【共同通信杯2019】出走予定馬・予想オッズ/登竜門を制し大舞台へ

共同通信杯 2018 オウケンムーン

共同通信杯2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の共同通信杯の出走予定馬にはアドマイヤマーズやクラージュゲリエなどが名を連ねています。多くのクラシックホースを輩出している重要な一戦。ここでの経験を糧に大舞台へ進め。

登竜門を制し大舞台へ

2019年2月10日(日) | 1回東京6日 | 15:45 発走
第53回 共同通信杯(GIII)芝・左 1800m
Kyodo News Service Hai(Tokinominoru Kinen) (G3)

共同通信杯2019の枠順発表

共同通信杯2019 枠順

2019年の共同通信杯の枠順が8日に発表されました。

人気が予想されるアドマイヤマーズは4枠4番、クラージュゲリエが6枠6番、フォッサマグナは5枠5番に入った。

関連記事
同週に行われる重賞の追い切りをチェック!

共同通信杯2019の追い切り・コメントの記事です。共同通信杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
京都記念2019の追い切り・コメントの記事です。京都記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
クイーンカップ2019の追い切り・コメントの記事です。クイーンカップの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

2019年・共同通信杯の出走予定馬たち

朝日杯フューチュリティステークス2018 アドマイヤマーズ

2019年の共同通信杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。
赤文字の馬・騎手は7日にJRAが発表した出走が確定した馬と騎手です。

出走予定馬
  • アドマイヤマーズ(M.デムーロ)
  • クラージュゲリエ(武豊)
  • ゲバラ(大野拓弥)
  • シュヴァルツリーゼ(石橋脩)
  • ダノンキングリー(戸崎圭太)
  • ナイママ(柴田大知)
  • フォッサマグナ(C.ルメール)
  • マードレヴォイス(三浦皇成)
関連記事
同週に行われる他の重賞もチェック!

京都記念2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の京都記念の出走予定馬にはパフォーマプロミスやマカヒキなどが名を連ねています。昨年に比べると小粒なメンバー構成。飛躍のきっかけをつかめるか。
クイーンカップ2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のクイーンカップの出走予定馬にはクロノジェネシスやビーチサンバなどが名を連ねています。阪神ジュベナイルフィリーズ上位組も参戦を表明しており見逃せない一戦となる。

出走予定馬・ピックアップ

京都2歳ステークス 2018 クラージュゲリエ

東京競馬場で行われる芝G3「共同通信杯」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

アドマイヤマーズ(Admire Mars)

アドマイヤマーズ・3歳牡馬
4戦4勝 [4-0-0-0]
父:ダイワメジャー
母:ヴィアメディチ
母父:Medicean
馬名の由来:冠名+火星
前走:朝日杯フューチュリティステークス・1着(2番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

最優秀2歳牡馬が3歳初戦を迎える「アドマイヤマーズ」

無傷の4連勝で2歳マイル王に君臨したアドマイヤマーズ。
朝日杯フューチュリティステークスでは楽に先手を奪い、直線ではライバルをねじ伏せるように抜け出す。
後続に2馬身の差をつける完勝だった。

これまでの4戦はいずれもマイル戦で、今回は初の1800mでの戦いとなる。
折り合いに心配があるタイプではないので距離延長は問題なさそう。

この後は直接皐月賞に向かう予定。
無敗で本番へ向かいたい。

ピックアップレース
朝日杯フューチュリティステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アドマイヤマーズ、2着:クリノガウディー、3着:グランアレグリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
クラージュゲリエ(Courageux Guerrier)

クラージュゲリエ・3歳牡馬
3戦2勝 [2-0-1-0]
父:キングカメハメハ
母:ジュモー
母父:タニノギムレット
馬名の由来:勇敢な戦士(仏)
前走:京都2歳ステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:武豊)

新パートナーを背に「クラージュゲリエ」

重賞を勝っており賞金的に余裕あるクラージュゲリエが意欲の遠征に挑む。
ダービーを見据えあえて東京コースを経験させるのが東上を決めた理由だ。

鞍上には新コンビとなる武豊騎手が手綱を握る。
モタれ癖があり、手前もスムーズに変えられないなど若さを見せる癖馬を名手がどのようにエスコートするかにも注目が集まる。

