【ニュージーランドトロフィー2020】結果・動画/ルフトシュトロームが豪快に差し切りV

ニュージーランドトロフィー2020 ルフトシュトローム

ニュージーランドトロフィー2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のNZTの着順は1着:ルフトシュトローム、2着:シーズンズギフト、3着:ウイングレイテストとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

これで無傷の三連勝!2020年のニュージーランドトロフィーはルフトシュトロームが豪快に差し切りV

2020年4月11日(土) | 3回中山5日 | 15:45 発走
第38回 ニュージーランドトロフィー(GII)芝・右 1600m
New Zealand Trophy(NHK Mile Cup Trial) (G2)

スポンサーリンク

2020年・ニュージーランドトロフィーの動画

関連記事

昨年のニュージーランドトロフィーはワイドファラオが制していた。

ニュージーランドトロフィー2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のNZTの着順は1着:ワイドファラオ、2着:メイショウショウブ、3着:ヴィッテルスバッハとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・ニュージーランドトロフィーの結果

スポンサーリンク

1着:ルフトシュトローム
2着:シーズンズギフト(1/2馬身)
3着:ウイングレイテスト(クビ)
4着:アブソルティスモ(2-1/2馬身)
5着:ソウルトレイン(アタマ)
6着:ハーモニーマゼラン
7着:オーロラフラッシュ
8着:コウソクスピード
9着:グレイトホーン
10着:マイネルグリット
11着:シャチ
12着:フルートフルデイズ
13着:カリオストロ
14着:ソングオブザハート
15着:ペールエール
16着:カフェサンドリヨン

勝ちタイム:1.33.0
優勝騎手:石橋 脩
馬場:良

関連記事
G1・NHKマイルカップをにぎわす馬は?
NHKマイルカップは2020年5月10日に東京競馬場で行われる3歳マイル王を決める一戦。NHKマイルカップは今年で第25回目を迎え、昨年はアドマイヤマーズが制した。NHKマイルカップの出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 ルフトシュトローム(石橋脩騎手)
「(それまでのレースで)少し前が残っていたので、ある程度(前につけられれば)と堀先生と話していたが、(スタートを)ゆっくり出たし、ペースが流れていたので、力のある馬だし、慌てないで進めた。4コーナーの手応えは良かったし、前も止まるのではと思っていた。まだ良くなりそうな馬なので、楽しみです」

2着 シーズンズギフト(津村明秀騎手)
「うまく直線に向いたが、力んで走っていたので、最後は甘くなった」

3着 ウイングレイテスト(横山武史騎手)
「この枠でも内側の馬場が悪かったので、良かった。4コーナーの(外に振られる)不利が痛かった。あれがなければ、かなり際どかった」

4着 アブソルティスモ(北村宏司騎手)
「課題のゲートはクリアしてくれたが、両サイドから寄られる場面があった。差は詰めているし、前向きにとらえていい」

5着 ソウルトレイン(田辺裕信騎手)
「4角で手応えがなかった。まだゆるいし、これからの馬」

6着 ハーモニーマゼラン(大野拓弥騎手)
「結果的にペースが速くて、(直線の)坂で脚が鈍ってしまった」

7着 オーロラフラッシュ(C.ルメール騎手)
「普段だと流れに乗れるんだけど…。最後も進んでいかなかった」

8着 コウソクスピード(丸山元気騎手)
「雰囲気は悪くなかったが、うまくコーナーを回れなかった」

9着 グレイトホーン(野中悠太郎騎手)
「もう少し余裕を持って追走できるようになればいい」

12着 フルートフルデイズ(木幡巧也騎手)
「内枠でスムーズに立ち回れた。1600メートルだと、もう少し勢いをつけて直線に向きたい」

13着 カリオストロ(L.ヒューイットソン騎手)
「ゲートはうまく出てくれたが、リラックスできなかった。距離も短い方がいいかもしれない」

勝ち馬プロフィール

ニュージーランドトロフィー2020 ルフトシュトローム

ルフトシュトローム(Luftstrom)牡3/鹿毛 堀 宣行(美浦)
父:キンシャサノキセキ 母:ハワイアンウインド 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:気流(独)