【福島記念2020】結果・動画/バイオスパークが接戦を制す

福島記念2020 バイオスパーク

福島記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の福島記念の着順は1着:バイオスパーク、2着:ヴァンケドミンゴ、3着:テリトーリアルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の福島記念はバイオスパークが接戦を制す

2020年11月15日(日) | 3回福島6日 | 15:20発走
第56回 福島記念(GIII)芝・右 2000m
Fukushima Kinen (G3)

スポンサーリンク

2020年・福島記念の動画

関連記事

昨年の福島記念はクレッシェンドラヴが制していた。

福島記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の福島記念の着順は1着:クレッシェンドラヴ、2着:ステイフーリッシュ、3着:ミッキースワローとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・福島記念の結果

スポンサーリンク

1着:バイオスパーク
2着:ヴァンケドミンゴ(クビ)
3着:テリトーリアル(1馬身)
4着:デンコウアンジュ(1/2馬身)
5着:ウインイクシード(1/2馬身)
6着:ワセダインブルー
7着:マイネルハニー
8着:トーラスジェミニ
9着:マイネルサーパス
10着:アドマイヤジャスタ
11着:ロードクエスト
12着:ドゥオーモ
13着:レッドローゼス
14着:レッドアネモス
15着:マイネルファンロン
16着:ソロフレーズ

勝ちタイム:1.59.6
優勝騎手:池添 謙一
馬場:良

レース後のコメント

福島記念2020 バイオスパーク

1着 バイオスパーク(池添謙一騎手)
「(全10場重賞制覇は)数少ない方しか達成できていない記録ですし、それを意識して乗りに来ていたので、うれしく思います。まずはリズムよく進めていこうと思って、(道中は)いい形で我慢して走ってくれた。4コーナーで、ちょっと内に押し込められて、窮屈なところがあったけれど、しのいでくれた。直線はしっかりと伸びてくれたし、最後は外からきていたが、何とか踏ん張ってくれた」

2着 ヴァンケドミンゴ(酒井学騎手)
「福島は得意なので、焦って乗る必要はないと思っていた。前走も思ったよりついていけていたので、いいポジションで運べた。最後は脚を使ってくれたけど、差が差だけに悔しい」

3着 テリトーリアル(石川裕紀人騎手)
「結果的に勝ちを意識しすぎてしまったが、この馬の持ち味を生かす競馬ができた。もう少し逃げ馬が粘っていれば、違ったのかも。早めに目標になってしまったので」

4着 デンコウアンジュ(柴田善臣騎手)
「形よく、4コーナーを回ってきて、直線の仕掛けた感じもよかった。最後は斤量の差。それでも、よく頑張ってくれた」

5着 ウインイクシード(松岡正海騎手)
「1、2着馬が後ろにいて、自分で動ける形で、この馬の特長を生かすベストの競馬はできた。ハンデ56キロは見込まれましたね」

勝ち馬プロフィール

福島記念2020 バイオスパーク

バイオスパーク(Bio Spark)牡5/黒鹿毛 浜田 多実雄(栗東)
父:オルフェーヴル 母:ナナヨーティアラ 母父:マイネルラヴ
馬名の由来:生命が閃光する

関連記事
バイオスパークは今年の函館記念で3着に入っていた。
函館記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の函館記念の着順は1着:アドマイヤジャスタ、2着:ドゥオーモ、3着:バイオスパークとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。