【根岸ステークス2023】出走馬・予想オッズ・枠順/更なる高みへ

根岸ステークス2022 テイエムサウスダン

根岸ステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。根岸Sは2023年1月29日に東京競馬場で行われる短距離ダートG3戦。2023年で第37回を迎え、昨年はテイエムサウスダンが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

更なる高みへ

2023年1月29日(日) | 1回東京2日 | 15:45 発走
第37回 根岸ステークス(GIII)ダート・左 1400m
Negishi Stakes (G3)

スポンサーリンク

2023年・根岸ステークスの出走予定馬たち

根岸ステークスの枠順決定!(1月27日)

根岸ステークス2023 枠順

2023年・根岸ステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではレモンポップが7枠13番、ギルデッドミラーは3枠6番、バトルクライは7枠14番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2023年・根岸ステークスの追い切り・コメントをチェック!
根岸ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。根岸Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

川崎記念2021 カジノフォンテン

出走馬・騎手確定(1月26日)

2023年の根岸ステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

賞金上位馬
  • アドマイヤルプス(内田博幸)
  • エアアルマス(横山武史
  • オーロラテソーロ(原優介)
  • ギルデッドミラー(三浦皇成)
  • ケンシンコウ(田辺裕信)
  • ジャスパープリンス(田中勝春)
  • セキフウ(M.デムーロ)
  • タガノビューティー(石橋脩)
  • テイエムサウスダン(C.ルメール
  • デンコウリジエール(秋山真一郎)
  • バトルクライ(川田将雅
  • ヘリオス(武豊
  • ベルダーイメル(柴田善臣)
  • ホウオウアマゾン(坂井瑠星)
  • レディバグ(酒井学)
  • レモンポップ(戸崎圭太)
回避馬・除外馬
  • カジノフォンテン
  • コパノマーキュリー
【参考レース】2023年 根岸ステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・根岸ステークスの出走馬参考レース動画です。
出走予定馬の過去のレースを振り返り、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はヘリオスに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/4・2/5)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
シルクロードステークスは2023年1月29日に中京競馬場で行われる短距離重賞。シルクロードステークスは2023年で第28回を迎え、昨年はメイケイエールが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

兵庫ゴールドトロフィー2021 テイエムサウスダン

東京競馬場で行われるG3「根岸ステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

テイエムサウスダン(T M South Dan)

テイエムサウスダン・6歳牡馬
父:サウスヴィグラス
母:ムービングアウト
母父:Langfuhr
主な勝鞍:2022年・根岸ステークス
馬名の由来:冠名+父名の一部+父父母名より

昨年は根岸ステークスを制し、フェブラリーステークス2着と躍進した。
その後勝ち切れない競馬が続いているため、心機一転ルメール騎手へと手が変わる。
2002年・2003年の覇者サウスヴィグラス以来の連覇なるか。

ヘリオス(Helios)

ヘリオス・7歳せん馬
父:オルフェーヴル
母:アンジュシュエット
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2021年・グリーンチャンネルカップ
馬名の由来:ギリシャ神話の太陽の神

昨年の2着馬も参戦予定。
ここ1年以上勝ち星から遠ざかっているが、敗戦の内容は決して悲観するものではない。
転厩初戦となる一戦でいい結果を残すことができるか。

カジノフォンテン(Casino Fountain)

カジノフォンテン・7歳牡馬
父:カジノドライヴ
母:ジーナフォンテン
母父:ベストタイアップ
主な勝鞍:2021年・かしわ記念
馬名の由来:父名の一部+冠名

2021年の川崎記念、かしわ記念を制しているカジノフォンテンが参戦を表明。
1年以上勝ち星から遠ざかっているが、初の1400mが起爆剤となれば。

レモンポップ(Lemon Pop)

レモンポップ・5歳牡馬
父:Lemon Drop Kid
母:Unreachable
母父:Giant’s Causeway
主な勝鞍:2022年・ペルセウスステークス
馬名の由来:レモンスカッシュ

前走の武蔵野ステークスで連勝が4でストップしたが、中1週のローテーションを考慮すればハナ差の2着なら悪くない結果だった。
得意の1400m戦に戻れば前進可能。

他にも根岸ステークスには武蔵野ステークスの覇者ギルデッドミラーや初のダート戦に挑戦するホウオウアマゾン、すばるステークスを勝ち上がってきたバトルクライなども出走を予定しています。

根岸ステークスは2023年1月29日(日)の15時45分発走予定です。

主な回避馬

リュウノユキナ(Ryuno Yukina)

リュウノユキナ・8歳牡馬
父:ヴァーミリアン
母:ネオカラー
母父:クロフネ
主な勝鞍:2021年・東京スプリント
馬名の由来:冠名+野菜の一種

根岸ステークスに参戦予定だったリュウノユキナはサウジアラビアで開催されるリヤドダートスプリントに参戦することが決まったため回避する。

根岸ステークス2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・根岸ステークスの予想オッズはこのように予想しています。
得意のコースで重賞初勝利を狙うレモンポップが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. レモンポップ(1.9)
  2. ギルデッドミラー(4.0)
  3. バトルクライ(6.0)
  4. テイエムサウスダン(7.0)
  5. ヘリオス(12.5)
  6. セキフウ(20.0)
  7. タガノビューティー(33.0)
  8. ホウオウアマゾン(41.5)
  9. オーロラテソーロ(☆)
  10. エアアルマス(☆)
  11. ケンシンコウ(☆)
  12. アドマイヤルプス(☆)
  13. レディバグ(☆)
  14. デンコウリジエール(☆)
  15. ジャスパープリンス(☆)
  16. ベルダーイメル(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

根岸ステークス2023の日程・賞金

根岸ステークス

根岸ステークス2021 レッドルゼル

日程・発走予定時刻
2023年1月29日(日)15時45分発走予定

場所・距離
東京競馬場・ダート・1400m


G3

1着賞金
4,000万円

根岸ステークス・プレイバック

根岸ステークス2022 テイエムサウスダン

2022年・根岸ステークス(GIII)

1着:テイエムサウスダン
2着:ヘリオス(1馬身)
3着:タガノビューティー(1/2馬身)
4着:ジャスティン(クビ)
5着:オメガレインボー(クビ)

勝ちタイム:1.23.1
優勝騎手:岩田 康誠
馬場:良

動画・全着順をチェック!
根岸ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の根岸Sの着順は1着:テイエムサウスダン、2着:ヘリオス、3着:タガノビューティーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

根岸ステークス2022 テイエムサウスダン

レース後のコメント
1着 テイエムサウスダン(岩田康誠騎手)
「まだこれからの馬なので悲願の(JRA重賞初制覇)というわけではありませんが、この馬のパワフルな走りを見せられたかなと思います。去年から調教にも参加させてもらって、1戦1戦だんだんと力をつけてきているところで、こういう走りができるのを証明できてうれしい限りです。次は1600メートルも長くないというのを証明できたらいいなと思います」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
東京新聞杯は2023年2月5日に東京競馬場で行われるマイル重賞。東京新聞杯は2023年で第73回を迎え、昨年はイルーシヴパンサーが優勝した。東京新聞杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
きさらぎ賞は2023年2月5日に中京競馬場で行われる3歳限定の中距離重賞戦。きさらぎ賞は2023年で第63回を迎え、昨年はマテンロウレオが優勝した。きさらぎ賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。