【ひいらぎ賞2018】結果・動画/ダノンキングリーが突き抜け圧勝

ひいらぎ賞2018 ダノンキングリー

ひいらぎ賞2018の結果・動画をまとめた記事です。今年のひいらぎ賞の着順は1着:ダノンキングリー、2着:ミトロジー、3着:ドラウプニルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

後続を置き去り!2018年のひいらぎ賞はダノンキングリーが突き抜け圧勝

2018年12月15日(土) | 5回中山5日 | 14:15発走
ひいらぎ賞 芝・右・外 1600m
HIIRAGI SHO

動画

結果

1着:ダノンキングリー
2着:ミトロジー(3-1/2馬身)
3着:ドラウプニル(クビ)
4着:ヘイワノツカイ(クビ)
5着:ユニバーサルレディ(ハナ)
6着:マードレヴォイス
7着:シャドウセッション
8着:カルリーノ
9着:スペキュラース
10着:チェリーレッド
11着:テイエムバリバリ
12着:ハツセ
13着:サンディレクション
14着:ライデンシャフト
15着:ジャンビーヤ

勝ちタイム:1.33.7
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

レース後のコメント

1着 ダノンキングリー(戸崎圭太騎手)
「新馬戦の時より精神的にも体も成長していると追い切りで感じた。レースもその感じで強くなっている。内容も問題ないし、早めから(アクセルを)踏んでいったのに脚色が衰えなかった。今後も楽しみ」

2着 ミトロジー(B.アヴドゥラ騎手)
「レースでは折り合いがついて、中団からリズムよく行きました。勝った馬を射程圏に入れながらレースをしましたが、相手の瞬発力が上でした。今日は相手が悪かったです」

4着 ヘイワノツカイ(石川裕紀人騎手)
「理想は好位でレースをすることでしたが、良い枠順で他の馬も行かずハナに立っていきました。リズムよく行けて、ペースもそれほど速くなかったと思います。馬の具合がよく、押し切れるかと思いました」

勝ち馬プロフィール

ダノンキングリー(Danon Kingly)牡2/黒鹿毛 萩原 清(美浦)
父:ディープインパクト 母:マイグッドネス 母父:Storm Cat
馬名の由来:冠名+王にふさわしい。王位に君臨することを願って