【毎日王冠2021】結果・動画/シュネルマイスターが鋭く差し切る

毎日王冠2021 シュネルマイスター

毎日王冠2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の毎日王冠の着順は1着:シュネルマイスター、2着:ダノンキングリー、3着:ポタジェとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の毎日王冠はシュネルマイスターが鋭く差し切る

2021年10月10日(日) | 4回東京2日 | 15:45 発走
第72回 毎日王冠(GII)芝・左 1800m
Mainichi Okan (G2)

スポンサーリンク

2021年・毎日王冠の動画

関連記事
昨年の毎日王冠はサリオスが制していた。
毎日王冠2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の毎日王冠の着順は1着:サリオス、2着:ダイワキャグニー、3着:サンレイポケットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・毎日王冠の結果

スポンサーリンク

1着:シュネルマイスター
2着:ダノンキングリー(アタマ)
3着:ポタジェ(1-1/2馬身)
4着:ダイワキャグニー(1/2馬身)
5着:カイザーミノル(クビ)
6着:サンレイポケット
7着:ヴェロックス
8着:ヴァンドギャルド
9着:ケイデンスコール
10着:カデナ
11着:トーラスジェミニ
12着:マイネルファンロン
13着:ラストドラフト

勝ちタイム:1.44.8
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
G1・天皇賞秋をにぎわす馬は?
天皇賞秋は2021年10月31日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2021年で第164回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

毎日王冠2021 シュネルマイスター

1着 シュネルマイスター(C.ルメール騎手)
「すごくいい脚を使ってくれました。川田さん(ダノンキングリー)には届かないと思ったけどわずかにかわしました。最後は気持ち良かったです。向こう正面で川田さんの判断を見ていたけど、シュネルマイスターはあまり進んで行かなかったので彼をリスペクトしてそのまま運びました。すごく乗りやすい馬。今回は休み明けだったし次はもっとアグレッシブな騎乗ができると思う。2000メートルもいけるかもしれない。NHKマイル(C)を勝った時はラスト300メートルはいい瞬発力だった。道中は冷静に走ってくれるし、レース後も疲れていなかった」

2着 ダノンキングリー(川田将雅騎手)
「前走の安田記念の時より、状態ははるかに良さそうでした。その分、気持ちが入っていたので、あれ以上ゲートを出すことができませんでした。道中は馬の気持ちを優先してポジションアップしていきました。直線もしっかり動いてくれましたし、普通なら勝っているレースだと思いますが、勝った馬が強かったですね。この馬にとっては、2戦続けていいレースができたことは収穫ですし、これを糧に次の準備をしたいと思います」

3着 ポタジェ(吉田隼人騎手)
「前を追いかける形になったし、上位馬に並ぶ間もなく交わされた。それでも、最後まであきらめなかったし、この馬向きの展開になれば、まだまだやれる」

4着 ダイワキャグニー(石橋脩騎手)
「大した馬です。この条件が得意というのもありますし、調子も良かったのだと思います。これまで良い経験、良いキャリアを積んできて、苦しい時に無理をしてこなかったことなどが今に活きているのでしょう。この年になっても最後まで走ってくれています」

5着 カイザーミノル(北出成人調教師)
「ジョッキーが前走で馬を理解して、うまく乗ってくれた。上位馬は強かったが、この馬も人気以上(12番人気)に頑張った」

6着 サンレイポケット(鮫島克駿騎手)
「上がりの速い勝負がどうかと思っていましたが、勝ち馬の後ろを追うように伸びていきました」

7着 ヴェロックス(浜中俊騎手)
「前走は輸送に時間がかかったことが影響した。今回は返し馬から雰囲気が良かったですね。最後までしっかり伸びるように、前半は息を整えていった。左にもたれたが、雰囲気はよかった」

8着 ヴァンドギャルド(福永祐一騎手)
「ゲート内でいつもより我慢できたし、いいスタートだった。ポジションも悪くなく2着のダノンキングリーを見ながら運べたのも良かったが、4コーナーで手応えが怪しくなった。余裕残しの状態だったので、この馬本来の動きができなかったが、叩いて良くなると思う」

10着 カデナ(田辺裕信騎手)
「もともとダッシュは利かないし、あの位置だとは思っていた。速い時計の開幕週の馬場では、この馬の良さが生かせなかった」

11着 トーラスジェミニ(丸山元気騎手)
「もう少し自分でハミを執っていくイメージだったが、思ったほど進んでいかなかった。あれなら、中団で運んで、違ったレースをしたほうが良かったかも」

13着 ラストドラフト(三浦皇成騎手)
「距離短縮で流れにどう乗るかと思ったが、うまく運んでいた。追い出しの感じも良かったので、最後に脚いろがなぜ鈍ったのか…。敗因がつかめないですね」

勝ち馬プロフィール

毎日王冠2021 シュネルマイスター

シュネルマイスター(Schnell Meister)牡3/鹿毛 手塚 貴久(美浦)
父:Kingman 母:Serienholde 母父:Soldier Hollow
馬名の由来:スピードの名人(独)

関連記事
シュネルマイスターはこの春、NHKマイルカップを制し3歳マイル王に輝いていた
NHKマイルカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のNHKマイルカップの着順は1着:シュネルマイスター、2着:ソングライン、3着:グレナディアガーズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。