【中日新聞杯2020】結果・動画/ボッケリーニが際どく差し切る

中日新聞杯2020 ボッケリーニ

中日新聞杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の中日新聞杯の着順は1着:ボッケリーニ、2着:シゲルピンクダイヤ、3着:ヴェロックスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の中日新聞杯はボッケリーニが際どく差し切る

2020年12月12日(土) | 3回中京3日 | 15:35 発走
第56回 中日新聞杯(GIII)芝・左 2000m
Chunichi Shimbun Hai (G3)

スポンサーリンク

2020年・中日新聞杯の動画

関連記事

昨年の中日新聞杯はサトノガーネットが制していた。

中日新聞杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の中日新聞杯の着順は1着:サトノガーネット、2着:ラストドラフト、3着:アイスストームとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・中日新聞杯の結果

スポンサーリンク

1着:ボッケリーニ
2着:シゲルピンクダイヤ(クビ)
3着:ヴェロックス(3/4馬身)
4着:ショウナンバルディ(3/4馬身)
5着:グロンディオーズ(1馬身)
6着:インビジブルレイズ
7着:サトノソルタス
8着:サトノガーネット
9着:テリトーリアル
10着:タガノアスワド
11着:ワイプティアーズ
12着:バラックパリンカ
13着:トリコロールブルー
14着:ギベオン
15着:レッドヴェイロン
16着:デンコウアンジュ
17着:オウケンムーン
18着:マイネルサーパス

勝ちタイム:2.00.1
優勝騎手:松山 弘平
馬場:良

関連記事
G1・有馬記念をにぎわす馬は?
有馬記念は2021年12月26日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2021年で第66回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

1着 ボッケリーニ(松山弘平騎手)
「スタートを上手に出てくれて、内でいい形で脚をためることができました。前が開いてからも、狭いところをしっかり伸びてくれました。強い競馬をしてくれました。まだ4歳で、これからの馬だと思います。兄のラブリーデイのように活躍してほしいですね。いい能力を持っています。距離は大丈夫です」

(池江泰寿調教師)
「向正面でハミをかんでひやっとしたけれど、うまくジョッキーがなだめてくれた。この距離を勝てたのは大きい。一生懸命、走る馬なので、リフレッシュを入れながら考えていきたい」

2着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「スタートを出たら、もまれないところで競馬をしたいというのがあって、いいところでプレッシャーなく運べました。中身も状態もよかった。この距離を正攻法で走り切れたことは今後に生きると思うし、よく頑張ってくれています」

3着 ヴェロックス(川田将雅騎手)
「ゲートはうるさかったですけど、スムーズに出て、4コーナーの手応えも抜群でよかったです。伸び切ることができなかったので、これで変わってくてくれれば」

5着 グロンディオーズ(C.ルメール騎手)
「跳びが大きくて、エンジンのかかるのが遅い。もっと大きな競馬場か、2400メートルぐらい距離があった方がいいですね」

6着 インビジブルレイズ(団野大成騎手)
「競馬の内容はよかったと思います。トモ(後肢)に緩いところがあって、加速するまでに時間がかかり、位置が下がってしまった。今日の手応えで2列ぐらい前なら面白かったと思います。まだ、良くなってきそうです」

7着 サトノソルタス(池添謙一騎手)
「この枠がきつい。インに入れないし、だいぶロスのある競馬になってしまった。もったいなかった」

8着 サトノガーネット(坂井瑠星騎手)
「自分の脚はしっかりと使ってくれているんですけど、どうしても展開に左右される。流れてくれればよかったんですが…」

9着 テリトーリアル(石川裕紀人騎手)
「道中はいい雰囲気で進められましたが、上がりが速かったので、この馬には向かなかったです」

13着 トリコロールブルー(荻野極騎手)
「自分から上がる形が理想だったのですが、終始ずっと包まれる形で、うまく長所を生かせませんでした。申し訳ないです」

勝ち馬プロフィール

中日新聞杯2020 ボッケリーニ

ボッケリーニ(Boccherini)牡4/栗毛 池江 泰寿(栗東)
父:キングカメハメハ 母:ポップコーンジャズ 母父:ダンスインザダーク
馬名の由来:人名より

関連記事
ボッケリーニの全兄には2015年の天皇賞秋などを制したラブリーデイがいる血統。
天皇賞秋2015の動画・結果です。2015年の天皇賞秋の結果は1着:ラブリーデイ、2着:ステファノス、3着:イスラボニータとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。