【桜花賞2023】追い切り/調教を見てわかる事

桜花賞2023 追い切り

桜花賞2023の追い切り・コメントの記事です。桜花賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

調教を見てわかる事

2023年4月9日(日) | 2回阪神6日 | 15:40 発走
第83回 桜花賞(GI)芝・右・外 1600m
Oka Sho(Japanese 1000 Guineas) (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・桜花賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
桜花賞は2024年4月7日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2024年で第84回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はリバティアイランドが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも阪神牝馬ステークスなどが開催される。
阪神牝馬ステークスは2024年4月6日に阪神競馬場で行われる古馬牝馬限定のG2戦。阪神牝馬Sは2024年で第67回を迎え、昨年はサウンドビバーチェが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ニュージーランドトロフィーは2024年4月6日に中山競馬場で行われる三歳マイル王への前哨戦。NZTは2024年で第42回を迎え、昨年はエエヤンが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

桜花賞2023の追い切りをチェック!

桜花賞2023 追い切り

桜花賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
阪神牝馬ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。阪神牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
エミュー

1週前追い切り
美浦・南W・良(助手)
4F 58.7-43.1-14.1(馬なり)

和田正調教師
「カイバもよく食べていますし、減った体も回復。気持ちを入りすぎないように調整しています。中山でいい競馬をしているので、条件が替わる阪神外回りをこなしてくれれば」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 85.1-69.9-55.4-39.8-12.0(馬なり)

和田正調教師
「向こう正面では少し気が入っていましたが、しまいはいい走り。イメージ通りの調教ができました」
5枠10番について
和田正調教師
「ちょうど真ん中ぐらいで良かったと思います。あまり枠順は関係ないようでしたが外枠はあまり良くないようですので、このぐらいで良かったと思います」
キタウイング

1週前追い切り
栗東・坂路・良(杉原)
800m 52.9-38.7-24.6-12.2(馬なり)
スズカノロッソ(馬なり)を1.0秒追走・0.1秒先着

杉原騎手
「1週前はやり過ぎないように。1回使ったぶん、体を使いやすくなっています。まだ良くなる余地は残していますが、栗東で順調にきています。前回は馬に『このコース形態でこういう競馬をしてほしい』と意識して乗りました。前走時のデキであのパフォーマンスができて、次が楽しみになるレースでした」

最終追い切り
栗東・CW・良(杉原)
7F 99.5-68.3-53.7-38.6-11.6(馬なり)
スズカノロッソ(末強め)の内0.7秒追走・クビ先着

杉原騎手
「CWコースで乗るのはチューリップ賞の最終追い切り以来。その時より時計も良かったですし、いい追い切りができました。もう一段ステップアップしていますね」
4枠8番について
柏木助手
「枠もいいところ。周りを見ながら行ける」
コナコースト

1週前追い切り
栗東・CW・良(鮫島駿)
7F 97.4-66.4-51.8-37.4-11.9(G前一杯追)
コンクシェル(馬なり)の外0.4秒追走・クビ遅れ

鮫島駿騎手
「前走時の1週前と比べると反応、動きは物足りないが気の入りやすい馬だし、これで変わってくると思う」

清水久詞調教師
「順調にきています。中間はひと息入れて完全に疲れを取ってあげました。1週前にしっかりやったので、これでピリッとしてくれれば。エンジンのかかりが遅めで、調教にもそれが表れていましたが、しまいはいい伸びをしてくれますからね。阪神の外回りもいいと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(鮫島駿)
800m 53.2-38.1-24.4-11.9(馬なり)

鮫島駿騎手
「時計は想定より速くなったが、乗っている感覚よりも速いスピードが出ていた。走る馬の傾向だと思う。先週の動きは物足りなかったが、先週しっかりやって態勢はだいぶ整ったと思う」
5枠9番について
清水久調教師
「いい枠が引けた。脚質的に前半から急がせて行くような馬ではないし、自分の競馬をしてくれれば」
コンクシェル

1週前追い切り
栗東・CW・良(見習)
7F 97.8-66.6-52.0-37.7-11.9(馬なり)
コナコースト(G前追)の内0.4秒先行・クビ先着

清水久調教師
「順調です。前走は大外枠から、あれだけ外を回って権利を獲ってくれた。阪神の外回りは絶対にいいと思う」

最終追い切り
栗東・CW・良(調教師)
7F 99.2-67.4-53.3-38.5-12.0(直強め)
キャリーハピネス(直強め)の内1.6秒先行・同入

清水久調教師
「何も問題なく、動きも良かったです。ここまでは思い通りに調整できていて、状態や雰囲気ともにいいですね」
4枠7番について
清水久調教師
「真ん中あたりでいい枠が引けた。(コナコーストと)同じような脚質なので、こちらも自分の競馬ができるか」
ジューンオレンジ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(富田)
800m 53.4-38.6-24.9-12.2(馬なり)
カラーインデックス(馬なり)を0.1秒追走・同入

