【武蔵野ステークス2020】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

武蔵野ステークス2020 追い切り

武蔵野ステークス2020の追い切り・コメントの記事です。武蔵野ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2020年11月14日(土) | 5回東京3日 | 15:30 発走
第25回 武蔵野ステークス(GIII)ダート・左 1600m
Musashino Stakes (G3)

関連記事
今週は他にもエリザベス女王杯が開催される。
エリザベス女王杯は2020年11月15日に阪神競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2020年で第45回を迎え、昨年はラッキーライラックが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

武蔵野ステークス2020の追い切りをチェック!

武蔵野ステークス2020 追い切り

武蔵野ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
エリザベス女王杯2020の追い切り・コメントの記事です。エリザベス女王杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
エアスピネル

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.6-39.0-25.0-12.2(一杯)

笹田調教師
「坂路でラスト1ハロン12秒2なら悪くない。東京のマイル戦なら有利不利もなく、合っている」
エメラルファイト

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 68.5-53.1-39.7-12.7(一杯)
ガトン(一杯)の内0.6秒追走・0.4秒先着

相沢調教師
「2週続けてびっしりと追い切った。初ダートになるが、いいと思う」
オメガレインボー

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.0-38.1-25.3-13.1(強め)
ワンダーリーデル(一杯)に0.3秒先行クビ遅れ

安田翔調教師
「変わりなく順調。ジョッキーは『ブリンカーを試してほしい』と。一気に相手が強くなってどうか」
ケンシンコウ

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 51.9-38.5-26.0-13.6(強め)

小西調教師
「テンに掛かっていく面があるので最後は時計がかかるけど、いつものこと。体重が少し増えているし、体に幅が出て成長を感じる」
サンライズノヴァ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.3-37.6-24.8-12.8(馬なり)
インディチャンプ(末強め)に0.3秒先行・0.2秒遅れ

松若騎手
「遅れましたが、時計は出ており、この馬なりには動けていたと思います。前走は展開が厳しく、時計も速かったですからね。実績ある東京だし、力のある馬だから58キロでも、と思っています」
スマートダンディー

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 81.9-65.8-52.0-39.0-12.8(馬なり)
パキュートハート(強め)の内同入

石橋調教師
「状態は変わりない。前走は前が壁になった。マイルも大丈夫と思うので、めどが立てば」
ソリストサンダー

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.5-37.0-24.6-12.6(馬なり)

高柳大調教師
「調教は動く馬だし、使って調子はいいですよ。直線の長い東京も合っている」
タイムフライヤー

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 85.7-69.1-53.8-38.9-12.2(馬なり)

松田調教師
「最後の勢いに、シャープさが出てきました。調教後の馬体の戻りも早くなってきました」
デュードヴァン

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 67.5-53.2-40.1-13.0(馬なり)
ミライオー(馬なり)の外0.8秒追走・0.4秒先着

M.デムーロ騎手
「馬体を離したのは時計が速くなりすぎないため。先週しっかりやっているからね。状態はとてもいい」

加藤征調教師
「以前と比べて腰の状態が良くなり、中間は坂路にも入れられるようになった。今までとは調教量が違う」

バティスティーニ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.4-38.5-25.0-12.4(一杯)

池添学調教師
「しっかりやって来られた。体は若干、余裕があるが、輸送で減るし、1400メートルよりマイルの方が合う」
フィードバック

最終追い切り
美浦・北C・良
5F 67.4-52.6-38.6-12.4(馬なり)
ウインイクシード(末強め)の外を0.4秒先行・3F付同入

鈴木伸調教師
「前走後に放牧に出したが、ひと叩きしたぶん、かなり良化。伸びしろは十分」
メイショウワザシ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.0-38.9-25.2-12.2(末強め)

南井調教師
「順調に来て気合も乗っている。東京は初だが、左回りは中京を経験しており、1600メートルも大丈夫と思う」
モズアスコット

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.1-37.8-24.9-12.8(馬なり)
プリマヴィスタ(一杯)を0.8秒追走・0.3秒先着

矢作調教師
「先週に坂路で(4ハロン)50秒台が出ているので今週は控えめに。相手と重量差はあるが、条件的にはベスト」
レピアーウィット

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 70.1-54.6-40.5-13.5(馬なり)
カフェカエサル(末強め)の内0.2秒追走同入

森助手
「石橋騎手にとてもいい感触をつかんでもらえた。以前は気の悪さがあって成績に波があったけど、その点は成長」
ワンダーリーデル

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.7-37.9-25.1-13.1(一杯)
オメガレインボー(強め)を0.3秒追走・クビ先着

安田翔調教師
「休み明けの前走も思った以上の脚。ここも自分のレースでどこまでやれるか」
関連記事
武豊騎手はエリザベス女王杯でエスポワールに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/5・12/6)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
マイルチャンピオンシップは2020年11月22日に阪神競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2020年で第37回を迎え、昨年はインディチャンプが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。
ジャパンカップは2020年11月29日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2020年で第40回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はスワーヴリチャードが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。