にほんブログ村 競馬ブログへ

毎日王冠 2017 リアルスティール

「毎日王冠 2017」の動画・結果です。毎日王冠の結果は1着:リアルスティール、2着:サトノアラジン、3着:グレーターロンドン。「リアルスティール」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

3番人気のリアルスティールが復活の差し切りV

2017年10月8日(日) | 4回東京2日 | 15:45 発走
第68回 毎日王冠(GII)芝・左 1800m
Mainichi Okan (G2)

動画

結果

1着:リアルスティール
2着:サトノアラジン(クビ)
3着:グレーターロンドン(1-1/2馬身)
4着:ダイワキャグニー(ハナ)
5着:ヤングマンパワー(クビ)
6着:マカヒキ
7着:ワンアンドオンリー
8着:ソウルスターリング
9着:ヒストリカル
10着:ウインブライト
11着:アストラエンブレム
12着:マッチレスヒーロー

勝ちタイム:1.45.6
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

レース後のコメント

1着 リアルスティール(M.デムーロ騎手)
「今日は馬の状態がとても良かったです。道中、掛かってしまうところがある馬でしたが、今日はペースが流れてくれたので問題ありませんでした。このまま無事に行ってほしいです」

(矢作芳人調教師)
「とにかく状態が良かったので自信がありました。春はいま一つのところがありましたが、ようやく本調子に戻ったという感じです。今後については、馬の状態を見て、天皇賞かブリーダーズカップマイルのどちらかにします」

2着 サトノアラジン(川田騎手)
「1800mでも上手に走ってくれました。勝ち馬はドバイでGIを勝っている馬ですし、今日はこの馬の方が斤量も1キロ重かったですからね。その中で、GI馬として恥ずかしくない競馬をしてくれたと思います」

3着 グレーターロンドン(田辺騎手)
「間があいていて、仕上げも様子を見つつというところでしたからね。追い切りの反応は良かったのですが、息が持つかどうかと思っていました。それでもよく頑張ってくれましたし、次は上積みもあるでしょう」

5着 ヤングマンパワー(石橋脩騎手)
「みんなが意外に出して行ったので、無理に交わして行くことはないかなと思って、3番手で流れに乗って動ける位置にいました。4コーナー手前から差を詰めて行って、しぶとく脚を使っています。このメンバー相手によく走っていますし、前走より馬がよく動いていました」

6着 マカヒキ(内田博騎手)
「いい感じで折り合いもついて、内枠を利してジッとしていられました。ただ、4コーナーではもう手を動かしての追走になっていました。1度使って変わってくれればと思います」

7着 ワンアンドオンリー(橋口慎介調教師)
「馬が走る気を取り戻しているようです。今日は最後まで集中力も続いていました。兆しが見えたと思います」

8着 ソウルスターリング(ルメール騎手)
「久々の分か、レース前はテンションが上がっていましたが、レースではマイペースでリラックスして走っていました。ただ、直線では速い脚を使えませんでした。この距離、速い馬場もあったと思います。いい脚を長く使うので、1800mでは短かったようです。ただ、今日使われたことで良くなると思います」

毎日王冠 2017 勝ち馬プロフィール

毎日王冠 2017 リアルスティール

リアルスティール(Real Steel)牡5/鹿毛 矢作 芳人(栗東)
父:ディープインパクト 母:ラヴズオンリーミー 母父:Storm Cat
馬名の由来:アメリカのSFアクション映画名

関連記事

・リアルスティールは2016年のドバイターフ以来の勝利となった。

リアルスティール

【ドバイターフ 2016】動画・結果/リアルスティールが勝利しドバイの地でG1初制覇

「ドバイターフ 2016」の動画・結果です。ドバイターフの結果は1着:Real Steel(リアルスティール)、2着:Euro Charline、3着:Tryster。「リアルスティール」が勝利したドバイターフの詳しい結果、動画をご覧ください。

・昨年の毎日王冠はルージュバックが優勝していた。

【毎日王冠 2016】動画・結果/ルージュバックが見ごたえある競り合いを制する

【毎日王冠 2016】動画・結果/ルージュバックが見ごたえある競り合いを制する

「毎日王冠 2016」の動画・結果です。毎日王冠の結果は1着:ルージュバック、2着:アンビシャス、3着:ヒストリカル。「ルージュバック」が勝利した毎日王冠の詳しい結果、動画をご覧ください。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

モーリス 天皇賞秋 2016

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。