【武蔵野ステークス2023】追い切り・コメント/動きを見極め勝利に近づけ

武蔵野ステークス2023 追い切り

武蔵野ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。武蔵野Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2023年11月11日(土) | 5回東京3日 | 15:35 発走
第28回 武蔵野ステークス(GIII)ダート・左 1600m
Musashino Stakes (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・武蔵野ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
武蔵野ステークスは2023年11月11日に東京競馬場で行われるダートマイルG3戦。武蔵野ステークスは2023年で第28回を迎え、昨年はギルデッドミラーが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもエリザベス女王杯などが開催される。
エリザベス女王杯は2024年11月10日に京都競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2024年で第49回を迎え、昨年はブレイディヴェーグが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
デイリー杯2歳ステークスは2023年11月11日に京都競馬場で行われるG2の芝マイル戦。デイリー杯2歳Sは2023年で第58回を迎え、昨年はオールパルフェが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

武蔵野ステークス2023の追い切りをチェック!

武蔵野ステークス2023 追い切り

武蔵野ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
エリザベス女王杯2023の追い切り・コメントの記事です。エリザベス女王杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
デイリー杯2歳ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。デイリー杯2歳Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
ヴァルツァーシャル

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 55.4-40.1-25.6-12.3(馬なり)

高木調教師
「具合はいい。あとは脚の使い方次第です。流れてくれれば」
カテドラル

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.8-38.6-24.9-12.4(馬なり)

池添調教師
「前走(小倉記念11着)は距離が長かった。ワンターンをもう一回試したくてここへ。重量が軽くなるのもいいですね」
ケイアイシェルビー

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(藤懸)
800m 52.0-38.3-24.5-12.1(一杯)

平田調教師
「先週あたりはモタモタしていたが、今週は本当に良かったね。ビュンと伸びるタイプじゃないから、前々で粘るレースになるだろう。相手は強いが、状態はいいので、自分の型でレースをしてほしいね」
ステラヴェローチェ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(M.デムーロ)
800m 51.8-37.9-24.8-12.6(末強め)
フリームファクシ(馬なり)を1.1秒追走・クビ遅れ

M.デムーロ騎手
「1週前の併せ馬は抜群の動きだったね。ダートに関してはやってみないと分からないが、状態はかなりいいと思います」
セキフウ

最終追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
4F 51.6-36.8-11.7(強め)
インザオベーション(馬なり)の内0.4秒追走・0.1秒遅れ

武幸調教師
「調教は動かないので、こんなもの。前走、体が減っていたので体を増やしながらの調整。相手どうこうより気持ちの問題。スムーズにもまれない競馬が理想」
タイセイサムソン

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 81.2-64.8-50.3-36.4-11.7(馬なり)

奥村武調教師
「いつも通りの調整で変わらず順調。テンションが高くなる馬なのでビシバシやらなかった。前走より状態は上がっている」
「テンションが高いところがあるのであまりビシビシとはやらずに、(調教は)いつものパターンどおり。札幌の前走よりも状態が上がっています。この馬のリズムで運べれば」
タガノビューティー

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 52.5-38.3-25.7-13.2(叩き一杯)
ヨドノゴールド(馬なり)と同入

西園正調教師
「今朝もしっかりやりました。東京の千六はベストの条件。あとは展開が向いてくれたら」
「ビシッと乗った。東京のマイルは力を出せる舞台」
ドライスタウト

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(横山武)
800m 53.7-39.5-25.5-12.4(馬なり)
ゲンパチマイティー(末強め)を1.0秒追走・0.2秒先着

牧浦調教師
「前走(テレ玉杯オーバルスプリント1着)は夏負けの影響でなんとか使えたという感じ。今回は順調に立て直して、いい状態。一番良かった時と比べると、まだ上がる余地はありますが、いい状態で使えます」
ペリエール

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 52.5-38.8-25.4-12.6(馬なり)
キャンディドライヴ(強め)を0.4秒追走・同入

黒岩調教師
「中間は回復を優先して1、2週前追いもしっかりと負荷を掛けられた。前走(グリーンチャンネルC3着)より体に張りがあっていい意味でふっくらした感じ。あまり早熟という感じはしませんね」
「前回は思ったより仕上がりすぎた感じだったが、今回は馬体にふっくら感と張りがあっていい雰囲気。状態は上がっていると思う」
ヘリオス

最終追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
6F 82.3-66.8-51.6-36.8-11.8(G前気合付)

西園正調教師
「今朝は上がり重点。57キロは魅力だし、この条件でも」
ベルダーイメル

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.8-38.7-24.8-12.4(一杯)

本田調教師
「体調を整えて今回も順調。(重量が)57キロになるのもいい」
ペースセッティング

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 55.3-39.5-25.1-12.3(馬なり)

安田隆調教師
「前走はいい内容だったが、オープンでどこまでやれるか。前走の千四ぐらいが一番いいような気がします」
マルモリスペシャル

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 54.1-38.9-24.8-12.1(末強め)

大橋調教師
「前走は大型馬の休み明け。メンバーは強くなるが使って良くなっているし胸を借りるつもりで」
メイショウウズマサ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(岩田康)
800m 50.7-36.5-23.8-12.2(一杯)

安田隆調教師
「今回はさすがに長期休養明けなので、叩いてどこまで良くなってくるかでしょう」
ライラボンド

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 83.0-66.6-51.7-38.2-13.0(馬なり)
ベアカワイコチャン(一杯)の外0.4秒追走・0.4秒先着

杉浦宏昭調教師
「前走はスタート後に引いてしまったし、外にも出せなかったからね。まともならもっとやれたはず。放牧を挟んでデキはいいし、今は砂を被せられても我慢できるようになったから、直線で外に出せれば重賞でも楽しみはある」
レッドルゼル

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 54.5-39.1-24.9-12.2(馬なり)

安田隆調教師
「この中間は熱中症が尾を引いて状態が思ったように上がってこなかった。今回は久々もあるし割り引きでしょう」

2023年・武蔵野ステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 武蔵野ステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・武蔵野ステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は武豊騎手はケガのため休養中に騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/27・7/28)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
マイルチャンピオンシップは2024年11月17日に京都競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2024年で第41回を迎え、昨年はナミュールが勝利した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ジャパンカップは2024年11月24日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2024年で第44回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はイクイノックスが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。