【武蔵野ステークス2021】結果・動画/ソリストサンダーが抜け出し快勝

武蔵野ステークス2021 ソリストサンダー

武蔵野ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の武蔵野ステークスの着順は1着:ソリストサンダー、2着:エアスピネル、3着:オメガレインボーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の武蔵野ステークスはソリストサンダーが抜け出し快勝

2021年11月13日(土) | 5回東京3日 | 15:30発走
第26回 武蔵野ステークス(GIII)ダート・左 1600m
Musashino Stakes (G3)

スポンサーリンク

2021年・武蔵野ステークスの動画

関連記事
昨年の武蔵野ステークスはサンライズノヴァが制していた。
武蔵野ステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の武蔵野ステークスの着順は1着:サンライズノヴァ、2着:ソリストサンダー、3着:エアスピネルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・武蔵野ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:ソリストサンダー
2着:エアスピネル(1-1/4馬身)
3着:オメガレインボー(1/2馬身)
4着:ブルベアイリーデ(3/4馬身)
5着:スリーグランド(アタマ)
6着:タガノビューティー
7着:ワンダーリーデル
8着:ダイワキャグニー
9着:テイエムサウスダン
10着:ワイドファラオ
11着:スマッシャー
12着:リアンヴェリテ
13着:バスラットレオン
14着:レピアーウィット
15着:ヒロシゲゴールド
16着:サトノアーサー

勝ちタイム:1.35.0
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:稍重

関連記事
G1・チャンピオンズカップをにぎわす馬は?
チャンピオンズカップは2021年12月5日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦。チャンピオンズカップは2021年で第22回を迎え、昨年はチュウワウィザードが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

武蔵野ステークス2021 ソリストサンダー

1着 ソリストサンダー(戸崎圭太騎手)
「今まで重賞でも惜しいところまで来ていたので良かったです。抜け出しが早いかとも思ったが、よく頑張ってくれて勝つことができました。ある程度流れるかと思っていて、後ろで構えられればと思っていたが、イメージ通りいい感じでいけたと思います。夏場はちょっと体調を崩しているところもあったが、ここにきて調子もいいと思いますし、(次に向けて)いい流れになったと思います」

(高柳大輔調教師)
「外枠だったので、内の馬を見ながらレースができると思っていました。持ったまま早めに抜け出してきましたが、後ろから差してくる馬が強いと思っていたので、心配して見ていました。エルムステークスの時は暑さにやられてしまいましたが、南部杯を使ってから体調も良くなってきました。1800mは少し長いと思いますが、馬の状態を見て、この後はチャンピオンズカップに向かう予定です」

2着 エアスピネル(田辺裕信騎手)
「いいポジションだと思っていたが、ペースが遅かったし、前が走らない馬ばかりで、(直線で)4頭が全部たれてきてしまった。勝った馬に出し抜けをくらってしまった。ラストはよく詰めているが、スムーズだったらと悔やまれます。安定して走れているし、どんな競馬でもやれるのは強み」

3着 オメガレインボー(横山和生騎手)
「よく頑張っていましたけどね。形としてはロスなく走れていたし、直線に向いた時はもらったと思ったが、今のこの馬の実力なのか、もうひとつ壁を破らないといけない」

4着 ブルベアイリーデ(丸山元気騎手)
「直線もいい感じでしたが、外から1頭(オメガレインボー)こられた時に、耳を絞ってしまって、突き抜けそうで走りきれなかった。馬ごみなんかは、大丈夫でしたが」

5着 スリーグランド(津村明秀騎手)
「初めてのマイル戦で、少し力むところあったが、しぶとく伸びてくれた。距離の融通は利く」

6着 タガノビューティー(石橋脩騎手)
「道中はいい感じだったけど、4コーナーで自分の取りたい進路を取れず、ごちゃついてしまった。最後はこの馬なりに脚を使ってくれたが…」

8着 ダイワキャグニー(内田博幸騎手)
「ダートの走りも悪くなかった。1回使って、次は芝でもダートでもいけると思う」

9着 テイエムサウスダン(飯田雄三調教師)
「初めて距離を延ばしたが、ジョッキーはもっと延びても大丈夫と言ってくれた。まだ若い馬だし、伸びしろはある。これから成長していってくれれば」

10着 ワイドファラオ(柴田善臣騎手)
「気持ちが入っていないのかな。競馬に向かうまでが、けっこう怪しくて、返し馬から自分からやめている感じで…」

11着 スマッシャー(坂井瑠星騎手)
「4コーナーの不利が全てです」

13着 バスラットレオン(菅原明良騎手)
「ダートの走りは良かったです。でも外の馬にガツガツこられてしまいました」

15着 ヒロシゲゴールド(亀田温心騎手)
「この馬のリズムで、もまれないところで道中はいい感じだったが、早めにこられる形になって、(直線の)坂の入り口で止まってしまった」

16着 サトノアーサー(岩田望来騎手)
「大敗してしまったし、芝の方が良さそうですね。次は改めて芝でいい結果を出してくれればと思います」

勝ち馬プロフィール

武蔵野ステークス2021 ソリストサンダー

ソリストサンダー(Soliste Thunder)牡6/黒鹿毛 高柳 大輔(栗東)
父:トビーズコーナー 母:ラヴソースウィート 母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:独唱者(仏)+雷

関連記事
ソリストサンダーは前走のマイルCS南部杯で3着に敗れていた
マイルCS南部杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のマイルチャンピオンシップ南部杯の着順は1着:アルクトス、2着:ヒロシゲゴールド、3着:ソリストサンダーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。