコール、2着:アンブロークン、3着:スティルネスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・新潟2歳ステークスの結果

1着:ウーマンズハート
2着:ペールエール(1/2馬身)
3着:ビッククインバイオ(1-3/4馬身)
4着:クリアサウンド(1-1/4馬身)
5着:エレナアヴァンティ(3-1/2馬身)
6着:シコウ
7着:ウインカーネリアン
8着:モーベット
9着:トロワマルス
10着:サナチャン
11着:トライフォーリアル
12着:カイアワセ
13着:タイムマシン
14着:セツメンノトビウオ
15着:グライユル
16着:グランチェイサー

勝ちタイム:1.35.0
優勝騎手:藤岡 康太
馬場:良

レース後のコメント

1着 ウーマンズハート(藤岡康太騎手)
「馬が強かったですね。新馬の内容からいい脚を持っているのはわかっていたので、いかにスムーズに運べるかと考えていた。(新潟の芝コースが)馬場の外が伸びるようになっていたので、なるべくスムーズに外に出せるようにと思っていた。4角での手応えよりは、直線ではふらふらして、子供っぽいところがありましたが、よく伸びてくれました。2戦目でテンション上がるところがあって、気性的な部分に課題はあるかもしれないですが、ポテンシャルは間違いないので、これからが楽しみな馬だと思います」

(西浦勝一調教師)
「輸送でも平然として精神的にどっしりしている。直線でフラフラするのは今後力をつけていけば解消されると思う。どこまで成長して、どの距離までもつか未知数だが来年の春まではこの距離で大丈夫そう。放牧後様子を見て阪神JFに直行するかもしれません。」

2着 ペールエール(M.デムーロ騎手)
「(勝ち馬が)強すぎるよ。僕の馬も最後は凄い脚を使っているんだが…。馬はまだ子供だけどスタートも良かったし頑張っているよ」

(安田隆行調教師)
「賞金を積めたのはよかった。朝日杯FS(12月15日、阪神)には行きたい」

3着 ビッククインバイオ(大野拓弥騎手)
「2番手でスムーズな競馬ができた。上位2頭は強かったが、この馬のレースはできたと思う」

4着 クリアサウンド(松山弘平騎手)
「外差しが決まる馬場で内枠は厳しかった。内にもたれるところもあり、外にも出せずといった中で4着は頑張っている。もう少し落ち着いて走ってくれると良いですね。」

5着 エレナアヴァンティ(内田博幸騎手)
「スタートでポンと出て、もまれる経験もなかったので自分でレースを作りました。リズム重視でいって息も入り頑張っていた。距離はこれがギリギリだと思います。」

7着 ウインカーネリアン(松岡正海騎手)
「前につけたかったのですが、出遅れてしまいました。上のクラスまでいける実力のある馬なので、気持ちがコントロールできるようになれるといいと思います」

8着 モーベット(福永祐一騎手)
「スムーズでなかった。枠内での駐立が悪かったですが、スタートは五分だった。ただ3コーナーでごちゃついていてかわいそうだった。ラストも伸びているが、力が出せませんでした。」

9着 トロワマルス(木幡初也騎手)
「レースは上手に走っていました。距離が1ハロン延びて、ペースも落ち着いたので、最初に噛んだ分、脚が上がってしまいました」

10着 サナチャン(武士沢友治騎手)
「ゲートのタイミングが悪く、横を向いた時に切られた」

11着 トライフォーリアル(丸山元気騎手)
「ゴチャついて気負っていた。瞬発力勝負も、もうひとつかもしれない」

14着 セツメンノトビウオ(北村宏司騎手)
「スタートは良かったけど、終始、苦しい手応えだった」

15着 グライユル(鹿戸雄一調教師)
「具合は良かったけど、流れに乗れなかった」

16着 グランチェイサー(田辺裕信騎手)
「制御できなかった」

勝ち馬プロフィール

新潟2歳ステークス2019 ウーマンズハート

ウーマンズハート(Woman’s Heart)牝2/鹿毛 西浦 勝一(栗東)
父:ハーツクライ 母:レディオブパーシャ 母父:Shamardal
馬名の由来:女心

関連記事

ウーマンズハートは新馬戦でも素晴らしい末脚を披露していた。

ウーマンズハートが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:ウーマンズハート、2着:マルターズディオサ、3着:アミークスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。