富田騎手
「普段から乗せていただいて、疲れが取れていることは感じています。リラックスして反応が良く、無理せず能力を出せる仕上がりだと思います。折り合いに問題はないので、1600メートルがプラスになってくれれば」

最終追い切り
栗東・坂路・良(調教師)
800m 54.6-39.2-24.9-12.1(馬なり)

長谷川調教師
「動きは良かったですよ。しまいの反応を確かめる感じでしたが、時計以上に内容が良かった」
7枠15番について
長谷川調教師
「ゲートの駐立で不安定なところがあるので、できれば偶数枠が良かった。後ろから行くので、周りを見ながらリズム良く行ければ」
シングザットソング

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.8-40.5-26.3-12.8(馬なり)

高橋助手
「中3週と間隔が詰まっているので、状態を整える程度の調整で、好調をキープしています。中間にゲート練習もこなしていて、前走のような競馬ができたのは大きいです。もともと能力が高いですからね」

最終追い切り
栗東・坂路・良(岩田望)
800m 53.6-39.3-25.5-12.4(馬なり)

高野調教師
「ジョッキーも感触をつかんでくれたし、いい動きだったと思う。前走はゲートを出て、能力で勝ち切ってくれた。今回はメンバーがさらに強力だけど、自分の走りができれば」
6枠12番について
高野調教師
「そういう意味ではいい枠が引けたのかな。偶数枠が欲しかったので良かった。何とかスタートを決めたい」
シンリョクカ

1週前追い切り
美浦・南W・良(調教師)
5F 67.5-52.0-37.3-11.7(馬なり)
イサチルアルマーレ(一杯)の内0.7秒追走・同入

竹内調教師
「放牧を挟んで気持ちの面がマイルドになり、コントロールしやすくなった。カイバも食べてくれるし、成長している」

山縣助手
「戻ってきてから、いくらか前よりも落ち着きが出てきて、攻め馬でも我慢が利くようになった。日曜日の時点で(桜花賞に出られることが)分かって、今週に向けて時計が出せたことはよかったと思います」

最終追い切り
美浦・南W・良(吉田豊)
5F 67.5-52.5-37.7-11.6(馬なり)
イサチルプリンス(馬なり)の内0.3秒追走・0.1秒先着

吉田豊騎手
「先週、結構やっているので力まないように意識して乗った。気合をつける程度でいい動きだったし、メンバーはそろうが楽しみです」
6枠11番について
竹内調教師
「内過ぎす外過ぎず。極端な枠でなければ、どこでも良かったですし、それなりにいい枠ですね。ある程度もまれても気にならない馬ですし、勝負どころからスムーズに運べれば」
ドゥアイズ

1週前追い切り
栗東・CW・良(吉田隼)
7F 97.7-66.5-51.5-36.8-11.6(一杯)
カンチェンジュンガ(馬なり)の内1.0秒追走・同入

吉田隼騎手
「前より動けるようになっていますね。ハミ受けも我慢が利くようになっている。時計は少しかかるぐらいの方がいいかな」

庄野調教師
「前に馬を置いて追いかける形で、しまいを伸ばす指示でした。少し力むところがあるようには見えましたが、動きは良かったです。順調にきていて、力を出せる仕上がりに持っていけています」

最終追い切り
栗東・CW・良(吉田隼)
7F 99.8-67.4-52.6-37.5-11.6(稍一杯)
カンチェンジュンガ(強め)の内0.6秒追走・0.1秒先着

庄野調教師
「先週と同じで馬の後ろで我慢し、直線に向いて速い脚を使うような追い切り。うまく折り合っていたし、加速してギアが1段上がった時の動きが良くなっていると思う」
2枠4番について
庄野調教師
「隼人(吉田)とも“内めがいい”と話していた。ロスなく回りたいのと、外めから内に入れるには下げないといけないからね。イメージとしては前回のクイーンCのような競馬。空いたところを抜けられたら」
ドゥーラ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.2-37.2-24.1-12.1(末強め)
マイプレイス(一杯)を1.4秒追走・0.6秒先着

高橋康調教師
「最近は1600メートルを使ってもスタートしてから行き脚がつきません。この中間からハミを替えて行き脚がつくように調教を行ってきました。今までのトライアビットではモタれる面があったので、普通のハミに戻します。大きく変わったところはありませんが、順調です」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.2-39.8-25.4-12.4(馬なり)

