【デイリー杯2歳ステークス2023】追い切り・コメント/動きからレースを紐解く

デイリー杯2歳ステークス2023 追い切り

デイリー杯2歳ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。デイリー杯2歳Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きからレースを紐解く

2023年11月11日(土) | 3回京都3日 | 15:45 発走
第58回 デイリー杯2歳ステークス(GII)芝・右 1600m
Daily Hai Nisai Stakes (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・デイリー杯2歳ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
デイリー杯2歳ステークスは2023年11月11日に京都競馬場で行われるG2の芝マイル戦。デイリー杯2歳Sは2023年で第58回を迎え、昨年はオールパルフェが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもエリザベス女王杯などが開催される。
エリザベス女王杯は2024年11月10日に京都競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2024年で第49回を迎え、昨年はブレイディヴェーグが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
武蔵野ステークスは2023年11月11日に東京競馬場で行われるダートマイルG3戦。武蔵野ステークスは2023年で第28回を迎え、昨年はギルデッドミラーが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

デイリー杯2歳ステークス2023の追い切りをチェック!

デイリー杯2歳ステークス2023 追い切り

デイリー杯2歳ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
エリザベス女王杯2023の追い切り・コメントの記事です。エリザベス女王杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
エンヤラヴフェイス

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 52.1-37.8-24.8-12.4(一杯)
フォージドブリック(一杯)を1.5秒追走・0.5秒先着

森田調教師
「坂路の併せ馬でしっかりやりました。動きは良かったですね」
カンティアーモ

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 54.6-39.8-25.5-12.4(馬なり)

太田助手
「今週に入ってから馬体の張り、ツヤがグッと上がってきています。フットワークの質も上がっている」
クリーンエア

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 85.4-69.0-54.4-39.6-12.5(馬なり)

上原博調教師
「1週前にビシッとやって今週は馬なりで調整程度。ここを目標にリフレッシュしていい状態。輸送も問題ないので京都へ」
ジャンタルマンタル

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 54.2-39.8-25.8-12.0(末強め)

高野調教師
「今週はリズム重視でやりました。順調ですね。ゲートセンスが良くて、二の脚も速い。この距離もいいと思います」
ジューンブレア

最終追い切り
栗東・CW・稍重(岩田望)
4F 54.3-38.4-11.2(馬なり)
レッドヒルシューズ(馬なり)の内0.3秒追走・アタマ遅れ

武英調教師
「追い切りに乗ったジョッキーの感触は良かった。カイ食いもいいですね」
ダノンキラウェア

最終追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
6F 84.2-68.3-52.5-36.9-11.2(一杯)
クイーンズウォーク(強め)の外0.2秒追走・同入

中内田調教師
「状態はいいと思う。前走より体が良くなってボリュームが出た。能力はいいものを持っている。まだ精神的に幼いところがあるけど、年齢とともに解消すれば」

福永助手
「新馬戦を勝った後は放牧に出ていました。帰厩後の調整過程も順調に来ています」

テイエムチュララン

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(太宰)
800m 54.0-39.1-25.4-12.8(一杯)
キタノズエッジ(馬なり)に0.1秒遅れ

畑端調教師
「小倉2歳Sは最内枠で初めて馬群でのレース。戸惑ったままで終わった感じです。慣れは必要でしょうが、距離は延びて良さそう。一歩ずつ前進できれば」
ナムラエイハブ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(調教師)
800m 52.7-38.1-24.1-11.8(末強め)

長谷川調教師
「今朝は残り2ハロン、リズム良く。ラップも良かったね。先週、先々週とジョッキー(浜中)が乗ってしっかりやっている。完成されるのはまだ先だけど、バランスも良くなっている」
「良馬場でやりたい。雨が乾いてくれれば」
ナムラフッカー

最終追い切り
栗東・CW・稍重(小崎)
6F 83.7-67.6-53.2-38.0-11.4(馬なり)
コパノパサディナ(一杯)の内0.5秒追走・クビ先着

村山調教師
「状態は変わりない。重賞で相手が強くなるけど、スムーズに流れに乗れれば」
フルレゾン

最終追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
6F 84.3-68.5-53.9-38.4-11.9(馬なり)

池添調教師
「ムキにならないようにしまいをサッと。ラストもいい動きでした。しまいはしっかりと脚を使えますし、京都も問題ないと思います」
メイショウサチダケ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.7-38.2-25.2-12.7(強め)

鈴木孝調教師
「新馬の前から調教は動いていたけど、ますます動くようになった。距離が延びても気にならない」

2023年・デイリー杯2歳ステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 デイリー杯2歳ステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・デイリー杯2歳ステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はケガのため休養中
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/1・6/2)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
マイルチャンピオンシップは2023年11月19日に京都競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2023年で第40回を迎え、昨年はセリフォスが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ジャパンカップは2023年11月26日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2023年で第43回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はヴェラアズールが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。