ピックアップレース
京都2歳ステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の京都2歳Sの着順は1着:クラージュゲリエ、2着:ブレイキングドーン、3着:ワールドプレミアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
フォッサマグナ(Fossamagna)

フォッサマグナ・3歳牡馬
1戦1勝 [1-0-0-0]
父:War Front
母:River Belle
母父:Lahib
馬名の由来:大きな溝(ラテン語)
前走:2歳新馬・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

未知なる魅力「フォッサマグナ」

12月の新馬戦以来のレースとなるが、その勝ちっぷりの良さに注目が集まっている。
スタートこそ一息で後方からのレースとなったが、直線では楽に脚を伸ばし先団をまとめて飲み込み能力の高さを示した。

フォッサマグナはなじみのないアメリカ血統だが、母は2400mのG3戦を勝っており距離の融通は利きそう。
藤沢和きゅう舎&ルメール騎手のコンビという点も軽視できないところ。

重賞馬相手にどこまでやれるか。

ダノンキングリー(Danon Kingly)

ダノンキングリー・3歳牡馬
2戦2勝 [2-0-0-0]
父:ディープインパクト
母:マイグッドネス
母父:Storm Cat
馬名の由来:冠名+王にふさわしい。王位に君臨することを願って
前走:ひいらぎ賞・1着(2番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

前走は圧巻「ダノンキングリー」

前走のひいらぎ賞ではコース形態的に不利と言われている15番枠からのスタート。
道中も外々を回される厳しい流れになったものの3~4コーナーから一気に捲っていき、早めに先団を射程圏に入れた。
直線では軽くうながしただけでライバルを一気に突き放して後続に3馬身半の差をつける圧勝。
力の違いを見せつける内容だった。

半兄にはJBCスプリントなど交流重賞を勝ちまくったダノンレジェンドがいる血統で、父がディープに変わり芝適性の高さが出ている。

共同通信杯できっちり賞金を加算してクラシックに向かいたい。

ピックアップレース
ひいらぎ賞2018の結果・動画をまとめた記事です。今年のひいらぎ賞の着順は1着:ダノンキングリー、2着:ミトロジー、3着:ドラウプニルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にも共同通信杯には札幌2歳ステークスで2着に入っているナイママや新馬戦を勝ち上がってきたシュヴァルツリーゼやゲバラも出走を予定しています。

共同通信杯は2019年2月10日(日)の15時45分発走予定です。

共同通信杯2019の予想オッズ

予想オッズ

2019年・共同通信杯の予想オッズはこのように予想しています。
無敗で朝日杯フューチュリティステークスを制したアドマイヤマーズが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. アドマイヤマーズ(1.5)
  2. クラージュゲリエ(3.0)
  3. フォッサマグナ(5.0)
  4. ダノンキングリー(6.0)
  5. ナイママ(40.0)
  6. ゲバラ(☆)
  7. マードレヴォイス(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

共同通信杯2019の日程・賞金

共同通信杯 2017 スワーヴリチャード

共同通信杯

日程・発走予定時刻
2019年2月10日(日)15時45分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・1800m


G3

1着賞金
3,800万円

プレイバック

2018年2月11日(日)共同通信杯(GIII)

1着:オウケンムーン
2着:サトノソルタス(3/4馬身)
3着:エイムアンドエンド(1-1/4馬身)
4着:ゴーフォザサミット(ハナ)
5着:カフジバンガード(クビ)

勝ちタイム:1.47.4
優勝騎手:北村 宏司
馬場:良

共同通信杯

共同通信杯 2018 オウケンムーン

「共同通信杯 2018」の動画・結果です。共同通信杯の結果は1着:オウケンムーン、2着:サトノソルタス、3着:エイムアンドエンド。「オウケンムーン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

「共同通信杯 2018」の動画・結果です。共同通信杯の結果は1着:オウケンムーン、2着:サトノソルタス、3着:エイムアンドエンド。「オウケンムーン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント
1着 オウケンムーン(北村宏司騎手)
「坂下の反応がよかったのでいけると思った。中山よりも東京が合うと思っていたが、そのとおりだった。今後順調に使えるよう努力したい」

シェアする