【阪神牝馬ステークス2023】追い切り/抜群の動きを見せたのは

阪神牝馬ステークス2023 追い切り

阪神牝馬ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。阪神牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年4月8日(土) | 2回阪神5日 | 15:35 発走
第66回 阪神牝馬ステークス(GII)芝・右・外 1600m
Hanshin Himba Stakes (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・阪神牝馬ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
阪神牝馬ステークスは2024年4月6日に阪神競馬場で行われる古馬牝馬限定のG2戦。阪神牝馬Sは2024年で第67回を迎え、昨年はサウンドビバーチェが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも桜花賞などが開催される。
桜花賞は2024年4月7日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2024年で第84回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はリバティアイランドが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ニュージーランドトロフィーは2024年4月6日に中山競馬場で行われる三歳マイル王への前哨戦。NZTは2024年で第42回を迎え、昨年はエエヤンが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

阪神牝馬ステークス2023の追い切りをチェック!

阪神牝馬ステークス2023 追い切り

阪神牝馬ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
桜花賞2023の追い切り・コメントの記事です。桜花賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アンドヴァラナウト

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.1-38.1-24.6-12.1(馬なり)

池添調教師
「時計も良かったし、スムーズに加速していい動きでした。条件もいい」
イズジョーノキセキ

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
7F 98.8-66.9-52.4-37.7-11.9(直一杯)
トーホウガレオン(馬なり)の外1.4秒先行・同入

石坂調教師
「先週はまだ少し重い感じで動き切れなかったけど、しっかり動けていました。息遣いも良く、態勢は整いました。3歳の頃は体質が弱かったけど、数を使って成長を促せました。牝馬でも、とても精神力の強い馬で、ずっと気持ちが途切れずに走ってくれています」
ウインシャーロット

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 89.2-73.2-57.8-41.3-12.1(馬なり)

和田正調教師
「しまいを伸ばす感じ。前走は疲れが出た感じがありましたが、状態は戻っています」
コスタボニータ

最終追い切り
栗東・坂路・良(川又)
800m 55.0-39.8-26.0-12.8(馬なり)
ハナサキポプラ(一杯)に0.3秒先行・0.2秒先着

杉山佳調教師
「オーバーワークを避ける感じでやりました。状態に関しては何の不安もありません」
「柔らかい走りでした。いい負荷がかかったし、出来は万全。まだ成長段階なので、どこまでやれるか」
サウンドビバーチェ

最終追い切り
栗東・CW・良(浜中)
6F 80.2-64.1-49.9-35.7-11.4(馬なり)

平助手
「しまいをサッと伸ばす感じで、動きは良かった。馬体は成長している」
「中間から動きはいいですね。休み明けを使って上積みがあれば」
サブライムアンセム

最終追い切り
栗東・ポリ・良(岩田望)
5F 65.2-50.3-38.0-11.6(馬なり)

藤原調教師
「順調に来ていい感じ。(レースで)運がないけど、力はあるよ」
ディヴィーナ

最終追い切り
栗東・CW・良(池添)
5F 63.0-48.1-35.1-12.0(馬なり)

友道調教師
「前半は少し行きたがったけど、ジョッキーが我慢してくれて、しまいの動きは良かった」
テンハッピーローズ

最終追い切り
栗東・CW・良(藤岡康)
6F 87.0-70.0-53.6-37.7-11.2(馬なり)

藤岡康騎手
「いい動きでした。むきになるところはあるけど、スムーズに運べれば」

平助手
「調整程度だけど動きは良かった。前走はスムーズだったら…という内容。マイルは問題ない」

ピンハイ

最終追い切り
栗東・CW・良(高倉)
6F 86.5-69.5-53.2-37.5-11.3(馬なり)
プライムライン(馬なり)の外0.5秒先行・0.2秒先着

田中克調教師
「いつも通りの感じで動きは良かったし、メンタル面はどんどん大人になっている。阪神では毎回、頑張って走ってくれる」
フラーズダルム

最終追い切り
栗東・CW・良(北村友)
7F 99.9-68.1-53.0-37.2-11.8(馬なり)

松永昌調教師
「馬なりでしっかり時計が出た。状態はいい。前走も最後はいい脚を使ったし重賞でも展開ひとつ」
ママコチャ

最終追い切り
栗東・坂路・良(松山)
800m 50.1-36.8-24.4-12.2(馬なり)

松山騎手
「単走でも馬が多くてもまれる感じになりましたが、我慢が利いて反応良く、真っすぐ走っていました」

池江調教師
「間隔が空いている分、しっかり乗り込めている。だいぶいい頃の感じに戻ってきた」

ルージュスティリア

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.6-38.7-24.6-11.8(馬なり)

藤原調教師
「馬がしっかりしたし、いいよ。小技が利かないので、外回りはいい」

2023年・阪神牝馬ステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 阪神牝馬ステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・阪神牝馬ステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は桜花賞でライトクオンタムに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/1・6/2)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
皐月賞は2024年4月14日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2024年で第84回を迎え、昨年はソールオリエンスが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞春は2024年4月28日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2024年で第168回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はジャスティンパレスが制した。天皇賞春の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。