高橋康調教師
「先週までにしっかりやっているので流す程度。理想通りの時計で、いい状態をキープしています。1600メートルに対応できるようにやれることはやったし、どこまでやれるか」
7枠13番について
高橋康調教師
「真ん中くらいがいいなと思っていたけど、大外じゃないしいいと思います。追い切った後も雰囲気はいいですね。札幌で勝っていますし、少し力のいる馬場になっても大丈夫です」
トーセンローリエ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.9-37.7-24.7-12.7(一杯)
アルムエアフォルク(馬なり)を0.7秒追走・0.1秒遅れ

八月朔日助手
「調教をやり過ぎると後肢がへたってしまうと聞いていたので、先月29日は無理せずやりました。栗東に来たときは輸送で馬体が減っていたのですが、もう戻っています。馬のことは(横山)和生ジョッキーが分かってくれていますからね」

最終追い切り
栗東・坂路・良(横山和)
800m 53.0-37.8-24.3-12.0(一杯)
アシタガアルサ(一杯)を0.4秒追走・0.6秒先着

小笠調教師
「先週まで体を戻す途上だったので、攻めきれませんでした。体調がずいぶん上がってきたので、横山和生騎手に乗りに来てもらって、チャレンジャーらしく攻める調教をしたいという指示をしました。折り合いがついて、最後もいい反応でした」
8枠18番について
小笠調教師
「枠はどこでもいいと思っていた。外枠は走っているイメージだし、内で包まれることもなく、かえって思い切った競馬ができると思う」
ハーパー

1週前追い切り
栗東・CW・良(ルメール)
6F 83.4-67.9-52.4-36.5-11.0(強め)
レッドラディエンス(馬なり)の内1.1秒追走・0.3秒遅れ

ルメール騎手
「(1週前追いは)遅れる形になったけど、ラスト200メートルは凄くいい脚を使った。マイル戦がちょうどいい。コンディションも来週トップになると思う」

友道調教師
「前の2頭が急に動いて反応できずに遅れてしまったけど、エンジンがかかってからはさすがの動き出し。負けん気があるのがいいね。前走はチークピーシーズ着用の効果で最後まで集中できていた。どんな条件でも走ってくれるし、阪神の外回りなら問題はないでしょう」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
7F 99.4-68.0-53.2-37.6-11.3(馬なり)
アーティット(末強め)の外0.9秒先行・クビ先着

友道調教師
「1週前にしっかりやって負荷をかけていますから、しまいを併せて反応を見ました。いい動きだったと思います。フットワークが大きく、乗りやすくて、すごく軽い走りをしますからね」
3枠5番について
大江助手
「先週の競馬を見ていても内が良さそうですし、芝は今週からBコース替わり。いいところだと思います。特段スタートが悪いこともないですし、コースロスなく運べれば」
ブトンドール

1週前追い切り
栗東・CW・良(池添)
6F 83.0-67.5-52.5-37.1-11.5(強め)

池添騎手
「指示通りの時計。少し内に張る部分はありますが動き、反応は良かったです」
「前走は内にモタれて全く追えていなかった。ハミを替えて本番に挑む予定なので、それがはまってくれればと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.4-37.9-24.1-11.8(強め)

池添学調教師
「今までと調整パターンを変えて、しっかりめにやりました。手前の替え方はうまくないけど、パワフルな走りでした」
1枠1番について
池添学調教師
「前に壁をつくりやすいですし、ロスなく運べるいい枠だと思います」
ペリファーニア

1週前追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 84.2-67.7-52.8-38.6-11.6(馬なり)
グランデアマポーラ(末強め)の内0.4秒追走・0.2秒先着

鹿戸調教師
「稽古は動く馬だが(動きは)良かった。前走で阪神に行っても体が全く減らなかった。カイバをよく食べるのはいい。前走(チューリップ賞3着)は大外枠できつい競馬だったが収穫はあった」

最終追い切り
美浦・南W・良(横山武)
6F 83.7-68.8-52.7-37.5-11.1(直強め)
ヴァイルマティ(馬なり)の内1.4秒追走・1.0秒先着

横山武騎手
「気持ちに前向きさがありながらも折り合いはついていたし、しまいのはじけっぷりも良かった。言うことない内容。(ノド鳴りについては)中間から舌を縛っている。本番でもそれがいいほうに出れば」
7枠14番について
水出助手
「もう少し内が良かったですが、前走よりは内ですからね。偶数枠はいいと思います。あとはスタートですかね。ある程度の位置につけられれば」
ムーンプローブ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(調教師)
800m 52.0-38.4-25.0-12.3(馬なり)

上村調教師
「実質的な最終追いのつもりでやった。距離は延びるのでリラックスできるように持っていければ」

最終追い切り
栗東・坂路・良(調教師)
800m 52.2-37.6-24.9-12.7(馬なり)

