【クイーンカップ2021】結果・動画/アカイトリノムスメが抜け出し重賞初V

クイーンカップ2021 アカイトリノムスメ

クイーンカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のクイーンカップの着順は1着:アカイトリノムスメ、2着:アールドヴィーヴル、3着:ククナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のクイーンカップはアカイトリノムスメが抜け出し重賞初V

2021年2月13日(土) | 1回東京5日 | 15:45 発走
第56回 クイーンカップ(GIII)芝・左 1600m
Queen Cup (G3)

スポンサーリンク

2021年・クイーンカップの動画

関連記事
昨年のクイーンカップはミヤマザクラが制していた。
クイーンカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のクイーンカップの着順は1着:ミヤマザクラ、2着:マジックキャッスル、3着:セイウンヴィーナスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・クイーンカップの結果

スポンサーリンク

1着:アカイトリノムスメ
2着:アールドヴィーヴル(クビ)
3着:ククナ(クビ)
4着:エイシンヒテン(3/4馬身)
5着:イズンシーラブリー(アタマ)
6着:ステラリア
7着:サルビア
8着:ハッピーオーサム
9着:インフィナイト
10着:スライリー
11着:ミヤビハイディ
12着:カイトゲニー
13着:リフレイム
14着:メインターゲット
15着:カナリキケン
16着:レッジャードロ

勝ちタイム:1.33.3
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

関連記事
G1・桜花賞をにぎわす馬は?
桜花賞は2021年4月11日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2021年で第81回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はデアリングタクトが制した。出走予定馬・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

クイーンカップ2021 アカイトリノムスメ

1着 アカイトリノムスメ(戸崎圭太騎手)
「いい内容で強い勝ち方ができてうれしい。今回も追い切りに乗せていただきましたが、すごく成長を感じて順調にきているなと。(レースは)無理をせずにポジションも取れて、そのあともいいリズムで走れた。直線を向いてもしっかり反応してくれた。気を抜くことなくしっかり走ってくれたので、あとはしのいでくれ、と。新馬戦のときは非力な感じもあったけど、この成長具合は素質があるからこそ。今後も楽しみですね。国枝厩舎で、アパパネの子で乗せてもらった。重賞を勝てて嬉しく思います。ファンも多いと思うので期待に応えられるように頑張りたい」

(国枝栄調教師)
「100点の競馬。競馬がうまいし、(課題は)欲を言えばキリがないけど、今日も体は増えていたからね。(次走は桜花賞に)直行だよね。アパパネの子でクラシックに向かえるのはうれしいよ。(クラシックでは同じ金子真人ホールディングスの所有する白毛馬のソダシと対決する?)すごいよね。紅白だよ(笑い)。(阪神JFをパスしたが)そんなにまだ(体が)しっかりしていなかったから、ちょうどよかったんじゃないかな」

2着 アールドヴィーヴル(松山弘平騎手)
「いいところで脚をためられたし最後もよく伸びてくれたけど、外に張ったり、まだ幼い部分を見せていた」

(今野貞一調教師)
「(馬体重−18kgについて)初戦は余裕残しでしたし、(馬体重が)減るのは想定内でした。思っていたよりは減りましたが、飼葉も食べていたので体調は良かったです。キャリアが浅くて4コーナーの反応が鈍かったり、直線も外へフラフラして若さを見せていましたが、センスがよく今回のレースで収穫もありました。体がしっかりしてくればさらに良くなると思います」

3着 ククナ(C.ルメール騎手)
「良いレースをして、精一杯頑張ってくれました。良馬場の内枠でいい感じでした」

4着 エイシンヒテン(団野大成騎手)
「楽に先手が取れて若さを見せながらもしっかり走れていた」

5着 イズンシーラブリー(三浦皇成騎手)
「1列2列前で競馬がしたかった。馬群で競馬をした経験がなかった分、道中ではひるんでいた」

6着 ステラリア(福永祐一騎手)
「スタートは出たけど、つまずいてしまった。元々1600メートルは少し忙しいと思っていたけど後ろのポジションになった。最後は良く伸びている」

7着 サルビア(鈴木孝志調教師)
「そんなに大きくは負けていない。距離はもう少し短い方がいい」

8着 ハッピーオーサム(岩田望来騎手)
「いいスタートが切れたけど、外枠のぶんポジションが後ろになった。この馬なりに頑張っている」

9着 インフィナイト(北村友一騎手)
「すごくいい雰囲気で4コーナーを回ったけど伸び切れなかった」

10着 スライリー(石川裕紀人騎手)
「もう少し前で競馬したかった。流れに乗れなかった」

11着 ミヤビハイディ(吉田豊騎手)
「外を回る形になってためが利かなかった」

12着 カイトゲニー(柴田大知騎手)
「駐立が良くなくて、いいスタートが切れなかった。速い時計だときついですね」

13着 リフレイム(木幡巧也騎手)
「前が開いていてもそこに入っていかなかった。きょうは全く競馬をしていない。現状では極端な競馬をした方がいいかも」

14着 メインターゲット(田辺裕信騎手)
「直線で不利があった。それがなければもう少しやれていた」

15着 カナリキケン(M.デムーロ騎手)
「1600メートルは少し忙しい。展開は向いているけど前も止まらなかった」

16着 レッジャードロ(藤田菜七子騎手)
「新馬の頃に比べてテンションが高く気が入っていた。コントロールがうまく利かなかった」

勝ち馬プロフィール

クイーンカップ2021 アカイトリノムスメ

アカイトリノムスメ(Akaitorino Musume)牝3/黒鹿毛 国枝 栄(美浦)
父:ディープインパクト 母:アパパネ 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:赤い鳥(アパパネ)の娘

関連記事
母のアパパネは2010年に牝馬三冠を達成し、他にもヴィクトリアマイルなどを制した名牝。
ヴィクトリアマイル2011の動画・結果です。2011年のヴィクトリアマイルの結果は1着:アパパネ、2着:ブエナビスタ、3着:レディアルバローザとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。