【ニュージーランドトロフィー2023】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

ニュージーランドトロフィー2023 追い切り

ニュージーランドトロフィー2023の追い切り・コメントの記事です。NZTの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2023年4月8日(土) | 3回中山5日 | 15:45発走
第41回 ニュージーランドトロフィー(GII)芝・右・外 1600m
New Zealand Trophy(NHK Mile Cup Trial) (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・ニュージーランドトロフィーの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
ニュージーランドトロフィーは2024年4月6日に中山競馬場で行われる三歳マイル王への前哨戦。NZTは2024年で第42回を迎え、昨年はエエヤンが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも桜花賞などが開催される。
桜花賞は2024年4月7日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2024年で第84回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はリバティアイランドが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
阪神牝馬ステークスは2024年4月6日に阪神競馬場で行われる古馬牝馬限定のG2戦。阪神牝馬Sは2024年で第67回を迎え、昨年はサウンドビバーチェが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ニュージーランドトロフィー2023の追い切りをチェック!

ニュージーランドトロフィー2023 追い切り

ニュージーランドトロフィーに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
桜花賞2023の追い切り・コメントの記事です。桜花賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
阪神牝馬ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。阪神牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
ウンブライル

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 67.8-52.4-38.0-11.6(馬なり)
マローディープ(馬なり)の外0.3秒先行・同入

木村調教師
「走る気持ちに欠けているので、中間はその改善に努めている。追い切りはチークを着けたが、本質的な部分は変わっていない」
エイシンエイト

最終追い切り
美浦・南W・良(調教師)
5F 65.7-50.4-36.5-11.3(強め)

田中剛調教師
「入厩して日は浅いが、調整はしっかり。動き、体調ともいいが、芝は未知数」
エエヤン

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 84.2-67.8-52.0-37.8-11.4(馬なり)
ウメタロウ(末強め)の内0.8秒追走・0.1秒先着

伊藤大調教師
「サラッとやっても時計が出る。飛んでいる感じ。緩さが取れて、体に芯が入ってきた」
オマツリオトコ

最終追い切り
美浦・南W・良(永野)
6F 83.8-67.7-52.6-37.4-11.4(馬なり)
コンバスチョン(馬なり)の外0.3秒追走・同入

永野騎手
「先週は左にササる面があったが、今週は直線で自分からハミを取って進んでいた。荒れ気味の芝は合いそう」
サンライズジーク

最終追い切り
栗東・坂路・良(坂井瑠)
800m 55.8-40.7-26.3-12.9(馬なり)

宮内助手
「時計は地味だけど疲れを残さないようにしたので予定通り。血統的に芝でやれてもいい。中山コースは初めてでも合いそうな感じはする」
シャンパンカラー

最終追い切り
美浦・坂路・良(調教師)
800m 51.8-37.9-24.9-12.3(一杯)

田中剛調教師
「ひと息入ったが仕上がりはいい。乗りやすく、スタートも上手」
「走りを止めるのが大変なくらい気合が乗っていた。乗り味も良くなっている」
ジョウショーホープ

最終追い切り
栗東・坂路・良(荻野極)
800m 51.4-37.0-24.1-12.1(馬なり)

横井助手
「これくらいの時計では動けるよ。1回使って上積みは大きいし、雰囲気もいい。中2週で使えるのも状態がいいから」
シーウィザード

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 84.1-68.6-53.5-38.9-12.1(馬なり)

鹿戸調教師
「動きは予定通り。当日の落ち着きが鍵。今の感じでレースに臨みたい」
ドルチェモア

最終追い切り
栗東・坂路・良(横山和)
800m 51.9-37.2-24.6-12.5(末強め)

須貝調教師
「先週までに負荷をかけているので調整程度。態勢は整っていると思うよ。目標はあくまでNHKマイルC。そこに向けてまずはここでいい走りをしてほしいね」
バグラダス

最終追い切り
美浦・南W・良(三浦)
6F 82.8-65.8-50.7-36.7-11.9(馬なり)
レイテントロアー(末強め)の内0.7秒追走・0.1秒遅れ

嘉藤調教師
「十分に反応してくれたし、あれだけやれればいいと思う。不安なくレースに向かえそう」
「初めてここまで強くやった。直線も十分に反応していて、ジョッキーもいい感触をつかんでくれた」
ミシシッピテソーロ

最終追い切り
美浦・南W・良(柴田大)
5F 66.3-51.1-36.6-11.4(馬なり)
ルピナステソーロ(強め)の内0.7秒追走・同入

柴田大騎手
「少し時計は速かったですが、全く無理せず馬なり。仕上がりはいいし、力はありますからね」

畠山調教師
「今日は折り合い重視。手応えを見て、しまいは楽々と併入できた。真面目過ぎるのでレースではリラックスしてほしい」

ミスヨコハマ

最終追い切り
美浦・南W・良(石橋脩)
6F 82.6-66.8-52.1-37.7-11.6(馬なり)
モンセラット(一杯)の内0.8秒追走・0.1秒先着

石橋騎手
「去年と比べると馬はたくましくなった。道中変に動かさず、この馬のリズムで」

斎藤誠調教師
「楽に5F67秒を切れたし、以前と比べてだいぶ良くなった。瞬発力勝負では分が悪いので自ら動くような競馬を」

メイクアスナッチ

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 56.0-40.4-25.5-12.4(馬なり)
レジーナヌーボ(馬なり)を0.3秒追走・0.1秒先着

武市調教師
「前走同様の調整過程できているし、いい雰囲気です。動きも良かった」
モリアーナ

最終追い切り
美浦・南W・良(武藤)
7F 97.6-66.6-51.8-37.5-11.7(馬なり)

武藤騎手
「状態面の上積みは少ないが、稽古は単走で落ち着いて走れて、折り合いもよかったです」
ルミノメテオール

最終追い切り
美浦・坂路・良(伊藤工)
800m 53.4-38.8-25.0-12.2(馬なり)
シャドウエリス(馬なり)を1.3秒追走・同入

金成調教師
「前走は(桜花賞の)権利がほしかったので満足していない。今回は結果を求めたい」
「やればいくらでも時計は出るので、ちょうどいい感じ。連勝中は骨りゅうの影響があったけど、今はその不安がない」
ロードディフィート

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 84.0-67.4-52.4-37.9-12.1(馬なり)
コーラルティアラ(末強め)の内1.0秒追走・同入

和田勇調教師
「つかみ切れてない面はあるが、動きは良かった。良くなるのはもう少し先」

小島助手
「まだ芯が入っておらず、ぶれながら走っているが、それでも前走は道悪をこなして走ったし素質はある。いい意味で状態は平行線」

2023年・ニュージーランドトロフィーの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 ニュージーランドトロフィー|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・ニュージーランドトロフィーの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はシーウィザードに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(4/27・4/28)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
皐月賞は2024年4月14日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2024年で第84回を迎え、昨年はソールオリエンスが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞春は2024年4月28日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2024年で第168回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はジャスティンパレスが制した。天皇賞春の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。