【根岸ステークス2023】追い切り/調教を見てわかる事

スポンサーリンク

根岸ステークス2023 追い切り

根岸ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。根岸Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

調教を見てわかる事

2023年1月29日(日) | 1回東京2日 | 15:45 発走
第37回 根岸ステークス(GIII)ダート・左 1400m
Negishi Stakes (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・根岸ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
【根岸ステークス2023】出走馬・予想オッズ・枠順/更なる高みへ
根岸ステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。根岸Sは2023年1月29日に東京競馬場で行われる短距離ダートG3戦。2023年で第37回を迎え、昨年はテイエムサウスダンが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもシルクロードステークスが開催される。
【シルクロードステークス2023】出走馬・予想オッズ・枠順/尾張へと続く道
シルクロードステークスは2023年1月29日に中京競馬場で行われる短距離重賞。シルクロードステークスは2023年で第28回を迎え、昨年はメイケイエールが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

根岸ステークス2023の追い切りをチェック!

根岸ステークス2023 追い切り

根岸ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
【シルクロードステークス2023】追い切り/抜群の動きを見せたのは
シルクロードステークス2023の追い切り・コメントの記事です。シルクロードSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アドマイヤルプス

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 85.9-69.7-55.0-40.0-12.9(馬なり)
アドマイヤレビン(馬なり)の外0.5秒先行・同入

加藤征調教師
「ほとんど仕上がっていたので先週までを維持する形。余裕があったけどやり過ぎるよりはいいかな。東京1400メートルなので枠順などがかみ合わないと」
「強い向かい風の中でも動きに余裕があった。持ち時計を詰められるかが鍵」
エアアルマス

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 55.0-39.8-25.8-12.5(馬なり)

池添学調教師
「先々週、先週とやっているので余裕残しで。思い通りの調教ができています」
オーロラテソーロ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 86.6-69.7-54.7-39.8-12.9(馬なり)
ワンダーサーイター(馬なり)の外0.4秒先行・同入

畠山調教師
「3頭併せの間に入れてみたら反応して、この馬にしてはいい手応えで走れていた。近走は小回りに対応した走りをさせてきたので道中うまく走れるかが鍵」
「掛からないので原君もうまく乗ってくれるはず」
ギルデッドミラー

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 54.3-38.6-24.7-12.2(末強め)

松永幹調教師
「時計も動きも良かった。年齢的(6歳)にいい意味で変わりないけど、東京のコースがぴったり。チャンピオンズカップの出走権はあったけど、あえて使わなかった。でも、フェブラリーSはいい形で迎えたいからね」
ケンシンコウ

最終追い切り
美浦・坂路・稍重(田辺)
800m 52.7-39.6-27.1-14.3(一杯)

田辺騎手
「いつもしまいが掛かる馬で、調教の動きだけでは判断しづらいタイプ。続けて使えるのはいい。1400メートルは走ってみないと分からない」

小西調教師
「背負い慣れている57キロで出走できるのはいい。フェブラリーSの権利を獲ってほしいね」

ジャスパープリンス

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 56.9-40.4-25.8-12.8(馬なり)

清水亮助手
「先週しっかりやっているので、軽めで大丈夫だと思います。順調に調教ができています。スタートがそう速い感じでもないので、千四になっても問題ないです」
セキフウ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.8-38.9-24.5-12.3(馬なり)

南井助手
「明日(25日)は天気が悪いし、輸送もあるから(負荷の少ない)きれいな馬場でやりたいのもあった。順調。いい状態できている。前回(すばるS3着)はブリンカーを着けて一定の効果はあったけど、手前を替えきれなかった。そこが1つのポイント」
タガノビューティー

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.8-38.3-24.9-12.5(一杯)
フィオーレシチー(一杯)に0.1秒先行・0.2秒先着

西園正調教師
「今回初めてブリンカーをつけるが、追い切りの時から気を抜かずに走っていて効果てきめん」
テイエムサウスダン

最終追い切り
美浦・坂路・稍重(調教師)
800m 53.0-38.3-24.9-12.0(一杯)
シャーンゴッセ(馬なり)を0.3秒追走・同入

蛯名正調教師
「先週(4F51秒5)よりさらに良くなっている。先週しっかりやった分、軽さが出て反応が良くなった。この2戦で厩舎として、どういう調教をしていったらいいか分かってきた。昨年勝っているレースだし、重賞を5個も勝っている馬。ここでいい競馬をして次(フェブラリーS)につながっていけたら」
デンコウリジエール

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 55.1-39.9-25.7-12.6(馬なり)

荒川調教師
「変わらず順調に来ています。この距離が一番合っていると思います」
「この天気なので、やれただけよかった。馬は変わりない。あとは間隔があいているのがどうかだけ」
バトルクライ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 69.4-54.6-39.8-12.5(馬なり)
マイネルビジョン(馬なり)の外0.3秒先行・同入

高木調教師
「変わりなく順調でいい内容だった。現時点では左回りの1400メートルが一番合っていると思う。かなり強い相手もいるが楽しみ」
ヘリオス

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.2-37.6-25.0-12.8(末強め)
イスラグランデ(一杯)に0.2秒先行・0.4秒先着

西園正調教師
「去年の12月に転厩してきて、以前の厩舎のパターンを踏まえながら調整してきた。気性も素直で扱いやすい。ずっと乗ってくれているジョッキー(武豊)だし、東京でも走れている馬なので」
ベルダーイメル

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 51.5-38.3-25.4-12.9(強め)

本田調教師
「動きは良かったですね。距離は案外向いているかもと思うし、輸送で減らずに落ち着いて出られれば」
ホウオウアマゾン

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(坂井瑠)
800m 52.4-38.4-25.4-12.8(馬なり)
アルファマドンナ(一杯)を0.3秒追走・0.4秒先着

池田厩務員
「こういう天候なので坂路でやりました。素軽くなっていますし、調子は上がっています」
レディバグ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 56.1-40.2-25.6-12.6(馬なり)

北出調教師
「今朝はちょっと手緩かったけど先週は(酒井)学が乗って下でしっかりやってる。状態はいいね。なんとかこの馬には重賞を勝たせたいと思っている。ちょっと相手は強いけどね」
レモンポップ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 85.0-68.3-53.3-38.8-11.8(馬なり)
キャミ(強め)の外0.4秒先行・同入

田中博調教師
「ひと息入れた後はいつもの感じで順調に調整できている。ここ2走と比べてもいい感じできていて、雰囲気はいいですね。(前走は)中1週が敗因と言われているが、状態面に不安があったわけではない。久しぶりのマイル戦で戸惑ったところがあったと思う」

2023年・根岸ステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 根岸ステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・根岸ステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はヘリオスに騎乗!
【武豊想定・騎乗予定・成績】9/30は阪神・10/1は中山で騎乗
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(9/30・10/1)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
【東京新聞杯2023】出走馬・予想オッズ・枠順/明日への架け橋
東京新聞杯は2023年2月5日に東京競馬場で行われるマイル重賞。東京新聞杯は2023年で第73回を迎え、昨年はイルーシヴパンサーが優勝した。東京新聞杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
【きさらぎ賞2023】出走馬・予想オッズ・枠順/寒さの中に春の芽吹きを
きさらぎ賞は2023年2月5日に中京競馬場で行われる3歳限定の中距離重賞戦。きさらぎ賞は2023年で第63回を迎え、昨年はマテンロウレオが優勝した。きさらぎ賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

コメント