上村調教師
「距離が1F延びるのでソフトに調整しています。力ませないようにやりました。前回のG1(阪神JF17着)がしっかり乗り込んで駄目だと分かったので。内枠を引いてポケットに入って我慢できれば。枠順も味方にしたい」
8枠16番について
上村調教師
「内枠が欲しかったけど仕方がない。偶数、奇数は問題ないし、あとはジョッキーに任せます」
モズメイメイ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(和田竜)
800m 52.0-37.9-24.6-12.3(馬なり)
ピノクル(一杯)を0.3秒追走・クビ先着

和田竜騎手
「ナンボでも動く感じ。いいスピードがあるし、馬名を“スイスイ”に変えた方がいいんじゃない?(笑い)」

音無調教師
「前走はうまく逃げることができて、ギリギリという競馬だった。今回は相手も強くなるのでどういう競馬になるかは分からないけれど、和田(竜二)騎手の思うように乗ってくれればいい。馬場が悪いのは嫌なので、良馬場でやりたいね」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.6-38.0-24.7-12.3(馬なり)
ダッチマン(馬なり)を0.4秒追走・0.4秒先着

音無調教師
「TRを使っているのでオーバーワークは避けた。先週と同じメニューで動きも変わらない。2回逃げているので、逃げ癖がついていないかがポイント」
3枠6番について
生野助手
「先生(音無師)も“偶数枠だし、ちょうどいいんじゃないか”と話してました。控える競馬もできますが、あとはジョッキー次第ですね」
ライトクオンタム

1週前追い切り
栗東・CW・良(武豊)
6F 84.7-68.6-53.3-37.8-12.0(G前仕掛け)
アリクテラー(一杯)の内0.6秒追走・アタマ先着

武豊騎手
「状態は悪くないし、気になっていた内にささる面も思ったよりマシだった」

武幸調教師
「(武豊騎手に)乗ってもらって前走で気になった点を確認してもらいましたが、『改善している』と言ってくれました。ただ、強い調教をするとまだ右に張る面があるのは課題です。トラブルなく順調にきているのが一番ですね」

最終追い切り
栗東・CW・良(調教師)
4F 57.1-40.9-12.3(馬なり)

武幸調教師
「先週水曜、日曜と強い調教をやったので今朝は調整程度。速くならないようにしましたが、これでいい状態で競馬に臨めそうです。シンザン記念を勝ってくれたおかげで、時間をかけて長いプランでやってきましたから、仕上がりも悪くないですよ」
「普通に出てほしいのでゲート練習をした。良馬場でやりたい」
1枠2番について
南井助手
「前回より入念にゲート練習をした。枠は気にしてなかったけど、(後入れの)偶数で良かった。前回より明らかに落ち着きが出て、パワーアップしている」
ラヴェル

1週前追い切り
栗東・CW・良(坂井瑠)
6F 84.9-68.7-53.5-38.0-11.4(一杯)

福岡助手
「前走は当日に外が伸びなかったのも敗因ではありますが、もともとあった前向きなところが出てしまった感じ。(本番で)ハミなどは替えるつもりはありませんが、メンコを着けていこうと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(坂井瑠)
800m 54.5-40.0-26.1-12.7(馬なり)

安藤助手
「先週しっかりと追ったし、今日はテンションを上げないように。いい動きだった。(前走は)大外枠で厳しい競馬になってしまった。うまくリズムに乗せてあげたら、アルテミスSのようなレースができても」

福岡助手
「相手関係より自分との戦い。今は精神的にも安定している」

8枠17番について
岡助手
「前に行くタイプじゃないですし、折り合いひとつだと思います。外がいいとは言わないけど、ピンク帽は慣れているので。重賞も勝っていますし、力は持っている馬ですからね」
リバティアイランド

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 84.6-68.9-53.6-37.8-11.7(馬なり)
パワフルボンド(G前追)の内0.4秒追走・同入

福永助手
「馬体をふっくらと見せて、落ち着いた雰囲気なのがいいですね。ここまで不安なところがなく、順調にきています。コース、距離にも自信を持てますからね」

最終追い切り
栗東・CW・良(川田)
6F 84.8-69.1-53.9-38.2-11.2(馬なり)
レッドラグラス(一杯)の内0.3秒追走・0.2秒先着

川田騎手
「順調に終えることができました。とてもいい雰囲気で気持ちよく走ってくれました」

中内田調教師
「非常にいい形で、最終調整ができました。いい状態で出走できると思います」
「470キロくらいで出走できそう。ギアチェンジがすごい」

2枠3番について
福永助手
「予定通りに順調な仕上がりを見せています。前走での走りを見ればコース、距離の舞台には自信が持てますからね。枠については与えられたところで頑張ります」

2023年・桜花賞の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 桜花賞|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・桜花賞の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はライトクオンタムに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(4/20・4/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
皐月賞は2024年4月14日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2024年で第84回を迎え、昨年はソールオリエンスが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞春は2024年4月28日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2024年で第168回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はジャスティンパレスが制した。天皇賞春の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。