【毎日王冠2020】追い切り/抜群の動きを見せたのは

毎日王冠2020 追い切り

毎日王冠2020の追い切り・コメントの記事です。毎日王冠の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2020年10月11日(日) | 4回東京2日 | 15:45 発走
第71回 毎日王冠(GII)芝・左 1800m
Mainichi Okan (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2020年・毎日王冠の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
毎日王冠は2020年10月11日に東京競馬場で行われる秋競馬の始まりを告げる一戦。毎日王冠は2020年で第71回を迎え、昨年はダノンキングリーが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも京都大賞典などが開催される。
京都大賞典は2020年10月11日に京都競馬場で行われる有力馬の秋の始動戦。京都大賞典は2020年で第55回を迎え、秋のG1戦線の中心となっていく馬が出走してくる。昨年はドレッドノータスが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

毎日王冠2020の追い切りをチェック!

毎日王冠に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

毎日王冠2020 追い切り

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
京都大賞典2020の追い切り・コメントの記事です。京都大賞典の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アイスストーム

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.1-66.1-51.7-38.1-12.1(一杯)

吉村師「動きは素軽くていいですね。ここ目標に調整してきました。東京芝1800メートルはベストです」
カイザーメランジェ

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 55.1-39.9-25.8-12.5(馬也)
内・グレイテストゲーム(一杯)と併せで0秒6先着

中野師「右前脚の剥離骨折明けになるが、しっかり乗り込んで追い切りの動きはいい。久々でも力を出せる仕上がり。折り合い面に問題はなく、距離は大丈夫」
カデナ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.9-39.3-25.9-13.1(一杯)

中竹調教師
「新潟記念(6着)は展開が向かなかったうえ、ハンデが58キロ。伸び切れなかった。在厩で元気一杯。大阪杯(4着)で強い相手に頑張っているし、舞台もいい」

江藤厩務員
「前走を使っていくらか良くなっている。(前走は)58キロを背負っていたし、脚質的にも仕方がなかった」

コントラチェック

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 70.4-56.4-41.9-13.3(馬也)
内・オーロラフラッシュ(直強め)に5Fで0秒4先行・1F併せで併入

藤沢和調教師
「動きはいいし、体調はいいんじゃないかな。他に行くべき馬がいて競馬はしやすそうだし、きっかけをつかんでほしい」
サトノインプレッサ

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.1-66.8-52.5-39.4-12.3(一杯)

矢作調教師
「先週、しっかり負荷をかけたことで良くなっている。ここを目標に進め、いい体つきになり、筋肉もいい感じ。もともとG1級の素質がある馬。伸びしろも大きく、同世代のサリオスや、古馬を相手にどんな競馬をするのか、楽しみ」
サリオス

最終追い切り
美浦・芝・重
4F 53.7-38.8-12.1(馬也)
外・ゼーゲン(馬也)を4Fで0秒4追走・1F併せで併入

森助手
「先週までに態勢はしっかりと整っているので、余力を残した、いい追い切りができました。馬体が少しふっくらとして、筋肉が付くところに付いてボリュームがある感じです」
サンレイポケット

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.0-38.0-25.2-12.6(一杯)

高橋忠調教師
「動きは悪くなかった。テンションを考えて来週に使うよりここに前倒し。前走後も元気いっぱいだったので」

鵜木助手
「前走も状態は良かったが、そのデキをキープしている。ただ、2000から2200メートルがベスト。加速するまでに時間がかかるので、1800メートルはどうか。雨は苦にしない」

ザダル

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 70.6-54.1-39.6-13.4(馬也)
外・ハルサカエ(馬也)と5F併せで併入

大竹調教師
「先週やって、しっかり上向いている。前走は完璧な競馬。東京の千八はこの馬にはいい条件」
ダイワキャグニー

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 52.0-37.6-24.7-12.2(一杯)

菊沢調教師
「坂路で(ラスト)12秒台前半で動けるようになるとは思ってなかった。馬房での様子も以前とは別の馬みたい」
トーラスジェミニ

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 52.9-38.0-25.2-13.1(強め)

ワンダープチュック

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.2-39.0-25.3-12.6(一杯)

河内調教師
「動きはよかったよ。時計は予定通り。時計がかかるのはいいよ」
関連記事
武豊騎手は隔離期間のため騎乗せず
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/31・11/1)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
秋華賞は2020年10月18日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2020年で第25回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。秋華賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
菊花賞は2020年10月25日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2020年で第81回を迎え、昨年はワールドプレミアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。