【エプソムカップ2020】結果・動画/ダイワキャグニーが悲願の重賞初制覇

【エプソムカップ2020】結果・動画/ダイワキャグニーが悲願の重賞初制覇

エプソムカップ2020 ダイワキャグニー

エプソムカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のエプソムカップの着順は1着:ダイワキャグニー、2着:ソーグリッタリング、3着:トーラスジェミニとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

得意の東京でつかみ取ったタイトル!2020年のエプソムカップはダイワキャグニーが悲願の重賞初制覇

2020年6月14日(日) | 3回東京4日 | 15:45 発走
第37回 エプソムカップ(GIII)芝・左 1800m
Epsom Cup (G3)

スポンサーリンク

2020年・エプソムカップの動画

関連記事

昨年のエプソムカップはレイエンダが制していた。

エプソムカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のエプソムCの着順は1着:レイエンダ、2着:サラキア、3着:ソーグリッタリングとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・エプソムカップの結果

スポンサーリンク

1着:ダイワキャグニー
2着:ソーグリッタリング(1-1/2馬身)
3着:トーラスジェミニ(ハナ)
4着:アンドラステ(アタマ)
5着:アトミックフォース(クビ)
6着:サトノアーサー
7着:ピースワンパラディ
8着:ゴーフォザサミット
9着:サトノガーネット
10着:レイエンダ
11着:ギベオン
12着:マイネルファンロン
13着:サラキア
14着:アイスストーム
15着:マイネルハニー
16着:シャドウディーヴァ
17着:インビジブルレイズ
18着:エメラルファイト

勝ちタイム:1.47.7
優勝騎手:内田 博幸
馬場:不良

関連記事
G1・天皇賞秋をにぎわす馬は?
天皇賞秋は2020年11月1日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2020年で第162回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 ダイワキャグニー(内田博幸騎手)
「ハナにはこだわっていなかった。ペースは速かったが、自分の競馬がしやすい位置を確保しないとと思って乗っていて、2番手からになった。落ち着いて走っていたし、直線は突き抜けてくれ、と思いながら追っていた。これまでオープン特別勝ちばかりだったので重賞を勝てて良かったと思うし、また力をつけて、さらなるタイトルを取ってくれれば」

2着 ソーグリッタリング(藤井勘一郎騎手)
「割り切って内を通ることに徹したけど、我慢してくれた。強い相手に惜しいレースを続けているけど、きょうも頑張ってくれた」

3着 トーラスジェミニ(木幡育也騎手)
「一瞬、勝ったかと思った。自分の形で進めれば粘り強い。内のいいところを走ったけど、馬場は苦にしなかった」

4着 アンドラステ(岩田望来騎手)
「この馬場で1頭だけ外から追い込んで来たので良く頑張ってくれました。次につながるレースが出来たと思います」

5着 アトミックフォース(武藤雅騎手)
「外枠だったので、楽に行けなかった。もう少し楽に行って(ハミが)抜ける部分があれば、もっと頑張れた」

6着 サトノアーサー(D.レーン騎手)
「直線ジリジリと伸びて良く頑張っています。もうすこし馬場が良ければもっと頑張れたと思います」

7着 ピースワンパラディ(津村明秀騎手)
「テンから進んで行きませんでした。道悪で勝っていますが今日の馬場は良い感じはしませんでした」

8着 ゴーフォザサミット(北村宏司騎手)
「もう少し内めの枠なら良かった。フォームから、距離ロスなく走らせたかった」

9着 サトノガーネット(吉田豊騎手)
「道悪は下手ではないし、最後はジワジワ伸びているけど…」

10着 レイエンダ(C.ルメール騎手)
「ペースが速かったけど、前の馬が止まらなかった。3コーナーからポジションを上げたけど、最後の直線で伸びなかった」

11着 ギベオン(戸崎圭太騎手)
「馬場はこなせるかなと思ったし、道中はスムーズだったけど、追い出すと耳を絞っていた」

14着 アイスストーム(武豊騎手)
「覚悟していたけど、こういう馬場は良くない。左回りではそんなことがなかったけど、バランスを崩していた」

勝ち馬プロフィール

エプソムカップ2020 ダイワキャグニー

ダイワキャグニー(Daiwa Cagney)牡6/黒鹿毛 菊沢 隆徳(美浦)
父:キングカメハメハ 母:トリプレックス 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+人名より

関連記事
ダイワキャグニーこれまで金鯱賞3着など重賞で上位争いをしていたもののタイトルには手が届いていなかった。
金鯱賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の金鯱賞の着順は1着:サートゥルナーリア、2着:サトノソルタス、3着:ダイワキャグニーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。